pickup
20200526本日のニュース
スポンサーリンク
昨日の日経平均株価終値 20,74165銭 (+353円49銭 )
最新の有効求人倍率  1.32倍(2020年3月・季節調整値×除パート) ※毎月月末更新
有効求人倍率推移

引用:一般職業紹介状況(令和2年3月分及び令和元年度分)について(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00034.html)

1.5/26朝刊:本日のニュース1本ピックアップ

 

[産経]【主張】緊急事態全て解除 次の波への備えを急げ 対応検証し新たな戦略を示せ

 

新型コロナウイルスの感染状況や医療体制などが改善したとして、政府は首都圏の1都3県と北海道で継続していた緊急事態宣言を解除した。4月7日以来の宣言は、今月末の期限を待たずに全ての都道府県で解かれた。

 国民挙げての努力で感染状況が落ち着いたことはよかった。これからは、自粛の副作用で冷え込んでしまった社会経済の活動再開へ歩み出したい。

 

2020年5月25日に安倍首相から全都道府県の緊急事態宣言解除のニュースが流れました。その翌日の各社新聞には、緊急宣言解除はもちろんですが、各業界/各社の業務のオンライン化の記事が掲載されています。既に各市場はアフターコロナに向けた取り組みが進んでいます。この大きな変化を力に変え、市場をけん引する企業はどこになるのでしょうか。本日はアフターコロナについて考察をしてみたいと思います。

 

編集安井
アフターコロナに向けた記事が加速しています、アリババが日本の市場に向けて新クラウドサービスの投下も本日ニュースとなっています。柔軟な海外勢に対して日本勢は適者生存できるでしょうか。
ダーウィン
最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

自然淘汰とは『強者生存』ではなく『適者生存』であるという意味。

現状把握

・緊急事態宣言によるテレワークの浸透により、これまでの文化に変化が起きている。

 (捺印の電子化、対面接客のアプリ化、対面営業から非対面へ、業務のAI化)

・2017年ころからRPA(Robotic Process Automation)の市場が活気づき、先んじて取り組んでいた企業がアフターコロナに対する取り組みで先陣を切っている。

・2020年3月期の業績は各社純利益が減少(郵船は経常利益ゼロ、味の素利益37%減、清水建設純利益1%減など)。人材/利益確保に向けて日本は一層、電子化・業務の自動化が進むことになる。

 

考察を考える

・日本には“秘伝のタレ”文化が存在する。自分独自のやり方を確立し、それにより高パフォーマンスを発揮する手法。

・終身雇用で定年まで働き続ける企業には、既得権益を得ようとする人がいて、業務を秘伝のタレ化が日本の社会では一定規模存在していた。

・RPAとは業務の自動化であり、アプリや電子化の流れを考えると、今後必要とされるのは、「業務設計をする企画者」「仕組を作るエンジニア」の大きく2パターン(簡単な作業者は非正規になってく想定)

 

本日の雑感

新型コロナによりオフィスの解約・縮小を始めたIT業界、対面接客から非対面にシフトを始めた営業職、教育は動画学習が進み、行政はIT化が進んでいないことが表面化した。

 

一つ一つは小さな変化かもしれませんが、新型コロナの第二破を覚悟し対策を進める企業とそうでない企業に大きな差が生まれようとしていると感じた本日の雑感です。

 

※本日の日本経済新聞朝刊には、6月8日・9日の世界デジタルサミットの記事が載っています。

 

抜粋

「変わりゆく働き方 ~場所、時間、働き方を解き放て~」
「デジタル時代のコミュニケーションやコラボレーションの未来」
「新型ウイルスが促すデジタル変革」
「これからの社会の持続的成長にむけて」
「Digital Inclusion -デジタルのチカラで、ひとりひとりが輝く社会へ-」
「枠を超えて、先進テクノロジーでけん引する『ニューノーマル』」
「5G and Business」

 

まさにアフターコロナを戦うためにあるようなサミットです。

無料ライブ配信ですので是非ご覧になってください。

 

 

2.5/26朝刊:人材ニュースの見出しピックアップ

 

[日経]コロナ重症患者治療、診療報酬3倍に上げ、中医協は決定。
[日経]正社員って何だろう(4)「社員」多様化、労組も旗振り――休業店員、スーパーに橋渡し(働き方innovation)
[日経]人材サービス大手のエン・ジャパンが発表した4月の派遣社員の募集時平均時給は0.3%の小幅上昇、民間調べ、三大都市圏。
[日経産業]就活「ライブ」ウェブ面接、「受けた」4月に6割、民間調べ、前月比20ポイント増。
[朝日]「非正規に休業手当払われず」 「紅虎」運営側に団交を申し入れ
[朝日](けいざい+)派遣添乗員の苦境:上 補償拒まれ「完全に収入ゼロ」
[毎日]新型コロナ:新型コロナ テレワーク、徐々に浸透 「新たな営業」手法模索 課題は情報共有・労務管理
[産経]パナ、採用選考を9月まで延長

 

3.5/26朝刊:政治・経済ニュースの見出しピックアップ

 

[日経]緊急事態全面解除、1カ月半ぶり、経済再開に軸足、全国移動は来月19日解禁。
[日経]5都道県、休業要請を段階緩和、都、飲食店午後10時まで。
[日経]お粗末なオンライン行政(社説)
[日経]「7割経済」向き合う企業、車は世界販売2割減、外食は客席半分や値下げ。
[日経]緊急事態宣言解除、首相会見要旨―10万円給付の遅れ「反省」、「新たな日常」つくり上げる。
[日経]資本支援長期化に備え、2次補正、今夏にも劣後ローン、外食・宿泊、経営厳しく。
[毎日]新型コロナ:新型コロナ ひとり親世帯、最大10万円 臨時給付金、子ども1人で 政府・与党

