pickup
転職の面接対策!年収についての質問に好印象を残して答える方法
スポンサーリンク

転職の場合、面接の質疑で現在の年収や年収の希望について聞かれるケースがあります。しかし面接の段階で希望年収を主張することに不安を感じる方も多いでしょう。希望を伝えつつ、選考に悪影響を与えないようにするためには、どのように答えればいいのでしょうか。

 

今回は、面接官が年収について質問するときに見極めているポイントから、年収の希望を伝えるときのコツをまとめました。転職の面接対策として、把握しておきましょう。

 

1.年収の希望額は、スキル・経験における相場が重要

 

日本では大企業を中心に多くの企業でジョブローテーションが採用されています。

ジョブ型の雇用がまだまだ根付いておらず、汎用型の雇用が中心であると言えます。

 

汎用型の雇用の場合、希望年収=相場感と沿っていなくてはなりません。

つまりどんなにスキル・経験が優秀でも、雇用側が許容できる給与以上は払えないことが多いのです。

 

編集渡辺
企業は紹介会社から職種×年齢別の年収分布を見せてもらっています。なので年齢における相場はだいたい把握しています。

 

そのため中途採用の場で希望年収を伝える場合は

希望額と相場額を双方提示できると、面接官は応募者の客観性・価値の両方が判断することができます。

 

注意

「社会人歴に応じたスキルが足りていない、スキル・経験が、満たないにもかかわらず年齢だけで役職者クラスの年収を希望している。」

 

こういった方は面接の場でもいらっしゃいます。

“井の中の蛙大海を知らず”という言葉もある通り、相場がわかっていないのです。

面接官もバカではありません

こういう方とは自信過剰、物事を客観的に見られないという人物像を描かれ、一緒に仕事をしたいとは思ってもらえなくなります。

 

反対に、実際のキャリアからもらえる年収を大きく下回る金額を希望すると、何か問題があるのかな?と面接官は不安に思います。

 

年収に関する質問では、単に希望年収を聞くだけでなく、その人が雇用可能なのか、スキル・経験と希望額の整合性、相場との乖離が見られている事を覚えておきましょう。

 

2.職種別の年収相場を把握する

 

企業に属していると、企業の給与計算式に属すため職種別の給与相場を把握することが難しくなります。

そのため株式会社マイナビが調査された職種別のモデル年収から、各職種の想定年収を独自算出しました。

312職種と量が多いため、興味のある方はご覧ください。

 

