pickup
転職成功の鍵は面接準備!緊張せずに自分を最大限アピールする

転職活動では面接で自分をアピールして好印象を与えることが大切です。しかし、緊張と準備不足で思ったように話せなかったという苦い経験を持っている方も少なくありません。

 

面接で緊張せずに最大限実力を発揮するためにはどのような準備をするといいのでしょうか。今回は転職に欠かせない面接準備について説明します。

 

1.緊張のしすぎは面接にマイナスになることも

 

転職という大事な局面で緊張するのは当然のことです。しかし、緊張しすぎると力が発揮できず、持っている魅力を面接官に伝えられなくなってしまうかもしれません。

 

特に声が出なくなってしまったり手足が震えたり、動機が早くなって汗・赤面が出てしまうと極度の緊張が面接官にも伝わってしまいます。あまりに緊張していると「重要な仕事のプレッシャーにも耐えられないのではないか」とマイナスなイメージを与えてしまうでしょう。

 

そんなときこそ、深呼吸をして自分を客観的にみることで冷静さを保ちましょう。面接前に腕を伸ばしたり軽くストレッチをしたりすると、体の強ばりをほぐしてリラックスする助けになります。入室時は面接官の顔をしっかり見て笑顔を忘れてはいけません。

 

落ち着いた気持ちで面接にのぞめば、これまで準備してきた成果を自然に発揮して好印象を残せるでしょう。

 

 

2.面接当日の緊張を和らげる秘訣は「準備」

 

念入りな準備は、面接当日の緊張をほぐす助けになります。「失敗してしまうかも」という考えが頭をよぎっても、「でもあれだけ準備したのだから大丈夫」という気持ちに切替えられるからです。

 

それでは面接で失敗を恐れないために行なうといい面接準備をみてみましょう。

 

①.徹底的な練習で受け答えもスムーズに

 

転職の面接で聞かれることの多い、転職理由や自己PR、志望動機などを準備し、実際に声に出して答える練習をしましょう。家族や友人などにお願いして、表情や話し方を客観的にチェックしてもらうこともできます。

 

模擬面接のように練習を繰り返すことで、面接当日も同じようにできるという自信につながります。

 

また気になる求人には積極的に応募し、面接の場数を踏むのも1つの方法です。同じ業種・職種だとされる質問の傾向も似てくるため、受け答えのコツをつかめるようになるでしょう。

 

②.企業研究は自信につながる

 

面接準備で欠かせないのが企業研究です。面接では、転職を希望しているなら企業について知っていて当たり前、という前提で質問されることがあるため、企業知識がないと質問に答えられずアピールするチャンスを失ってしまいます。

 

知らなかった、ということで入社意欲を疑われてしまう可能性だけでなく、答えられなかったという気持ちで焦ってしまい、その後の質疑に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

 

深い企業研究をしていると、どんな質問をされても対応できるという自信を持つことができ、緊張を和らげられます。企業サイトや最新ニュース、メディアから企業情報だけでなく最近の動向も把握しておくといいでしょう。

 

③.面接中は「話す」だけでなく「聞く」を心がける

 

転職の面接というと、いかに自分のことを「話す」かに注目しがちですが、相手の話をきちんと「聞く」ことも大切です。緊張すると焦ってすぐに答えようとしてしまいがちですが、相手の質問を最後まで聞き、質問の意図に合った答えをするようにしましょう。

 

予想外の質問をされたときは慌てずに一呼吸置き、頭の中で考えをまとめてから話し始めるようにします。話すときは語尾までゆっくりはっきり言うように意識すると、落ち着いている印象を与えられるでしょう。

 

 

3.面接当日は余裕を持って会場に着けるよう準備しておこう

 

当日は15分くらい前までに面接会場の近くで待機し、5分前には受付を済ませられるよう準備しましょう。早めに面接会場付近へ到着し、カフェなどで面接準備の最終確認を行なうと落ち着いて面接にのぞむ助けになります。

 

初めての場所なら、迷ったり遅刻したりしないよう、事前に下見して面接会場までの道のりや所要時間を把握しておくこともおすすめです。事前準備で当日の不安要素をできるだけ取り除くなら、面接の緊張を和らげ最大限のパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

 

 

4.まとめ

 

転職の面接は、自分が見定められているという面接独特の雰囲気や、転職成功のためには受け答えに失敗できないというプレッシャーなどで緊張しやすいものです。しかし、準備を念入りにすれば、緊張しても自信を取り戻して、落ち着いて面接にのぞむことができます。

 

また面接は、面接官が応募者を見定めるのと同時に、企業の雰囲気や働く環境が転職先としてふさわしいか応募者が見極める場でもあります。過度にプレッシャーを感じずに、社員や会社の雰囲気を客観的に観察することで冷静さを保ち、リラックスして面接にのぞみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事