pickup
AIR DO
スポンサーリンク

採用プロ
興味のある業界/企業を知るには、まず事実を知ることが第一歩。
当レポートでは、AIR DOの基本情報、AIR DOをとりまく業界の「市場環境の変化」やPEST(政治、経済、社会、技術)からはじめます。

業績 2019年3月期

売上高 経常利益 利益率 総資産
448億円 30億円 + 6.70%  

企業情報

1996年11月14日に北海道国際航空株式会社(ほっかいどうこくさいこうくう)として設立された。2012年10月1日に、それまで愛称・通称として用いていたAIR DO(エア・ドゥ)を社名としている。社名表記はべた書き(続け書き)、ロゴは分かち書きである。「DO」は北海道の道(どう)と英語の(助)動詞do(ドゥ)を掛けたもの。以下、本文中ではICAO航空会社コードである「ADO」と表記する。

1998年12月20日より、新千歳空港 - 東京国際空港(羽田空港)間で就航を開始した。後述するように就航当初から経営不振が続き、2002年6月に東京地方裁判所に民事再生法適用を申請、全日本空輸の経営支援を受けることとなり、2005年3月には再建を完了した。全日本空輸とは、その後も資本関係やコードシェア運航を行うなどの密接な関係にある。

会社名 AIR DO 
業種/業界
決算月 3月
売上高 44,800百万円 売上高変化率 -
経常利益 3,000百万円 純利益 -
利益率 6.70% 純資産 -
従業員数 958人 平均勤続年数 -
平均年齢 37.9歳 平均年収 625万円

ニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事