企業研究
転職なら職務経歴書の自己PRで入社後の活躍をアピールできる!

転職だと履歴書以外に職務経歴書を書くことが一般的です。職務経歴書は経歴以外にも自己PR欄を設けられるため、転職の場合、職務経歴書からも自己PRができます。

 

しかし自己PRは履歴書に書くものというイメージが強く、履歴書にも記載している場合、職務経歴書にはどのように書けばいいのか悩むかもしれません。

 

そこで今回は、職務経歴書に効果的な自己PRを書くためのポイントを説明します。採用担当者に好印象を残し、転職を成功に導く自己PRを作るためのコツをみてみましょう。

 

 

1.職務経歴書にも自己PRを書いて適性をアピール

 

自己PRとは、自分のスキルや経験を使って「会社に貢献できること」や自分を採用にすると「会社にどんなメリットがあるか」を伝えるためのものです。そこから採用担当者は、応募者のスキル・人間性が会社の求める人物像とマッチしているか判断しています。

 

職務経歴書がある転職は、職務経歴書にも自己PRを書いて、よりアピールすることが可能です。履歴書よりも記載するスペースを割けるため、より具体的に自己PRができます。

 

職務経歴書の自己PRも活かして、自分の適性を採用担当官の印象に残しましょう。

 

 

2.企業にマッチした自己PRで「会ってみたい」と思わせる

 

どんなに立派なスキルでも、企業方針や募集している業務で活かせるものでなければ魅力的と思ってもらえません。そこで、応募する企業にとって魅力的な自己PRを作るためのポイントをみてみましょう。

 

①.これまでの経験・実績をリストアップ

 

まず自分の強みを知るために、これまでの仕事を振り返り過去の経験や実績をできるだけ多く挙げてみましょう。

 

例えば営業職であれば「新規顧客の開拓」「商品販売の促進」「営業チームのマネージャー」など業務内容や自分の担当したポジションを書きだして整理します。またその業務がどんな結果になったのか、数字やエピソードを上げて成果を具体的なものにしましょう。

 

②.求人を読み込んで求められている人物像をリサーチ

 

次に企業はどんなスキルを必要としているのか、募集業務や職種から考えます。求人にはどんな人物像や働きを期待しているか書かれていることが多いため、しっかり読み込んで分析しましょう。

 

また、企業の規模や経営方針もどんな人物像を好んでいるのかのヒントになります。事業規模の大きい企業であれば部署間の連携や管理能力、コミュニケーション能力が求められるでしょう。個々の考えを重んじる経営理念の企業なら、決断力や行動力が評価されるかもしれません。

 

こういったリサーチから求められている人物像・スキルを割り出したら、リストアップした自分の実績の中から関連しているものを探し、自己PRでアピールする実績を決めます。たくさんアピールしても要点がぼやけてしまうため、23個に絞るようにしましょう。

 

③.経験をスキル化して簡潔にまとめる

 

アピールする実績を選んだら、その実績は一言でいうとどんなスキルなのか名前をつけましょう。例えば企画で「新商品の販売促進プロジェクトを発案し、売り上げ増を成功させた」という実績なら「提案力」「目標達成への意欲」「課題の達成力」などのスキルがあるといえます。

 

これらを見出しとして箇条書きで書くと、要点がわかりやすい自己PRが作れます。見出しの後は、アピールしたい実績・経験を述べ、最後は入社後にどう活かせるかを提案することが大切です。

 

自己PR記入例
【自己PR】
・マーケティング能力
営業にて新規顧客開拓に従事。ニーズに沿った商品を提供できるよう、顧客訪問後はお客様との会話から業界の流れや需要の分析を常に行なうようにしています。その結果、年間の目標売上150%増を達成することができました。

・課題達成力
顧客獲得が伸び悩む月を分析し、新規顧客の訪問回数を増やし、需要に沿ったアプローチを強化した結果、1年の新規顧客25件を達成、年間MVPを受賞しました。貴社でも常に目標達成を意識して、売り上げの増加に貢献したいと思っています。

 

3.面接では職務経歴書の自己PRをより具体的に話す

 

面接で自己PRをするよう言われたときは、職務経歴書の自己PRを元に答えることができます。職務経歴書の自己PRに関心を持って質問される場合もあるため、より具体的に話せるようにしておきましょう。

 

暗記したものをそのまま言うのではなく別の言葉に言い換えたり面接官の質問の仕方に合わせて強調する点をアレンジしたりすることが重要です。きちんと質問に合った答え方をすることで理解力、コミュニケーション力も評価されるでしょう。

 

 

4.まとめ

 

転職では、職務経歴書に自己PRを書くことで、これまでの職歴・実績を活かして入社後どうやって貢献するのかイメージしてもらえます。自己PRは「自分を採用するべき理由」を採用担当者にアピールして、「この人に会って詳しく話を聞きたい」と思わせるための大切な部分です。企業にマッチした自己PRを作り上げて、転職成功へのステップを進んでいきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事