企業研究
転職活動中の派遣社員やパートも職務経歴書って必要?履歴書との違い

 

派遣社員やパートの募集応募時に、履歴書とは別で職務経歴書を求められた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

派遣社員の場合は派遣会社に登録するとき、パートやアルバイトの場合は面接のときに職務経歴書があると、過去の経歴がわかり、採用につながりやすくなるなどメリットがあります。

 

今回は、転職を希望する派遣社員やパートの職務経歴書の書き方やポイント、履歴書との違いについてご紹介致します。

 

 

 

 

1.職務経歴書とは

 

 

職務経歴書とは、過去に働いていた職種や業務内容、担当期間などを分かりやすくまとめた書類のことです。職歴や雇用形態、持っている免許や資格、主な業務内容、自己PRなども分かりやすく記入します。

 

基本的に、A4サイズ1~2枚分くらいの分量で作成しますが、履歴書と違い決まったフォーマットはありません。自分の職歴やスキルを自由にアピールできます。

 

 

 

2.履歴書と職務経歴書の違いとは?

 

 

履歴書とは、氏名や住所、学歴、職歴、資格など、応募者の基本的な情報をまとめた資料です。

 

それに対し、職務経歴書は応募者の職歴について紹介したもので、採用担当者に自分の経歴やスキルを知ってもらい、採用につなげるための書類です。

 

転職活動では、職務経歴書の提出を求められることがよくあります。特に、派遣社員が転職エージェントを利用するときに、いろいろな派遣先を紹介するために参考資料として職務経歴書が必要です。

 

近年ではパートでも職務経歴書の提出を求められることが増えていますが、提出の必要がなくても、職務経歴書を提出することで採用担当者の印象に残りやすくなります。

 

 

 

3.派遣社員が職務経歴書を書くメリット

 

 

派遣社員が職務経歴書を提出するメリットは、自分の経歴や持っている資格など、自分の能力を活かした職種を紹介されやすくなることです。

 

派遣で仕事をする場合、まず派遣元会社に登録します。近年では転職エージェントに登録し、派遣という働き方を選択する方法もありますが、いずれにしてもまずは派遣元会社や転職エージェントなどに登録を行います。

 

たくさんの派遣先企業の中から、自分の能力や希望にピッタリの派遣先を見つけるためにも、職務経歴書はしっかりと記入しましょう。

 

 

 

4.派遣社員が職務経歴書を書く時のポイントは?

 

 

派遣社員が、職務経歴書を作成する時のポイントについてご紹介いたします。

 

 

①.読みやすさ重視!まずは目に留めてもらえるように工夫する

 

転職活動全体に共通して言えることですが、職務経歴書作成するときは、読み手が読みやすいように作る必要があります。

 

自分の経歴をダラダラ書くのではなく、箇条書きにして要点をまとめます。その際、経験してきた業務ごとにまとめるのか、時系列ごとにまとめるのかを自分の強みを考えて作成していくと良いでしょう。

 

Web上には職務経歴書のテンプレートが数多くあるため、利用すると簡単に作成できます。

 

 

②.雇用形態や派遣期間、業務内容はしっかり書こう

 

次に、雇用形態は派遣社員と記入し、担当していた業務について、分かりやすく記入します。派遣期間についても、就業や派遣期間といった言葉を使い、きちんと記載しましょう。

 

 

③.短期契約やブランクがあっても自己PRでカバー

 

派遣社員として勤務する場合、派遣先での就業期間が長期間に及ぶことは少ないでしょう。ですので、派遣期間が短いからといって不利になること可能性は低く、逆にいろいろな会社で経験を積んでいることは、有利になることもあります。

 

ブランクが開いている場合も、自己PR欄を充実させて理由をきちんと書けば、問題ないでしょう。

 

 

 

5.パートが職務経歴書を書くメリット

 

 

パートを募集している会社では、履歴書のみ提出するケースが多かったものの、職種によっては職務経歴書を求められるケースも増えてきました。

 

応募人数が多く倍率が高い場合や、ある程度経験が求められる場合には、履歴書と合わせて職務経歴書を提出すると採用されやすくなる可能性があります。

 

 

 

6.パートが職務経歴書を書く時のポイントは?

 

 

パートの募集を掛けている会社は、小売店や飲食店などが多いでしょう。そういった場合、採用担当者が面接を行うというより、店長や支店長など、ある程度権限を持っている人が直接面接を行い、採用者を決定するとケースが多いと考えられます。

 

小売店や飲食店の店長や支店長は、複数の業務を抱えている事が多く、パート採用に時間を掛けられません。

 

そのため、応募職種と経歴を関連付けながら、読みやすさを重視して簡潔にまとめるようにしましょう。

 

 

 

7.まとめ

 

 

職務経歴書は履歴書と違い、自分の仕事の経歴について分かりやすくまとめたもので、採用担当者に自分の能力をアピールするために使用します。

 

派遣社員は派遣登録をする際に、求められることが多く、派遣先の紹介の参考になる大切な書類です。パートでも、職務経歴書があると、採用につながりやすくなるため、作成しておくと、転職活動に役に立ちます。

 

自分の経歴を知るためにも、一度自分の経歴を振り返り、自分の強みをアピールできる職務経歴書を作成してみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事