年収調査

豊田通商の年収・給与制度(月給/賞与)、そして生涯賃金と入社難易度を調査してみた

豊田通商の年収事情_メイン

約120カ国におよぶグローバルネットワークと約1,000社のグループ会社と共に事業を展開するトヨタ系の総合商社です。主力は自動車関連の調達や販売で、営業利益の7割を占めています。

また、2012年にはアフリカに強い仏大手商社CFAOを買収し、2019年にトヨタからアフリカ市場の営業業務を全面的に移管されました。アフリカでの存在感は商社有数です。

三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、三井物産、丸紅、双日とともに7大商社と呼ばれています。

 

7大商社は、いずれも世界を相手に商売をしている有名な企業です。
今回はこの7大商社の一つ 「豊田通商」の収入という観点に迫ります。

 

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

1.豊田通商の平均年収は1,100万円

豊田通商の年収事情_まとめ

豊田通商はトヨタグループの商社。
年収は、日本でも代表する商社のため、東証一部上企業の中でも年収はトップクラスです。

2021年度の豊田通商の年収の平均は、1,100万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は 2,692人、平均年齢 42.4歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定1,300~1,550万円程度と予測されます。

 

 (1) 豊田通商の平均年収 推移(2010年から)

豊田通商の平均年収推移
豊田通商の平均年収推移
平均年収 豊田通商 業界平均 上場平均
2010年 931万円 1,123万円  
2011年 978万円 1,127万円 563万円
2012年 993万円 1,171万円 570万円
2013年 982万円 1,179万円 571万円
2014年 1,041万円 1,196万円 577万円
2015年 995万円 1,208万円 588万円
2016年 953万円 1,182万円 594万円
2017年 998万円 1,162万円 598万円
2018年 1,052万円 1,269万円 605万円
2019年 1,097万円 1,315万円 612万円
2020年 1,100万円 1,330万円 614万円
2021年 1,100万円 1,299万円 603万円

今回は、7大商社である豊田通商の年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2021年まで。

豊田通商では平均年収が、2010年から2021年の11年間で169万円(118%)上昇しています。

2018年頃からの年収上昇がポイント。
豊田通商がアフリカに強い仏大手商社CFAOを買収し
トヨタ自動車からアフリカ全土の営業権を移管されたのが2019年。

アベノミクスもあったとおもいますが、トヨタ自動車から営業権移管されたのが大きかった模様。
営業実績が成長していますので、給与にも反映されるようになりました。

2018年以降は安定的に平均年収が1000万円を超えています。

他の総合商社の11年間の平均年収の伸び幅
・三菱商事   +273万円 (上昇率124%)
・伊藤忠商事 +370万円 (上昇率129%)
・三井物産   +273万円 (上昇率124%)
・住友商事   +035万円 (上昇率103%)
・丸紅      +029万円 (上昇率102%)
・豊田通商   +169万円 (上昇率118%)
・双日      +091万円 (上昇率109%)

5大商社に迫る成長率をしているのが豊田通商。
トヨタグループのバックボーンはやはり協力と言わざるを得ません。

※20-21年は世界的に新型コロナによる収入減が生じてる傾向があるのですが、豊田通商は大きな影響を受けていません。

続いて生涯賃金の推移をご覧ください。

 

(2) 豊田通商の生涯賃金 推移(2010年から)

豊田通商の生涯年収推移
豊田通商の生涯年収推移
生涯賃金 豊田通商 上場平均 上場平均との差額
2010年 3億6148万円 -  
2011年 3億7989万円 2億2450万円 1億5539万円
2012年 3億8550万円 2億2729万円 1億5821万円
2013年 3億8417万円 2億2939万円 1億5478万円
2014年 4億0740万円 2億3185万円 1億7555万円
2015年 3億8913万円 2億3631万円 1億5281万円
2016年 3億7294万円 2億3897万円 1億3397万円
2017年 3億9037万円 2億4046万円 1億4991万円
2018年 4億1151万円 2億4320万円 1億6831万円
2019年 4億2920万円 2億4610万円 1億8310万円
2020年 4億2728万円 2億4481万円 1億8248万円
2021年 4億2713万円 2億3421万円 1億9293万円

