年収700万円台 年収調査

サイバーエージェントの年収は1000万円を超える?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

サイバーエージェントの年収は1000万円を超える?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

インターネット広告業界を代表する大手代理店です。

1998年設立。インターネット広告代理業からネット媒体などへ多角的に事業展開をしています。ネット広告、スマホゲーム、メディアの3事業が柱となっており、特にネット広告の運用のノウハウやアドテクノロジーに強みがあります。スマホゲームは2011年設立の連結子会社サイゲームスが主体で、「グランブルーファンタジー」がヒット。メディアは「アメーバ」が縮小の一方、ネット放送局「ABEMA(アベマ)TV」は2016年4月に開局して以来ダウンロード数は順調に伸び続けています。

今回は広告・ネット広告業界の中でも「サイバーエージェント」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

1.サイバーエージェントの平均年収は734万円

サイバーエージェントの平均年収は734万円

2020年のサイバーエージェントの年収の平均は、734万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は1,702人、平均年齢34.1歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定930~1,040万円程度と予測されます。

 (1) サイバーエージェントの平均年収 推移(2010年から)

サイバーエージェントの平均年収 推移(2010年から)

サイバーエージェントの平均年収 推移(2010年から)

平均年収 サイバーエージェント 業界の平均 上場企業平均
2010年 689万円 616万円  
2011年 697万円 635万円 563万円
2012年 648万円 640万円 570万円
2013年 666万円 659万円 571万円
2014年 720万円 678万円 577万円
2015年 772万円 679万円 588万円
2016年 780万円 676万円 594万円
2017年 703万円 684万円 598万円
2018年 709万円 701万円 605万円
2019年 682万円 712万円 612万円
2020年 734万円 714万円 614万円

今回は、広告・ネット広告業界のサイバーエージェントの年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2020年まで。
サイバーエージェントのここ11年間の平均年収を見てみると ずっと伸び続けているわけではなく波がありますが、2010年と比べ平均年収が44万円(106%)の上昇となっています。
広告・ネット広告業界の11年間の上昇平均は98万円(116%)となっており、業界全体の賃金が上昇していることがわかります。また上場企業の平均では11年間で40万円(107%)です。

広告業界全体としては、新型コロナの影響を大きく受けました。店舗や対面での商品やサービスの提供における消費は減少し、広告宣伝費を抑える企業が多くなりました。また、経済活動の制限や各種イベントの中止は広告費にも大きな影響をもたらしました。
しかし、緊急事態宣言が解除され、ウィズコロナ時代へと社会が動き出してからは少しずつ改善してきているようです。
中でも早い回復が見られたのはインターネット広告費です。実店舗での売り上げが期待できない今、多くの企業でデジタル施策の推進が進んでおり、ECモールへの進出や自社ECの展開により顧客の再獲得・新規顧客の開拓へと動き始めています。その為、SNSの活用、およびSNS広告に注目が集まっています。

 (2) サイバーエージェントの生涯賃金 推移(2010年から)

サイバーエージェントの生涯賃金 推移(2010年から)

サイバーエージェントの生涯賃金 推移(2010年から)

生涯賃金 サイバーエージェント 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 2億6760万円 -  
2011年 2億7070万円 2億2450万円 4620万円
2012年 2億5160万円 2億2729万円 2431万円
2013年 2億6053万円 2億2939万円 3114万円
2014年 2億8170万円 2億3185万円 4985万円
2015年 3億0220万円 2億3631万円 6589万円
2016年 3億0498万円 2億3897万円 6600万円
2017年 2億7520万円 2億4046万円 3474万円
2018年 2億7747万円 2億4320万円 3427万円
2019年 2億6671万円 2億4610万円 2062万円
2020年 2億8484万円 2億4481万円 4003万円

サイバーエージェントに新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
2億8,484万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2020年時点で4,003万円。
おおよそ日本の平均の1.19倍、広告・ネット広告業界の平均値の1.03倍となっています。

日本では上場企業とひとくくりにされますが、このように入社する企業で人生において収入差が出てしまうのです。

 (3) サイバーエージェントの平均年収を業界と比較

サイバーエージェントの平均年収を業界と比較

サイバーエージェントの平均年収を業界と比較

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
電通 1,169万円 4億5380万円
博報堂 1,079万円 4億1887万円
CARTA HOLDINGS 900万円 3億4945万円
サイバーエージェント 734万円 2億8484万円
オプト 702万円 2億7265万円
セプテーニ・ホールディングス 597万円 2億3197万円
アドウェイズ 581万円 2億2559万円
バリューコマース 576万円 2億2349万円
インタースペース 542万円 2億1060万円
GMOアドパートナーズ 523万円 2億0314万円
ファンコミュニケーションズ 452万円 1億7538万円
上場平均 603万円 2億3421万円