2020年版 312職種別 年収相場 
職種分類職種名通常社員の想定年収優秀社員のモデル年収
ITエンジニアシステムアナリスト1,409万円1,609万円
ITアーキテクト854万円975万円
システムコンサルタント(業務系)816万円932万円
システムコンサルタント(ネットワーク・通信)707万円807万円
パッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等)569万円650万円
セキュリティコンサルタント559万円638万円
プロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系)559万円638万円
プリセールス・セールスエンジニア533万円609万円
システムコンサルタント(DB・ミドルウェア)511万円583万円
システムエンジニア(パッケージソフト・ミドルウェア)497万円567万円
プログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア)493万円563万円
ネットワーク設計・構築(LAN・WAN・インターネット)490万円559万円
システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系)488万円557万円
システムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系)485万円554万円
プロジェクトマネジャー(制御系)482万円550万円
システムエンジニア(通信制御ソフト開発/制御系)476万円543万円
サーバ設計・構築(LAN・WAN・インターネット)476万円543万円
システムエンジニア(アプリ設計/汎用機系)469万円535万円
プログラマー(WEB・オープン・モバイル系)466万円532万円
社内システム開発・運用464万円530万円
その他研究開発・特許・品質管理関連職464万円530万円
品質管理(ソフトウェア・ネットワーク)464万円530万円
システムエンジニア(マイコン・計測・画像等/制御系)463万円529万円
システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/汎用機系)463万円528万円
社内情報化戦略・推進451万円515万円
通信設備設計・構築(無線系)440万円502万円
プログラマー(制御系)434万円496万円
導入・運用トレーナー428万円489万円
通信設備計画策定420万円480万円
テクニカルサポート(ソフトウェア・ネットワーク)413万円471万円
ネットワーク運用・監視410万円468万円
サーバ・マシン運用・監視407万円465万円
通信設備設置・テスト341万円389万円
WEB・インターネット・ゲーム情報アーキテクト・UI/UXデザイナー876万円1,000万円
フロントエンドエンジニア・コーダー709万円809万円
プログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系)500万円571万円
プログラマー(ゲーム・アミューズメント系)491万円560万円
WEBプロデューサー・ディレクター491万円560万円
アクセス解析・統計解析456万円520万円
グラフィックデザイナー・CGデザイナー・イラストレーター(ゲーム・アミューズメント系)454万円518万円
WEBコンテンツ企画・制作442万円505万円
その他WEBサイト・インターネットサービス関連職441万円503万円
ゲームプランナー・ゲーム企画432万円493万円
WEBデザイナー427万円488万円
SEOコンサルタント・SEMコンサルタント414万円473万円
WEBショップ・ECサイト運営406万円464万円
ディレクター・プロデューサー(ゲーム・アミューズメント系)392万円447万円
クリエイティブクリエイティブディレクター592万円676万円
生産管理・品質管理(工業プロダクト)519万円593万円
アカウントエグゼクティブ(AE)・アカウントプランナー476万円543万円
ディレクター・プロデューサー・進行管理(編集・制作系)473万円540万円
コピーライター471万円538万円
空間・ディスプレイ・店舗デザイナー456万円521万円
インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター448万円511万円
編集・校正444万円507万円
アナウンサー・イベントコンパニオン・モデル・俳優441万円503万円
プロデューサー・ディレクター・プランナー・演出438万円500万円
その他出版・印刷関連職403万円460万円
芸能マネジャー402万円459万円
グラフィックデザイナー・CGデザイナー・イラストレーター(広告系)399万円456万円
