企業研究
創業120年超、赤字決算無し 株式会社イシダの採用情報や面接対策を詳しく解説

 

株式会社イシダは、経済産業省が選定する「グローバルニッチトップ企業100選」に2回連続で選定されている、優良企業です。*1

石田衡器製作所(現・株式会社イシダ)は1893 年(明治26 年)に民間初のハカリメーカーとして創業しました。

創業120年を超える老舗企業です。*2

その後、優れた技術力と経営手腕で、世界・国内ともに高いシェア率を誇る企業へと成長しました。

現在は、知る人ぞ知る優良企業として、日本のものづくり産業をけん引しています。

 

今回はそんな株式会社イシダについてご紹介いたします。

 

 

1.イシダが世界に誇るパイオニア製品

 

株式会社イシダの製品は、世界シェア約50%、国内シェア約75 %を誇ります。

機械遺産にも認定された「組み合わせ計量機」を主軸に、多数の製品を取り扱っているのが特徴です。*3 *4

 

主な取扱製品は下記の通り。

株式会社イシダ独自のメソッドにより、高品質、高性能な製品を量産しています。

 

 

組み合わせ計量器

組み合わせ計量器

出所)株式会社イシダ「新卒採用サイト

 

 

ノントレー包装機

イシダ_ノントレー包装機

出所)株式会社イシダ「新卒採用サイト

 

 

アニサキス検査装置

イシダ_アニサキス検査装置

出所)株式会社イシダ「新卒採用サイト

 

 

ダイナミック計量システム

イシダ_ダイナミック計量システム

出所)株式会社イシダ「新卒採用サイト

 

 

2.イシダの理念

 

株式会社イシダの理念は、「社会貢献」を強く意識しています。*5

 

①イシダの目指すべき姿

「世の適社・適者」

世界の人々に喜ばれ、世の中に必要とされる存在 

どの時代においても、社会に認められ、必要とされる人や企業は不滅であり、繁栄し続けることができます。イシダは、世界中のお客様の声に耳を傾け、日々変化するニーズを先取りし、質の高い製品・サービスの提供を通じて社会に貢献してまいります。

 

②イシダの企業理念

「三方良し」

自分良し、相手良し、第三者良し 

イシダは、社員と会社が一体となって成長・発展し、お客様に満足をもたらし信頼され、 豊かな社会づくりに貢献する企業を目指します。

 

③コーポレートスローガン

「はかり知れない技術を、世界へ」

 

④ミッションステートメント

私たちイシダグループは、世界中のお客様の課題を革新的に解決し、安全・安心で豊かな社会の創造に貢献します。

 

⑤行動規範

「異体同心」

異体同心なれば、万事を成(じょう)ず

私たちは、心を合わせ一体となり共通の目標に向かいベストを尽くせるよう、互いを認め 合い、コミュニケーションのとれた風通しの良い職場を築きます。 豊かな社会づくりに貢献する企業を目指します。

 

「三現主義」

現場に行く、現物を見る、現実を知る

私たちは、現場、現物、現実の三つの「現」を大切にし、客観的な事実に基づいて、物事 の本質を見極め、お客様や社会の期待にお応えします。

 

「Speed! Speed! Speed!」

Better is better than best.(巧遅は拙速に如かず)

私たちは、世の中の変化に対応するため、独自のスキルを磨き、お客様とのパートナーシップを大切にしながら、素早くきめの細かい行動を心掛けます。

 

「智徳一体」

高い専門性と豊かな人間性

私たちは、それぞれの専門分野でプロフェッショナルとなり、社会人として尊敬され、信頼される高い品性を身につけるよう努めます。

 

「志、そして日々前進」

意志あるところ道は拓ける

私たちは、志をもって揺るぎない夢や目標に向かい、小さくとも確実に今日の一歩を重ね、情熱をもって前進を続けていきます。

 

 

3.数字で見るイシダの魅力

 

株式会社イシダの魅力は、数字でも表すことができます。

 

①超優良経営

創業120年を超えますが、過去一度も赤字決算はありません。*6

 

②拠点数

国内工場は7ヵ所、国内営業拠点は99ヵ所。

海外営業拠点は86ヵ所、営業展開は100ヵ国以上に及びます。*6

 

イシダ_営業拠点

出所)株式会社イシダ「数字で見るイシダ – 新卒採用サイト

 

③長期勤続年数

男女ともに勤続年数は非常に長いのも魅力の一つ。

 

平均年齢は40.1歳(男性41.0歳、女性36.0歳)、

平均勤続年数15.5年(男性16.1年、女性12.7年)です。*7

 

④高い産休・育休取得率

女性が働きやすい環境を整えることにも力を入れています。

 

