pickup
サントリーホールディングスに転職するコツ!労働環境や待遇は?

人気アルコール飲料や清涼飲料水を次々と生み出している大手飲料水メーカー、サントリーホールディングス。転職先としても人気なサントリーホールディングスに転職するには、どのような対策をすればいいのでしょうか。

 

今回はサントリーホールディングスの採用情報や労働環境から、転職のコツまでを紹介します。

 

1.サントリーホールディングスの企業情報と概要

 

転職人気ランキングやホワイト企業ランキングなどで上位に入り、転職先として人気の高いサントリーホールディングスは、大阪市北区に本社を置く飲料水メーカーです。サントリーホールディングスは、サントリーグループ全体の経営戦略の策定や推進、およびコーポレート機能を果たしています。

 

社名サントリーホールディングス株式会社
所在地大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
設立2009年2月(創業は1899年)
資本金700億円
従業員数40,210人(2019年12月31日現在)
連結営業利益2,596億円(2019年12月31日現在)
サービス内容ビール、スピリッツ、健康食品などの開発と販売

 

2.サントリーホールディングスの採用情報や労働環境

 

サントリーホールディングス株式会社の、採用情報や労働環境を紹介していきます。

 

①サントリー中途採用者の募集

 

サントリーへの転職は、比較的難易度が高いことで知られています。人気の大企業であるがゆえ離職率が低く、中途採用の枠が非常に少ないためです。

 

2020年11月現在にサントリーで募集しているのは、ウエルネス事業の通販企画部、ブランド戦略部など各部門での戦略立案や実行担当です。サントリーホールディングス籍にて採用後、グループ会社のサントリーウエルネスに出向という形になります。また、外食コンサルタントの契約社員も募集しています。

 

どちらも実務経験者の募集なので、同様の職種での経験があるならおすすめです。

 

サントリーホールディングスの総合職は、現在募集が行われていません。中途採用者の募集はホームページでも公開されていますが、企業から非公開の人材募集が行われている可能性が高いため、転職エージェントを利用するのも手のひとつです

 

②サントリーの平均年収(推定)

 

サントリーホールディングスの2019年度有価証券報告書によると、平均年収は約1,150万円です。202010月時点で発表されている有価証券報告書から同業種の平均年収を見てみると、キリンホールディングス株式会社は2019年度で約895万円、株式会社伊藤園は2020年度で約590万円となっており、比較してかなり高めの水準といえます。離職率が低いこともうなずけますね。

 

なお賞与については、業績と連動しているため、直近の業績によって左右されます。

 

③サントリーの福利厚生

 

福利厚生は、以下の通りです。

 

諸手当:家族手当、通勤手当ほか

諸制度:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険、年次有給休暇(初年度13日)、リフレッシュ休暇、介護休暇、フレックス勤務、テレワーク勤務ほか

 

福利厚生は大企業らしく、しっかり整えられているので安心して働けます。

 

④サントリーの選考フロー

 

サントリーホールディングスの選考フローは以下の通りです。

 

<総合職>

  1. エントリーシート
  2. 筆記試験(C-GAB
  3. 1次〜4次面接
  4. 内定

 

総合職の面接は34回となっていて、書類選考から約1カ月程度かけて内定という流れです。

 

<技術職>

  1. エントリーシート
  2. 筆記試験(C-GAB)
  3. 1次〜3次面接
  4. 内定

 

技術職の面接は23回と、総合職よりは少なめで、筆記試験のあとに社員座談会などを挟むこともあるようです。

 

 

3.サントリーホールディングスの口コミ情報

 

就職・転職系の大手口コミサイトOpenworkより、実際の雰囲気などを探るべく、サントリーホールディングスの口コミ情報をまとめました。

 

①サントリーの仕事のやりがい

 

転職したい企業として人気のサントリーは、やりがいを感じて働いている人が多いことが特徴です。「やってみなはれ」を社訓にしているサントリーでは、「新しいモノは、志高い挑戦から生まれる」としていて、自分の裁量でチャレンジすることを後押ししてくれる社風があります。

 

若手でも責任ある仕事を任せてもらえることが、やりがいとして多く挙げられていました。

 

<口コミ>

  • 与えられる裁量権が大きく、サポート体制も充実している
  • 年功序列だが、役職がなくても裁量の大きい仕事は与えられる
  • 消費者としても身近な製品に関わるため、店頭やCMで見ると働きがいを感じる
  • 若くても大きなプロジェクトに参加できる

 

②サントリーの社内雰囲気

 

サントリーホールディングスは、「やってみなはれ」の社訓に基づき、失敗をとがめない雰囲気があります。社員が新しいことにチャレンジすることを推奨し、そのうえでの失敗は許容する雰囲気があります。

 

企業全体に「挑戦していく」体育会系の活気がある一方、旧態依然としたところもあるとの声も聞かれました。

 

<口コミ>

  • 優しい人が多く失敗を責めない風土なので、居心地がいい
  • 挑戦をサポートしてはくれるが、ここ最近は奇をてらわない優等生が増えた印象
  • 特に若手社員のやる気が見られる
  • お客様商売で、昔ながらの接待文化も残っている

 

 

4.サントリーホールディングスへの転職はエージェントの利用がポイント

 

サントリーホールディングスへの転職を検討するなら、転職エージェントを活用することをおすすめします。エージェントを利用すると、ホームページなどでは探せない、非公開の募集を紹介してもらえる可能性があります。

 

また、過去にサントリーはじめ同じ業界への転職を果たした人たちのデータが蓄積されているので、職務経歴書の書き方や面接での受け答えまで、適切なアドバイスをもらえることも、エージェントを利用するポイントです。

 

 

5.まとめ 

 

サントリーホールディングスは、業界内でも給与水準が高く、転職を希望する人が多い人気企業です。「やってみなはれ」という言葉が表すように、新しいことに挑戦する土壌があるので、チャレンジ精神旺盛な人には向いています。

 

しかし、総合職などの募集はなかなか表には出てきません。そのため転職を希望するなら、データとノウハウを持った転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事