企業研究

 

20代での転職とは求められるものが異なる30代の転職。チェックされるポイントが異なるため、面接の質問にも違いがあります。面接前には30代の転職者のための面接対策を取るようにしましょう。

 

そこで今回は30代の転職で重要視される点や面接で聞かれることが多い質問に答えるときのポイントを説明します。

 

 

 

 

 

1.30代の転職はスキル・マネジメント能力が重視される

 

 

20代の転職だと、職歴が短いため実績が少なくてもポテンシャルを見込んで採用されることがありますが、30代の転職ではある程度のキャリアとスキルが期待されます。

 

社会人経験を10年近く積んでいる30代ともなるとチームリーダーなど役職につくことも多くなるため、マネジメント能力があるかどうかも重視されるでしょう。

 

そのため、30代の転職ではスキルや経験に関する質問が多くなる傾向があり、自分が即戦力として会社に益をもたらす人材であることをアピールしなければいけません。自分のキャリアについてきちんと答えられるように準備しましょう。

 

 

30代の転職面接で多い質問例

  • これまでマネジメントを行ったことはありますか
  • 前職の業務内容を教えてください
  • 前職ではどのような成果を挙げましたか
  • 将来はどのようなキャリアプランを考えていますか
  • 当社ではどのようなスタンスで仕事をしたいですか
  • リーダーに必要な資質は何だと思いますか

 

 

 

 

2.面接では30代の転職者に求められている資質をアピール

 

 

面接では、30代の転職者に求められている人物像にマッチしていることを示さなければいけません。一例として30代の転職面接で多い質問の中から、好印象を与える答え方のポイントを見てみましょう。

 

 

①.具体的な経験からマネジメント能力を示す

 

「これまでマネジメント経験はありますか」という質問から、面接官は応募者がリーダーシップを取れる人材かどうかを知りたいと思っています。ここで「ありません」と答えてしまうと、30代なのに誰かを指導する立場になったことがないなんて仕事の能力が低いのではないかとマイナスイメージを与えてしまいます。

 

30代であれば、管理職に就いたことがなくても、後輩・部下の育成や指示出しの経験はあるでしょう。そういった経験から、自分がリーダーシップを取れる人材であるときちんとアピールすることが大切です。

 

その際は、どのような業務・規模だったのか、どんな成果を上げたのか、数字やエピソードを具体的に答えるようにしましょう。

 

 

回答例
管理職として役職に就いていたわけではありませんが、プロジェクト毎に作られるチームのマネジメントを行なっていました。方針はチームごとに任せられていたため、全体の目標を明確にし、メンバーの能力に応じた業務の振り分け、進捗に応じたアドバイスなどを行うようにしたところ、プロジェクト全体のスムーズな進行に貢献でき、現在では10人前後と比較的規模の大きなチームのマネジメントも任されるようになりました。

 

 

 

②.周りの人間を成長させる人間性で印象アップ

 

30代の転職者は、ただ自分のパフォーマンスを発揮するのではなく、マネジメントの一環として高い教育能力や対人スキルを持っていなければいけません。そのため「部下との接し方で心がけていることはありますか」といったメンバーとの関わり方を聞かれることがあります。

 

ここで大切なポイントは、部下や周りの人間を積極的に育てようとする姿勢です。「各々の判断に全て任せます」「自分の好きなようにやらせます」といった相手任せの放任主義のスタンスだと、採用が部署にとってプラスとなる、という印象を与えないでしょう。

 

メンバーへの指導に対する考えを伝え、これまでの教育の結果まで話せると良いアピールができます。

 

回答例
後輩指導で心がけていることは、信頼して仕事を任せつつも、適切ならアドバイスを与えるなどフォロー体制を整えることです。あまり口出ししすぎては成長を阻んでしまうのでバランスが難しいと感じることもありますが、そうするよう心がけた方が早くひとり立ちでき、仕事の覚えがいいメンバーとしてプロジェクトで活躍してくれます。

 

 

 

③.「やればできる」はNG

 

マネジメント能力やスキルが重視されているからといって、根拠もなく自分の能力をアピールするのは逆効果です。根拠のない自信は、自分を過大評価していると思われ良い印象にはなりません。アピールするときは必ず具体的なエピソードや結果と一緒に話すことで根拠を示しましょう。

 

 

回答例
マネジメント経験はありませんが、人を引っ張ることは好きなので、任して頂ければマネジメント職もできると思います!

 

 

 

 

3.自己分析を行なってアピールできる自分のキャリアを見つめよう

 

 

キャリアを重視される30代の転職は、面接前に30代の転職で強みとなる自分のスキル・実績やマネジメント経験を振り返りきちんとまとめておかなければいけません。

 

企業は30代の転職者に何かをイチから教えるのではなく、即戦力となるスキルをすでに持っていること、また会社の利益を上がるようリーダーシップを取れる人材であることを求めています。面接準備では、どんなスキルを持っていて、それを使ってどのように会社に貢献できるのか、自分にしかない強みをアピールできるよう自己分析が必要です。

 

 

 

 

4.まとめ

 

 

マネジメント能力やスキル、実績を期待される30代は、20代の転職者よりもキャリアに関する質問や価値観、考えを問われる質問が多くなります。20代であれば、勉強中と言ってもポテンシャルを見てもらえる可能性がありますが、30代ではそうはいきません。

 

30代の転職では面接でキャリアに関する質問に答えられるよう考えをまとめ、入社したらすぐに戦力として働ける能力をアピールすることが大切です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事