グラフィックデザイナー・CGデザイナー・イラストレーター(映像系)393万円449万円
制作関連技術者(カメラ・照明・音響)392万円447万円
アシスタントプロデューサー・アシスタントディレクター・進行391万円446万円
メディアプランナー(MP)390万円445万円
記者・ライター390万円445万円
ファッションデザイナー・服飾雑貨デザイナー・テキスタイルデザイナー388万円443万円
フォトグラファー379万円433万円
プロダクトデザイナー(工業デザイン)378万円431万円
その他放送・映像・音響・イベント・芸能関連職375万円428万円
パタンナー・縫製370万円422万円
DTPオペレーター370万円422万円
その他広告・グラフィック関連職368万円420万円
生産管理・品質管理(アパレル・ファッション)364万円416万円
コンサルタント・金融・不動産専門職コンサルタント(経営戦略)1,265万円1,444万円
アセットマネジャー964万円1,100万円
不動産営業834万円952万円
金融営業(個人)・リテール・FP804万円918万円
用地仕入759万円867万円
不動産事業企画720万円822万円
コンサルタント(生産・物流)701万円800万円
投資銀行業務(インベストバンキング)696万円795万円
コンサルタント(業務プロセス)590万円673万円
公認会計士580万円662万円
コンサルタント(営業・マーケティング)574万円655万円
弁理士・特許技術者560万円639万円
研究調査員・リサーチャー558万円637万円
税理士556万円635万円
コンサルタント(財務・会計)509万円581万円
金融事務493万円563万円
プロパティマネジャー485万円554万円
司法書士・行政書士484万円552万円
士業補助者480万円548万円
生損保系専門職(査定・損害調査等)477万円545万円
リスク・与信・債権管理468万円534万円
フロント(マンション管理・ビル管理)467万円533万円
金融営業(法人)465万円531万円
不動産管理456万円520万円
コンサルタント(組織・人事)426万円486万円
社会保険労務士423万円483万円
ISOコンサルタント・ISO審査員372万円425万円
医薬・食品・化学・素材基礎研究788万円900万円
データマネジメント・生物統計692万円790万円
研究(基礎・シーズ探索・スクリーニング)648万円740万円
設備管理492万円562万円
その他医薬品・医療機器関連職482万円550万円
生産管理460万円525万円
生産技術・製造技術449万円512万円
商品開発430万円491万円
基礎・応用研究・技術開発420万円479万円
臨床開発412万円470万円
品質管理・保証(医薬品・医療機器系)394万円450万円
生産技術・生産管理・製造技術(食品・化粧品系)391万円446万円
生産技術・生産管理・製造技術(医薬品・医療機器系)384万円438万円
品質管理・保証(食品・化粧品系)374万円427万円
品質管理・保証(化学・素材・バイオ系)348万円397万円
医療・福祉獣医569万円650万円
臨床心理士・カウンセラー・セラピスト531万円606万円
管理薬剤師・薬剤師・登録販売者488万円557万円
介護・福祉事業責任者・施設長445万円508万円
看護師・准看護師・保健師・助産師431万円492万円
その他医療サービス関連職392万円448万円
生活相談員・生活支援員391万円446万円
介護職・ヘルパー367万円419万円
歯科技工士・歯科衛生士366万円418万円
各種検査技師365万円417万円
医療事務・医療秘書359万円410万円
サービス提供責任者357万円408万円
管理栄養士・栄養士・フードコーディネーター350万円400万円
介護系事務職350万円400万円
PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)・ORT(視能訓練士)340万円388万円
その他福祉・介護サービス・栄養関連職339万円387万円
ケアマネジャー(介護支援専門員)338万円386万円
マッサージ師・柔道整復師・鍼師・灸師248万円283万円
営業営業・企画営業(個人向け)671万円766万円
オペレーター・アポインター632万円722万円
営業マネジャー・営業管理職627万円716万円
キャリアカウンセラー560万円639万円
営業・企画営業(法人向け)540万円617万円
内勤営業・カウンターセールス510万円582万円
メディカル営業(MR・MS・その他)493万円563万円
海外営業484万円552万円
代理店営業・パートナーセールス470万円537万円
人材コーディネーター456万円521万円
ルートセールス・渉外・外商449万円512万円
その他営業・代理店営業・ルートセールス・MR関連職442万円504万円