今回は、広告・ネット広告業界11社(電通、博報堂、CALTA HOLDINGS、サイバーエージェント、オプト、セプティーニ・ホールディングス、アドウェイズ、バリューコマース、インタースペース、GMOアドパートナーズ、ファンコミュニケーションズ)の平均と、サイバーエージェントの年収推移を比較しました。

結論、サイバーエージェントは業界平均の1.03倍、上場企業の平均年収と比べると1.19倍の収入を得る事ができています。また2010年よりサイバーエージェント内でも平均年収が44万円あがっており、企業としての業績/収益が順調に伸びていることがわかります。

 (4) サイバーエージェントの年収カースト

サイバーエージェントの年収カースト

サイバーエージェントの年収カースト

サイバーエージェントの年収は734万円なので、カーストは“THE 中流層”。

東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収700万円台の企業は304社で、全体の16.51%でした。

上場企業の平均年収は603万円で”一人暮らし貴族”のランク。ここが全体で一番多い割合となっています。

2.サイバーエージェントの給与制度/年収推移

サイバーエージェントの給与制度・年収推移

2020年のサイバーエージェントの年収の平均は、734万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は1,702人、平均年齢34.1歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定930~1,040万円程度と予測されます。

 (1) サイバーエージェントの勤務状況の推移

サイバーエージェントの勤務状況の推移

サイバーエージェントの勤務状況の推移

勤務状況 平均年齢 平均勤続年数
2010年 29.4歳 3.8年
2011年 29.9歳 3.6年
2012年 30.1歳 3.1年
2013年 30.3歳 3.6年
2014年 30.7歳 4.1年
2015年 31.1歳 4.5年
2016年 31.7歳 4.9年
2017年 31.9歳 5.1年
2018年 32.2歳 5.2年
2019年 32.6歳 5.4年
2020年 33.2歳 6.0年
2021年 34.1歳 6.3年

サイバーエージェントの平均年齢、平均勤続年数はここ12年で少しづつ増えてきています。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。

それに比べてサイバーエージェントは平均勤続年数も平均年齢もかなり低いのですが、離職率は12%となっており、それほど高くはありません。中途採用を積極的に行っていることも一つの要因ではあると思います。
また、若手でも実力があればしっかりと評価し昇進のチャンスを与えたり、女性の労働環境改革を行なったり、勤続年数に応じた制度を充実させたことによって少しずつ離職者も減り平均年齢、平均勤続年数ともに伸びてきていると思われます。

 (2) サイバーエージェントの年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

サイバーエージェントの年齢別の年収推移

サイバーエージェントの年齢別の年収推移

年齢 サイバーエージェントの推定年収 上場企業の平均年収
25歳 427万円 406万円
30歳 551万円 509万円
35歳 696万円 572万円
40歳 841万円 621万円
45歳 914万円 647万円
50歳 987万円 739万円
55歳 1,059万円 808万円
60歳 956万円 730万円

サイバーエージェントの給与制度は、新卒で34万円~/月(年俸制408万円~)となっています。
最大年収を迎える50代の年収は973~1,120万円になります。

日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳    +21万円
30歳    +42万円
35歳   +124万円
40歳   +220万円
45歳   +267万円
50歳   +248万円
55歳   +251万円
60歳   +226万円

となり、上場企業の平均よりも高い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 (3) サイバーエージェントの役職別の年収推移

役職 年齢 推定年収
役職なし 23歳〜27歳 400万円~700万円
主任 28歳〜 710万円〜860万円
係長 32歳〜 800万円〜1,020万円
課長 37歳〜 1,060万円〜1,210万円
部長 45歳〜 1,180万円~1,330万円

(openworkのデータを参考に編集部作成)

サイバーエージェントのHPによると、経営人材を早期に育成するために若手社員向けの様々な仕組みを導入しているようです。20代の管理職の割合は21.7%、20代の管理職の男女比は男性71.6%・女性28.4%となっています。そして、すべての事業部で20代で管理職になれるチャンスがあります。
また、新卒入社後に子会社社長になるケースも多く、子会社社長の年齢は20代が23.0%・30代が67.0%・40代以上が10.0%と、20~30代の社長が9割を占めているようです。このデータからも若手社員の育成に力を入れていることがわかります。入社後3年目までに昇格する割合は72.8%となっており、年齢に関係なく とても早い段階で昇格出来るチャンスはあります。

