企業研究
【転職の履歴書】住所・電話番号・通勤時間など基本情報は正確に!

転職の履歴書を書くときは、志望動機や自己PRなどの書き方に意識がいくため、見落としがちなのが氏名、住所、電話番号などの基本情報の欄です。履歴書は応募者のプロフィールを見るための書類。基本情報を正しい書き方で記入してこそ完璧な履歴書です。

 

きちんと作成された履歴書で採用担当者に好印象を持ってもらうためにも、履歴書の基本情報の書き方を紹介します。住所、電話番号、通勤時間など書き方に注意したいポイントと合わせてみてみましょう。

 

1.履歴書の第一印象になる基本情報を丁寧に書いて印象アップ

 

採用担当者が履歴書を見たときにぱっと目に入るのが写真や名前、連絡先などの基本情報です。転職においてプロフィールを知らせるための情報ですが、丁寧かつ正確に書かれているとその後も好印象を持って読み進めてもらえるでしょう。

 

①.氏名は戸籍通りの字体で、日付は統一して記入

 

名前に旧漢字が使われている場合は、戸籍通りの表記で記入します。押印欄があるなら、シャチハタではなく認印を使い、欠けていないか確認してから傾かないようきれいに押しましょう。

 

履歴書の日付は、郵送するなら投函する日を、面接時に手渡しするなら面接日を記入します。年号を西暦、和暦のどちらで書くか決まりはありませんが、履歴書全体でどちらかに統一して使用しましょう。

 

②.住所は都道府県から番地まで省略せずに書く

 

住所は都道府県から書き始め、マンション・アパート名も省略せずに記入します。丁、番地はハイフンではなく、「〇丁目△△番地」と漢字で書く方が良いでしょう。ふりがなの記入は市区町村まででいいですが、マンション・アパート名に読みにくい漢字が入っている場合は、最後までふりがなをふります。

 

履歴書によっては連絡先として他の住所を書く欄がありますが、これは転職活動中だけ実家や友人の家に滞在していて、そこを拠点に転職活動を行なっているケースなど現住所と滞在先が異なる場合に使用します。現住所と同じなら「同上」と書きましょう。

 

③.日中連絡の取れやすい電話番号なら携帯でもOK

 

電話番号は日中連絡のとりやすい電話番号を記入します。転職であれば、日中自宅にいることも少ないでしょうから、携帯電話の番号を記入しておく方がいいかもしれません。

 

電話番号を書く欄が「電話番号」「携帯電話」と分かれて印字されていて、固定電話を持っていないなら、空欄にするのではなく「なし」と記入すると、書き忘れではないことを示せます。

 

④.通勤時間は自宅から会社までにかかる片道時間

 

通勤時間を書く欄があるなら、自宅を出発してから会社に着くまでにかかるトータルの通勤時間を5分単位で記入します。「徒歩・電車にて〇時間〇分」と交通手段も添えて書くとわかりやすいでしょう。1時間未満の場合は、「0時間30分」と書くと書き漏れではなく、1時間未満であることが伝わります。

 

募集している勤務地がいくつかある場合は「○○支店までの通勤時間」と添えるといいでしょう。転職後に引っ越しをする予定なら「新住所より○○時間(△月転居予定)」と転職後に通う住所からの通勤時間を書きます。

 

現住所が遠方のため、採用されたら会社の近くに引っ越すつもりの時は、「採用して頂けた際は○○エリアに転居を予定しております(〇分圏内)」と書いて、入社後は通勤時間が短くなることをアピールしましょう。

 

 

3.転職活動用のメールアドレスがあると便利

 

履歴書のフォーマットによっては、メールアドレスの記入欄があります。携帯アドレスだと企業から送られるメールを迷惑メールとして自動的にブロックしてしまう可能性があるため、PCアドレスの方がいいでしょう。

 

PCアドレスを持っていない場合は、フリーメールでもいいので転職活動用に作っておくと、企業とのメールのやり取りを管理しやすくなるのでおすすめです。

 

ただし、現職の会社のメールアドレスを記入することは絶対にやめましょう。ドメインに会社名が入っていると、会社のアドレスを転職という私用で使っていることがわかるためビジネスパーソンとしての常識を疑われてしまい、マイナスな印象になってしまいます。

 

 

4.まとめ

 

履歴書の基本情報は、直接転職の選考に関係ない内容とはいえ誤字・脱字や記入方法にミスがあると良い印象は与えません。履歴書という重要書類もきちんと書けないなら仕事も雑なのではないかと思われてしまう可能性もあります。

 

転職の選考に重要な箇所を見てもらう前に、基本情報の欄でマイナスな目立ち方をしてしまっては意味がありません。住所や電話番号、メールアドレス、通勤時間など正確な情報を記入し、より見てもらいたい経歴や志望動機、自己PRなどの内容に注目してもらえるようにしましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事