テクニカルサポート406万円464万円
コールセンター管理・運営386万円441万円
カスタマーサポート・サポートデスク373万円426万円
管理・事務知的財産・特許517万円590万円
会計・税務501万円572万円
内部監査495万円565万円
法務・コンプライアンス488万円557万円
購買・資材調達487万円556万円
広報481万円549万円
IR438万円500万円
人事・労務・採用436万円498万円
経理・財務431万円492万円
商品管理・在庫管理421万円481万円
物流企画・物流管理421万円481万円
総務416万円475万円
秘書389万円444万円
貿易業務・国際業務388万円443万円
一般事務・庶務385万円439万円
営業事務・営業アシスタント383万円437万円
受付361万円412万円
その他一般事務・アシスタント・受付・秘書関連職301万円344万円
企画・経営経営企画608万円694万円
事業企画・事業プロデュース538万円614万円
マーチャンダイザー499万円570万円
販促企画・営業企画473万円540万円
商品企画・商品開発458万円523万円
広告宣伝457万円522万円
マーケティングリサーチ・分析443万円506万円
海外事業企画434万円496万円
店舗開発・FC開発433万円494万円
仕入れ・バイヤー428万円489万円
技能工・設備・配送・農林水産 他その他整備・生産・製造・工事関連職572万円653万円
運送ドライバー(中・長距離)470万円537万円
マンション・ビル管理者438万円500万円
外装・内装工事(塗装工・防水工等)438万円500万円
設備工事(電気・通信)437万円499万円
土木・建築・解体工事(とび工・鉄筋工等)435万円497万円
設備管理・保守(ガス・空調・上下水・消防等)430万円491万円
整備・メカニック(自動車・二輪車)429万円490万円
新聞配達・集金427万円488万円
その他配達・運送・倉庫関連職419万円478万円
工場生産・製造(輸送用機器・家電・電子機器系)411万円469万円
配送・宅配・セールスドライバー408万円466万円
倉庫作業・管理406万円463万円
工場生産・製造(食品・化粧品・医薬品系)405万円462万円
ビル施設管理398万円454万円
その他施設・設備管理・警備・清掃関連職397万円453万円
農林水産関連(畜産業・その他)393万円449万円
工場生産・製造(アパレル・ファッション・その他製品)376万円429万円
農林水産関連(水産業)372万円425万円
警備・守衛・清掃363万円414万円
農林水産関連(農業)350万円400万円
農林水産関連(林業)279万円319万円
建築・土木製品・研究開発(建築・土木・プラント・設備)555万円633万円
空調設備施工管理・工事監理者537万円613万円
建築施工管理・工事監理者531万円606万円
建設コンサルタント530万円605万円
管工事施工管理・工事監理者525万円599万円
環境保全・管理・調査・分析518万円591万円
電気設備施工管理・工事監理者516万円589万円
内装施工管理・工事監理者(リフォーム・住宅・商業施設等)503万円574万円
電気設備設計501万円572万円
土木施工管理・工事監理者500万円571万円
土木設計498万円569万円
プラント施工管理・工事監理者496万円566万円
建築設計496万円566万円
積算495万円565万円
その他設計・設備設計484万円553万円
構造解析(建築・土木)482万円550万円
造園施工管理・工事監理者455万円519万円
特許技術・調査453万円517万円
空調設備設計443万円506万円
生産技術・生産管理(建築・土木・プラント・設備)442万円505万円
設備保全・メンテナンス434万円495万円
プラント設計432万円493万円
測量428万円489万円
CADオペレーター(建築)・製図425万円485万円
品質管理・保証(建築・土木・プラント・設備)420万円479万円
その他施工管理383万円437万円
公共サービス公務員(事務系)553万円631万円
公務員(技術系)533万円608万円
学校法人職員460万円525万円
団体職員426万円486万円
消防士388万円443万円
自衛隊385万円439万円
電気・電子・機械・半導体デジタルIC設計620万円708万円
システムLSI設計526万円600万円
制御設計(自動車・輸送用機器系)517万円590万円
解析517万円590万円
応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)514万円587万円
デジタル回路設計509万円581万円
生産・製造・プロセス技術(家電・コンピューター・通信機器系)507万円579万円
サービスエンジニア・サポートエンジニア(その他)504万円575万円