 

4.5/26朝刊:各業界・企業ニュースの見出しピックアップ

 

[日経]国産ワクチン7月治験、アンジェス、年内実用化狙う。
[日経]脱ハンコ、金融取引でも、三井住友やみずほ銀、融資の電子契約急増。
[日経]日本取引所CEO「株主第一主義から変化」、コロナ契機に。
[日経]証券、店頭業務を再開へ、緊急事態全面解除、訪問営業は自粛。
[日経]証券、ポイントで競う、大和、ポンタと連携発表。
[日経]野村系IT企業、富士通と連携、ブロックチェーンで。
[日経]欧米、不動産減速の足音―住宅ローン鈍化、コロナ追い打ち、企業倒産増、銀行に打撃(金融コンフィデンシャル)
[日経]タイ航空、法的整理、政府が株3%売却、リストラへ「国営」外し。
[日経]コロナ時代の働く(1)不安の時代、自分を頼れ―隙間で手に職、フリーランス人気、在宅、社員の能力差映す。
[日経]アマゾンなど米IT、総会本格化、ロビー費報告で攻防も。
[日経]経営陣刷新の株主提案、大戸屋が反対表明、「委任状争奪戦も想定」。
[日経]三菱航空機、北米2拠点を閉鎖、旅客機開発見直し。
[日経]国内パソコン出荷、4月5.3%増。
[日経]オフィス供給、過去2番目に多く。
[日経]三陽商会、きょう株主総会。
[日経]CEATEC、オンラインで開催。
[日経]スペイン政府は25日、日産自動車が閉鎖を検討している同国バルセロナの完成車工場存続へ支援。
[日経]キヤノンマーケティングジャパン、店舗の「3密」監視。
[日経]日本製粉、ニップンに社名変更。
[日経]クボタ、半額農機で新興国市場耕す、印エスコーツと共同ブランド、食料需要増加に商機。
[日経]4月の世界粗鋼生産13%減、中国横ばい、存在感増す。
[日経]クボタ、半額農機で新興国市場耕す―複数ブランド展開の戦略、営業など分散リスク、顧客層の拡大狙う。
[日経]ファミマ、FC加盟店5%が時短、787店、来月から。
[日経]4月の外食売上高4割減、マイナス幅最大。
[日経]タクシー配車のMOV、流しでもアプリ決済、音波を活用。
[日経]松田昌士氏死去―冷遇に屈せず信念貫く、国鉄改革3人組(評伝)
[日経]AIが人事、あなたは納得?、業界団体「最終判断、人の関与を」、透明性の確保に課題。
[日経]三越伊勢丹HD、スマホでオンライン接客、来月刷新のアプリに導入。
[日経]いすゞ、EV小型トラック実用化、20年代前半にも。
[日経]大東建託、AI活用の家賃査定、新築物件も対象に。
[日経]AIが人事、あなたは納得?―日本型雇用、導入の壁に。
[日経]バンダイナムコエンターテインメント社長宮河恭夫氏(上)上司説き伏せヒット生む(私の課長時代)
[日経]豚肉・野菜、卸値高止まり、飲食店・学校再開で需要増、天候不順で供給不安、緊急事態宣言解除。
[日経産業]製紙に迫るコロナの影、大手6社、前期は「特需」寄与も…、在宅増え需要減加速。
[日経産業]東洋炭素、黒鉛部材を増産、5Gで需要拡大にらみ。
[日経産業]住宅、広がるネット商談、積水・大和がビデオ会議。
[日経産業]アリババ、日本向け新クラウド。
[朝日]スペースジェット、開発態勢を縮小へ 三菱重、北米2拠点を閉鎖

 

5.5/26朝刊:業績ニュースの見出しピックアップ

 

[日経]FA大手、ダイフク優位、半導体関連の回復寄与、今期営業増益、ファナックなど、車向け落ち込み。
[日経]郵船、今期経常益ゼロ、コンテナ船・車運搬船不振。
[日経]トリドール最終赤字7億円、今期。
[日経]日ケミコン赤字59億円、前期最終、コンデンサー受注低迷。
[日経]味の素純利益37%減、前期、欧州の設備巡り減損。
[日経]清水建、純利益1%減、前期、土地巡り減損。
[日経]王子HD純利益14%減、今期、内外で印刷用紙減少。
[日経]製造業、前期30%減益。
[日経]日立造の前期、純利益60%減、保有株の評価損響く。
[日経]H2Oリテイ、最終赤字131億円、前期、発足以来初。
[日経]ESGマネー、巨象動かすか(一目均衡)
[日経]東証、デルタフライ株の信用取引に関する臨時措置を解除。

 

参照データ
引用1:日経新聞朝刊
r.nikkei.com/search?keyword=%E6%9C%9D%E5%88%8A
引用2:朝日新聞朝刊
www.asahi.com/shimen/20200522/
引用3:毎日新聞朝刊
mainichi.jp/ch150900103i/%E6%9C%9D%E5%88%8A
引用4:産経新聞朝刊
www.sankei.com/flash/newslist/flash-n1.html
引用5:日経MJ(流通新聞)
www.nikkei.com/
引用6:日経産業新聞
pr.nikkei.com/lp/ss_viewer/
※社会人となったら新聞は購読することをお勧めします。経済系でしたら日経新聞が一番詳しいです。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事