女性社員比率は18.1%、女性管理職・監督職比率は5.9%、

産休・育休取得率98.8%です。*8

 

⑤休暇/営業時間について

休暇や営業時間については、下記のとおりです。

 

年間で121日の休日(1年の約1/3)。

週休2日制(原則土・日・祝)に加え、GW、お盆、年末年始に連休があります。(平成30年度)

有給休暇は最大で20日付与されます(初年度は10日)。*9

 

就業時間は滋賀事業所で8:30~17:15、その他の事業所、営業所は9:00~17:45です。(実労働時間7時間45分 休憩時間60分)*9

 

 

4.イシダが求める人材像とは

 

採用選考においては、主に下記の4点を重要視しています。

 

・周囲を巻き込む力(チームの統率、チームへの貢献、折衝経験、など。)

・考え抜く力(自分なりの創意工夫、改善活動、好奇心と探求心、など。)

・挑戦心(成長のための挑戦、失敗を糧にする気概、など)

・イシダとのマッチング(理念への共感、仕事理解、など)*10

 

 

5.教育制度

 

階層別、部門別に研修が用意されているだけでなく、自己研鑽型の研修も用意されているなど、幅広い研修プログラムが組まれています。

 

イシダ_人事教育制度_研修プログラム

出所)株式会社イシダ「人事・教育制度 – 新卒採用サイト

 

 

6.新卒 募集要項

 

①募集職種・分野

■事務系

国内営業、海外営業、総務、経理、人事、法務、生産管理、営業管理、企画・マーケティング、営業事務、営業アシスタント(外勤)

 

■技術系

製品開発・設計、営業技術、要素技術研究、システムエンジニア、社内SE、品質保証、生産技術、調達エンジニア、カスタマーエンジニア、知的財産

 

②募集コース

■全国コース

転居を伴う転勤があります。

全国勤務を前提としたコースです。

営業職、技術系職種などが対象です。

 

■地域コース

転居を伴う転勤はありません。

ご自宅から通える事業所での勤務を前提としたコースです。

営業アシスタント、営業事務などが対象です。

※コースによって募集する職種が異なります。

 

③その他待遇

■給与

全国コース/大学院(修士)卒 242,200円~

全国コース/大卒、高専(専攻科)卒  220,000円~

全国コース/高専(本科)卒  194,400円~

地域コース/大卒 195,050円~

(2021年度予定)

※外勤職については外務手当20,000~31,000円を加算。

 

■諸手当

職種、家族、通勤、超過勤務、休日勤務 等

 

■昇給/賞与

昇給年1回(4月)

賞与年3回

賞与実績平均7.0ヶ月/年(2018年度実績)

 

■勤務地

本社、滋賀事業所、東京支社、大阪支店他、全国各営業拠点、海外拠点

 

■保険

健康・厚生年金・雇用・労災各種社会保険

 

■福利厚生

【制度】各種社会保険、財形貯蓄制度、退職年金制度、産前産後休暇、育児有給休暇 等

 

【施設】独身寮(京都、東京、滋賀 等)、保養施設(琵琶湖)、ラフォーレ倶楽部 等

 

【その他】クラブ活動(野球、ゴルフ、テニス、バレーボール、サッカー、ボウリング 等)

 

 

7.中途 募集職種一覧

 

※中途採用に関しては都度変更がある可能性があるため2021年2月時点の募集職種のみ記載しています。

 

①技術職

画像処理技術者(滋賀 ソフトウェア・AI開発)

製品開発(滋賀 機械設計)      

電気設計(滋賀)

食品工場向け営業技術(東京 外勤設計者)

物流センター向け営業技術(東京 外勤設計者)

システムエンジニア(東京・半外勤)

システムエンジニア(京都本社)

カスタマーエンジニア(東京)

カスタマーエンジニア(大阪)

物流センター向け営業技術(大阪外勤設計者)

 

営業職

食品工場向け提案営業(東京)

食品工場向け提案営業(大阪)

物流・ベンダー向け提案営業(東京)

海外食品業界向け営業(中堅クラス)

小売業界向け提案営業(新潟)

生産工場向け提案営業(静岡)

小売業界向け代理店営業(京都)

 

スタッフ職

経営企画(京都)

教育・研修企画専門職(東京・滋賀)

営業管理(京都)*11

 

 

8.まとめ

 

株式会社イシダは創業以来、赤字決算なしの優良経営企業です。

世界シェア約50%、国内シェア約75%の高いシェア率で世界・国内におけるハカリ製品のトップシェアを誇ります。

世界に羽ばたきたい方や、社会に貢献したいなどの高い志がある方に、非常にオススメの企業です。

技術職以外の職種も募集がありますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ今後の活動の参考にしてみてくださいね。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事