2021年では、豊田通商に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
4億2,713万円の収入を得る事ができます。

総合商社業界の中では、5大商社とその他に分類され
豊田通商は、5大商社と比較すると見劣りします。

実際
5大商社の平均生涯賃金は5億6,977万円です。
豊田通商は4億2,713万円ですので、賃金だけで考えるとその差は1億円。

5大商社の壁は高いですね。ただし、豊田通商の強さは、トヨタを背景とした金属(非鉄分野)です。また、アフリカに強さを持っているため、売上高/利益額はまだ伸びる見込み

当然給与にも反映されていきますので2021年、22年の平均年収開示が楽しみです。

次は業界プレイヤーの中の年収比較をご覧ください。

 

(3) 豊田通商の平均年収を業界と比較

豊田通商の平均年収を総合商社業界との比較
豊田通商の平均年収を総合商社業界との比較
業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
三菱商事 1,678万円 6億5167万円
伊藤忠商事 1,628万円 6億0794万円
三井物産 1,483万円 5億4102万円
住友商事 1,356万円 5億5795万円
丸紅 1,192万円 5億6407万円
豊田通商 1,100万円 4億2728万円
双日 1,096万円 4億4831万円
兼松 858万円 3億5096万円
上場平均 603万円 2億4481万円

総合商社8社(三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅、豊田通商、双日、兼松)の2021年の平均年収を比較しました。

豊田通商は業界6番手。

5大商社の平均生涯賃金が5億8453万円ですので、6番手とはいえその差は1億6000万円です。
派遣社員の生涯賃金位の差があります。

しかし年収1000万円以上を直近3年間到達させている豊田通商

2020年の新型コロナの影響で苦戦を強いられましたが
欧米の経済回復が進む中で、インフラや自動車向けで鉄鋼や銅需要が急回復しています。
今後の年収/生涯賃金の伸びに期待しましょう。

次は
上場企業全体の年収カーストをご覧ください。

 

(4) 豊田通商の年収カースト

豊田通商の年収カースト状況
豊田通商の年収カースト状況

2021年に発表された豊田通商の年収は例年1,100万円台です。
年収1,000万円超えは、年収カースト上位のプチ富裕層。

東京商工リサーチ調査では日本の上場企業で
平均年収1000万円以上の企業は27社(上位1.47%)しかありませんでした。

豊田通商

2021年の平均年収
30歳   786万円
40歳 1,200万円
50歳 1,407万円

上記は一般事務を含む豊田通商の会社全体の平均のため
総合職だけに絞ると、各年代で+200万円になる見通しです。

つづいて、この高年収を支える豊田通商の給与制度・福利厚生を紹介します。

 

2.豊田通商の給与制度/福利厚生

豊田通商の給与制度、福利厚生

【豊田通商の給与制度について調査レポート】
2010年から年収を約170万円伸ばした企業です。

平均年収が1000万円を超える高収入であっても
新卒の初任給は月給23.5万円ですので、月給は一般的な企業とそこまで差はありません。

むしろ、少し少ないくらいです。
どのように年収が上がっていくのでしょうか?

豊田通商の従業員数は2,692人、平均年齢42.4歳です。
この安定を支える、給与制度や年齢別の年収推移に迫ります。

 

(1) 豊田通商の平均年齢と勤続年数

豊田通商の社員の勤続状況の推移
豊田通商の社員の勤続状況の推移
年齢 平均年齢 平均勤続年数
2010年 41.3歳 16.2年
2011年 40.4歳 15.4年
2012年 40.3歳 14.4年
2013年 40.3歳 14.3年
2014年 40.5歳 15.2年
2015年 40.8歳 15.4年
2016年 41.1歳 15.6年
2017年 41.2歳 15.8年
2018年 41.5歳 16.0年
2019年 41.9歳 16.3年
2020年 42.1歳 16.5年
2021年 42.4歳 16.7年