機械・機構設計(精密・医療用機器系)500万円571万円
制御設計(その他)500万円571万円
評価・検査(工作機械・ロボット・機械系)498万円569万円
生産・製造・プロセス技術(工作機械・ロボット系)494万円564万円
評価・検査(精密・医療用機器系)480万円548万円
機械・機構設計(工作機械・ロボット・機械系)478万円546万円
機械・機構設計(家電・コンピューター・通信機器系)477万円544万円
アナログ回路設計476万円543万円
金型設計476万円543万円
機械・機構設計(自動車・輸送用機器系)476万円543万円
制御設計(工作機械・ロボット系)471万円538万円
評価・検査(家電・コンピューター・通信機器系)466万円532万円
基礎研究(電気・電子・機械・半導体・材料系)464万円530万円
生産・製造・プロセス技術(自動車・輸送用機器系)464万円530万円
品質管理(電気・電子・機械・半導体・材料系)463万円528万円
生産・製造・プロセス技術(半導体・電子部品系)458万円523万円
制御設計(家電・コンピューター・通信機器系)457万円522万円
サービスエンジニア・サポートエンジニア(家電・コンピューター・通信機器系)456万円521万円
サービスエンジニア・サポートエンジニア(自動車・輸送用機器系)456万円520万円
生産・製造・プロセス技術(精密・医療用機器系)454万円518万円
サービスエンジニア・サポートエンジニア(精密・医療用機器系)453万円517万円
CAD・CAMオペレーター(電気・電子・機械・半導体系)449万円513万円
品質保証(電気・電子・機械・半導体・材料系)444万円507万円
生産・製造・プロセス技術(機械部品・金型・治工具系)443万円506万円
システム設計・アーキテクチャー443万円506万円
機械・機構設計(その他)442万円505万円
サービスエンジニア・サポートエンジニア(工作機械・ロボット・機械系)442万円505万円
評価・検査(自動車・輸送用機器系)439万円501万円
生産管理・製造管理(電気・電子・機械・半導体・材料系)435万円497万円
生産・製造・プロセス技術(その他)428万円489万円
制御設計(精密・医療用機器系)427万円487万円
セールスエンジニア・FAE(家電・コンピューター・通信機器系)398万円454万円
評価・検査(その他)394万円450万円
セールスエンジニア・FAE(工作機械・ロボット・機械系)387万円442万円
高周波回路設計374万円427万円
特許技術者(電気・電子・機械・半導体・材料系)315万円360万円
セールスエンジニア・FAE(自動車・輸送用機器系)304万円347万円
販売・フード・アミューズメントスーパーバイザー・エリアマネジャー484万円553万円
店長・店長候補(フード・アミューズメント系)468万円534万円
その他フード・アミューズメント関連職463万円528万円
ホール・フロアスタッフ456万円520万円
販売・販売アドバイザー・売り場担当446万円509万円
店長・店長候補(小売・流通系)443万円506万円
その他小売・流通関連職427万円488万円
調理・調理補助383万円437万円
美容部員343万円391万円
教育・研修トレーナー309万円353万円
美容・ブライダル・ホテル・交通その他エステ・理美容・リラクゼーション関連職597万円682万円
タクシードライバー・ハイヤードライバー538万円614万円
理容師・美容師447万円510万円
鉄道乗務員・船舶乗務員427万円488万円
バス運転手・バス乗務員426万円486万円
葬祭ディレクター・プランナー424万円484万円
その他交通・運輸関連職405万円462万円
旅行コーディネーター・添乗389万円444万円
ブライダルコーディネーター・ウェディングプランナー388万円443万円
エステティシャン382万円436万円
ホテル・宿泊施設サービス378万円431万円
カウンタースタッフ・予約手配・オペレーター363万円414万円
フライトアテンダント(CA・FA)・グランドスタッフ332万円379万円
アロマセラピスト・ネイリスト319万円364万円
その他ブライダル・葬祭関連職296万円338万円
保育・教育・通訳教師521万円595万円
教務事務510万円582万円
通訳474万円541万円
講師467万円533万円
スクール運営・マネジメント454万円518万円
その他教師・講師・インストラクター関連職439万円501万円
その他保育関連職403万円460万円
インストラクター(OA・その他)392万円448万円
翻訳389万円444万円
スポーツインストラクター・トレーナー381万円435万円
保育士・幼稚園教諭363万円414万円
児童相談員357万円408万円
株式会社マイナビ調べ「2020年版 職種別ランキング結果概要」よりを元に筆者が独自作表