 (4) サイバーエージェントの口コミ情報

20代女性

20代女性
20代女性
給与制度: 半年に一度の査定面談で上司により昇給額が決まる。定量と定性どちらも評価されて額が決まるが、はっきりとした成果による判断がされていないと感じる。また営業は月毎に達成インセンティブが発生する。
評価制度: 定量面での目標は各局長が決定するが、正しい目標が常につけられている、とは感じない。 定性面での評価も重視しているが、こちらは発信が得意でアピール上手なものが評価されるため、こういうことが苦手なタイプは辛い。
月給 残業 賞与 年収
- - - 500万円

20代男性

20代男性
20代男性
給与制度: 賞与は基本的になく、部門によっては目標達成のインセンティブがある。 広告代理店部門では各種達成インセンティブによって年収が100〜150万円増えるとのことだが、メディア事業部の達成インセンティブはお小遣い程度。 また全員が対象ではなく、売上や粗利等の目標を持っているもののみが対象。

評価制度: 半年に一度査定が行われる。 基本的にはその半期の成果と実力値を総合的にみて判断される。 若手のうちは成果がそこまで上がっていなくても月給1万円ほどは、毎回の査定で昇給する。

月給 残業 賞与 年収
- - - 540万円

20代男性

20代男性2
20代男性2
給与制度: 基本は年俸制。12ヶ月で割って支給される。ノルマ達成によるインセンティブがある。最近は会社全体の売り上げが良くボーナスが出ている。Abemaが赤字の間しばらくはなかった。
月給 残業 賞与 年収
- - - 700万円

30代男性

30代男性
30代男性
給与制度: 賞与はなく、半期ごとの査定による年俸制。手当ては、住宅手当(2駅ルール、どこでもルール)など独自の制度が充実している。

評価制度: 定量定性を半期ごとに上長が評価。

月給 残業 賞与 年収
- - - 1008万円
(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 
 

 (5) サイバーエージェントの福利厚生/待遇

サイバーエージェントの福利厚生・待遇

サイバーエージェントの福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際にサイバーエージェントでの勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

2021年 新卒採用の募集要項

手当 残業手当、交通費全額支給
休日・休暇 ・完全週休2日制(土曜・日曜)
・祝日 ・夏期休暇(毎年3日間)
・年末年始休暇(12月29日~1月3日)
・年次有給休暇(初年度10日間)
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・育児休暇
・リフレッシュ休暇 休んでファイブ(勤続2年間で毎年5日間) など
保険 健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)、雇用保険、労災保険、厚生年金保険
福利厚生・諸制度 家賃補助制度(2駅ルール、どこでもルール)、エンジニア向け新制度「ENERGY(エナジー)」 、退職金制度(勤続インセンティブ)、従業員持株会、社内カウンセリング制度、慶弔見舞金制度、社内親睦会費補助制度、無料マッサージルーム完備など
 

20代女性

20代女性
20代女性
福利厚生:会社から2駅以内に住むと、住宅手当が出るという制度がある(勤続が5年以上になると、どこに住んでも住宅手当がもらえるようになる)。

オフィス環境:オフィスは清潔で綺麗。会社内にはコンビニやカフェ、食堂が併設されている。

20代男性

20代男性
20代男性
オフィス環境:オフィスはとてもきれい。社内カフェなども充実している。飲み会や交流会が多い。(今はコロナの影響でないが)部署の打ち上げや仕事終わりの飲み会も頻繁にあった。明るくノリの良い人が多いので楽しい環境だと思う。

30代女性

30代女性
30代女性
福利厚生:職域接種でコロナのワクチンを早めに打てた事は非常に良かった。
オフィス環境:最寄駅は渋谷だが比較的静かなエリアにある為、働きやすい。ただ、夜になると本社周りに酔っ払った若者がたむろしている事が多い。

30代男性

30代男性
30代男性
福利厚生:退職金は年数働ければ老後は不自由なく暮らせる金額もらえるかと。
オフィス環境:カフェの設備やアメニティグッズも揃っているのでいい環境。会議室も何個かあるので急な客人対応や同時にミーティングを行えるのでとても良い。

(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 
 

3.サイバーエージェントに新卒/転職で入社するには

4.サイバーエージェントの過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
maneger

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収700万円台, 年収調査
-, ,