豊田通商は年功序列色の強い企業であることがわかります。

平均年齢、平均勤続年数は2010年から微増。
社員数は2010年2548人 2021年2692人ですので大きく増えていません。

日本で終身雇用型企業だと、平均年齢が42歳前後
平均勤続年数は17-19年になりますので、豊田通商は典型的な終身雇用企業という事がわかります。

※豊田通商の新卒入社数、転職入社数は
 別ページで調査レポートを載せますのでご覧ください。

続いて、年齢別の年収の推移をご覧ください。

 

(2) 豊田通商の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

豊田通商の年齢別の年収推移
豊田通商の年齢別の年収推移
豊田通商 平均年収 上場企業の平均
25歳 580万円 406万円
30歳 787万円 509万円
35歳 994万円 572万円
40歳 1,201万円 621万円
45歳 1,304万円 647万円
50歳 1,407万円 739万円
55歳 1,511万円 808万円
60歳 1,364万円 730万円

豊田通商の給与制度は、初任給が月給23.5万円です。
ちなみに、元祖メガベンチャーのサイバーエージェントの初任給は月給34万円。

ベンチャー企業はボーナスが少ないので、月給を上げて待遇がよいように見せるのです。
サイバーエージェントとの月給差は10万円もありますが
初年度の年収は、ほぼ同等
2年目からは100万円以上の収入差にあっという間になります。

豊田通商では
36歳頃に年収1000万円を超え
最大年収を迎える50代の年収は1,403~1,527万円になります。

また平均年齢・勤続年数から、年功序列型企業であるとわかりますので
豊田通商の総合職の場合は係長級まで毎年、昇格・昇給しますので
新卒入社された人はほぼ全員が年収1000万円へ到達する見込みです。

5歳おきに、上場企業との年収差を表すとこの通り。
25歳 +174万円
30歳 +278万円
35歳 +422万円
40歳 +580万円
45歳 +657万円
50歳 +668万円
55歳 +703万円
60歳 +634万円

一般的な上場企業と比較しても、働き手1人分多く収入を得ることができます。
※専業主婦になりたい人は、こういう企業で働いている人とめぐり合わないといけません(笑)

次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

(2) 豊田通商の役職別の年収推移

役職

年齢

推定年収

役職なし

23歳〜31歳

452万円~825万円

主任

32歳〜

867万円〜1,032万円

課長補

37歳〜

1,073万円〜1,197万円

課長級

41歳〜

1,217万円〜1,341万円

部長代理

48歳〜

1,362万円〜1,527万円

(opneworkのデータを参考に編集部作成)

 

豊田通商は、年功序列型の企業です。
近年、最高益を更新し続けており、それに伴ってボーナスも増加傾向にあります。

報酬総額で上位商社との差は埋まりつつありますが、
メーカーを意識した給与体系かつボーナス支給額であり、上位商社との比較においては超えられない壁があるのも事実だと思います。

ボーナスは評価によりますが、概ね8-10か月分ほどが支給されております。

具体的には人事制度が変わり昇格にメリハリがついたことも影響し
最短で6年目で主任に昇格可能で、主任であれば概ね1000万円超の年収になります。

その後、最短で32歳から普通でも大体34歳くらいでもうひとつ昇格し管理職扱いになり、

年収はボーナスによりますが大体1200-1400万円になります。

実際の社員からの口コミはこちらです。
28-30歳/主任/900-1100万円
32-34歳/課長補/1200-1400万円
36-40歳/課長/1300-1600万円
40-45歳/部長補/1500-1800万円
その後部長になれば2000万円超え

 

(3) 豊田通商の平均年収の口コミ情報

 