 

3.面接で希望年収を伝えるときは悪印象を与えないように注意

 

・今はこれだけもらっているから、最低でも維持したい。

・次の年収はもっともらえるようになりたい。

 

転職するからには、希望する年収があると思います。

しかし給与は、会社の文化に深く関係するものです。前職の常識は次の企業で通じるとは限りません。

そのため、現在の年収や希望年収を聞かれたときは、相手に不快な思いをさせないよう伝える工夫が大事です。

選考に悪影響を与えずに希望年収を伝えるポイントを紹介します。

 

①.スキルに見合った金額にする

希望年収を交渉するときは、現在持っているスキルに見合った額にしなければいけません。実力もないのに相場以上を希望すると、自分の市場価値を正しく判断できていないと思われてしまいます。その業界や持っている資格・スキル、年齢、勤続年数ではどれくらいの年収が平均的なのか、面接前にリサーチしておくようにしましょう。

 

また転職の目的が年収アップなのか、それとも新たな分野への挑戦やワークライフの改善なのかによって、年収額を考えなければいけません。

 

例えば、経験の少ない分野への転職や残業時間を減らすと年収アップが難しいのは当然です。転職理由を「過剰な残業量から、ワークバランスを見直して、キャリアアップのための時間を取りたいと思った」としているのに、現在より高い金額を希望すると発言内容に一貫性がなくなってしまいます。転職理由と矛盾しないよう注意しましょう。

 

②.年収アップを望むなら説得力のある理由を

年収が上がればそれなりの働きを期待されます。現在の年収より高い金額を希望したいと思っているなら、それに見合うスキルや実績を示して、その年収が妥当な金額である「根拠」を説明できなければいけません。

 

それまでの質疑でスキルや実績を充分アピールできていたかどうかも、希望年収の交渉に影響を与えます。ただの「願い」ではなく、客観的に見ても正当な主張である「根拠」を論理的に伝えれば、面接官に悪い印象を与えることなく年収アップの交渉ができるでしょう。

 

ただし個人的な事情は年収アップの根拠にはなりません。企業にとってその年収を払う価値があるかどうかが大切です。

 

【NG例】

現在の年収は○○円です。今年は家を購入し、子供が生まれたため、現在の年収よりも増額を希望します。

 

【OK例】

現在の年収は○○円です。入社後はこれまでの経験から構築した営業戦略を最大限活かして御社に貢献したいと思っていますので、これまでの年収と同等、もしくは、それ以上を目指したいと考えております。

 

③.最優先事項は企業との条件一致

転職の面接で年収の希望を聞くのは、企業が想定している採用者の年収と応募者の希望がマッチするかの確認という意図もあります。募集要項に年収の記載があるなら、その範囲内で答えるようにしましょう。

 

面接の内容から採用したいと思ってもらえていても、企業が予定している年収額を大幅に超える金額を希望すると、「条件不一致」として選考に落ちてしまいます。

 

ヘッドハンティングやスカウトでの転職だと、相手側もある程度の年収を出してでも入社して欲しいと思うかもしれませんが、一般求人での転職なら企業が提示している条件と一致することを優先させなければいけません。

 

3.希望があっても「貴社の規定に従う」ことが大事

 

年収以外にも、勤務地や残業、休日出勤など待遇・条件の希望を聞かれるかもしれません。応募した雇用形態や職種以外での採用を面接で打診されることもありえます。

 

転職する目的があるはずなのに、なんでも構わないという態度は入社に対する熱意がないと思われてしまいますが、希望以外は受け付けないという頑なな態度は良い印象を与えません。

 

希望年収や、条件について伝えるときは、よほど譲れないことでない限り「○○を希望しますが、御社の規定に従います」と付け加えて、企業の意向に従う意思があるという柔軟な態度を示すことが大切です。

 

もちろんどうしても譲れない転職の条件であれば、きちんと伝えないと後々トラブルになってしまいます。その場合は、それを希望する事情をきちんと説明するようにしましょう。

 

4.まとめ

 

年収は転職において気になるポイントですが、面接で言いにくい内容でもあります。企業の条件と一致していることが前提ですが、希望の年収があるなら論理的に提示する交渉力もビジネスパーソンとして必要なスキルです。

 

年収や待遇、条件の交渉はバランスが大切です。妙な駆け引きや委縮する必要はないので、譲歩の姿勢も示しつつ堂々と交渉するようにしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事