20代女性

20代女性
20代女性
給与制度: 周りの先輩等を見ていても最短30代で年収1,000万に到達するイメージ。 基本給、残業代、家賃補助、ボーナスの4本柱である。 特に家賃補助を含めた各種手当が手厚いため、給与に不満はない。 新卒入社時に社宅住まいを選ぶと、会社から超低価格の借り上げ社宅をあてがわれる為、貯金が増える。 社宅住まいではない場合は、数万/月の家賃補助を受け取る形となる。
月給 残業 賞与 年収
25万円 10万円 150万円 600万円

20代男性

20代男性
20代男性
給与制度: 基本給はそれほどに高くないが、ボーナスではねる印象。業績が良いため8ヶ月分ほどでる。残業代はしっかりでるが、50時間以上は残業しにくい風潮。 評価制度: 上長からの評価と、社内昇格試験によって昇格が決まる。通常であれば4年目にほぼ全員昇格する。評価は妥当性がある。
月給 残業 賞与 年収
27万円 7万円 250万円 660万円

30代男性

30代男性
30代男性
給与制度: 親会社であるトヨタ自動車の給与水準は越えれてはいけないという理由でそこまで高い水準ではない。 評価制度: 上司により大きく差がある。
月給 残業 賞与 年収
32万円 20万円 260万円 900万円

30代男性

30代男性2
30代男性2
給与制度: 基本給はさほど高くないが、ボーナスが安定的に7-8ヶ月分出る。 ここ数年で、管理職ができる職位が一つ下まで広がり、基本給が引き上げられたが、その分昇格枠を絞っている印象。優秀な次世代のマネジメント層が転職で流出するのを防ぎつつ、トータルでの人件費を抑え込む狙いがあると思われる。 評価制度: 発揮能力と業績評価を7段階で相対評価される。
月給 残業 賞与 年収
40万円 15万円 300万円 1020万円

40代男性

40代男性
40代男性
給与制度:以前は 部長代理レベルまでは年功序列だったが、現在は課長になるもの大変。 評価制度: 若い頃の評価は意外に後々まで響く。役員に上がるレベルは間違いなく評価は若い時から変わらないSかA評価である。
月給 残業 賞与 年収
65万円 5万円 400万円 1250万円

50代男性

50代男性
50代男性
等級ごとの給与テーブルとなっている。ボーナスが会社の業績連動であり、年収は業績次第である。
月給 残業 賞与 年収
80万円 - 540万円 1500万円

 

(※openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

(4) 豊田通商の福利厚生/待遇

豊田通商の福利厚生待遇

豊田通商の福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。

実際に豊田通商での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

2021年 新卒採用の募集要項

賞与・休暇 賞与:年2回(7月・12月)
完全週休2日制(土曜日、日曜日)、祝祭日、夏季、年末年始、年次有給、慶弔、リフレッシュ休暇、特別休暇、産前産後休暇、育児休業 他
給与以外の手当 住宅手当(20,000~50,000円 支給条件有)、通勤手当、残業手当、国内・海外出張手当 他
福利厚生 独身寮・社宅、保養所、提携先施設(宿泊施設・スポーツクラブ 他)、社内クラブ活動、各種チケット割引、カフェテリアプラン制度 他

 

口コミからわかる豊田通商の福利厚生

住宅手当 近年、独身寮と社宅を廃止し借り上げ社宅に移行しました。
住宅補助は、管理職等級になるまでは、条件に合えば支給されます。
海外手当 海外出張手当、海外駐在手当があります
若いうちから駐在の機会があります。
退職金 確定拠出年金制度あり
企業年金基金 豊田通商企業年金基金(http://www.toyotsu.or.jp/kikin/)

 

3.豊田通商に転職で入社するには

豊田通商の転職/新卒の採用事情

 

 

豊田通商の企業研究レポート

 

 

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

豊田通商はトヨタ自動車グループの総合商社で

20代から海外駐在にも挑戦ができ年収も1000万円以上確保が100%できる企業でした。

海外へ留学をしていた人は積極的にチャレンジのできる企業でした。

転職も門戸が開かれています。

しっかり準備をして挑んでください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収調査
-, ,