「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」第2話:新証拠品が26年間止まった時を動かす!!真犯人は…!?

この記事はだいたい10分程度で読めます

[box class=”box26″ title=”ざっくり記事をまとめると”]1.26年前の事件の現場に落ちていたという水晶の遺留品を受け取った深山
2.事件現場の金沢に行き、仲間と共に再調査に乗り出す

3.深山は父親の無実を証明し隠された事実に辿り着けるのか…!?[/box]

[say name=”採用アシスタント” img=”https://saiyopro.com/wp-content/uploads/2018/01/d02baf5ba39cdb3c41c8b3f74ed6dcb4.png”]ずっと犯罪者の家族というレッテルを貼られて生きてきた深山。一番知りたかった“事実”が明らかになるのでしょうか。本当の敵とは何なのか…長い年月を越えて事件をどう解明していくのか…楽しみです![/say]

【第1話のあらすじ】

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。
しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」第2話(121日放送) 放送内容の振り返り

美由紀(野々すみ花)から26年前の殺人事件の現場に落ちていた水晶の遺留品を受け取った深山(松本潤)は明石達也(片桐仁)に、資料を持って金沢まで来る様にと電話する。

追い求める勇気…深山の父親の冤罪を晴らせ!!

班目(岸田一徳)は舞子(木村文乃)に深山の父親のことを話す。本人は否認し続けたが一審で有罪判決が出て、控訴したが拘置所で亡くなってしまった…法律上刑は確定しなかったが世間は違う、彼の父親は犯罪者として死亡し、彼は犯罪者の家族として生きてきた、と…。舞子は自分が過去に関わった苦い事件を思い出す。彼の父親の事件は間違いなく冤罪だ、元裁判官だからこそ見えることがある、弁護士は追い求める勇気が大事だ、ここを去る前にもう1つお願いしたい、と班目は舞子に言い、舞子は金沢に向かう。

深山は金沢地方検察庁に行き、人事異動で赴任していた検察官の丸川貴久(青木崇高)を待ち伏せ、事件調査の協力を頼む。

舞子は明石の所に行き、自分も金沢に行く事になったから事件の詳しい話を聞かせて欲しい、と言う。

【事件当日、深山の父親・大介(首藤康之)は翌日の材料を仕入れに出かけていた。その帰りの2040分頃、駅前で知り合いの鏑木美里を見つけ、家まで送るよ!とピックアップした。彼女を車に乗せた大介は2050分頃コンビニの前で彼女を降ろし、21時過ぎには帰宅した。これは深山の母親が証言しているが裁判官からは家族の証言だから信用がないとされた…。】

そして舞子と明石は金沢に向かう。

【捜索願いは次の日の朝に出された。美里の母親はスナックで朝の3時まで勤務していた。妹は美里の帰りが遅いと思いながらもバイトで遅くなることはよくあるので先に寝たという。母親は帰ったが疲れていてそのまま寝てしまって翌朝美里がいないことに気付いて警察に通報。捜査開始から数時間後、林の中で遺体を発見。駅の防犯カメラに美里が大介の車に乗り立ち去る所が映っていたから大介に疑いの目が向けられた。そして現場には大介が美里に貸した傘が落ちていたという。警察は大介への疑いを深め、その数日後大介は逮捕される。近所の人は21時過ぎに大介が車で帰宅したのを見たと証言した、死亡推定時刻は21時過ぎ…目撃者の証言によりアリバイは証明されるかと思われたが、検察が訴因変更(公判の途中で検察官が起訴状に記載した犯行に関する事実等を変更や追加すること)をし、犯行時刻の幅が広げられ、目撃者の証言は意味を持たなくなった…。】

一度レールに乗って走り出したものは簡単に覆せないんでしょ!?と明石は舞子に言う。

深山は丸川に水晶の遺留品を見せる。当時の捜査記録をあたってこの遺留品の扱いがどうなっていたのか調べて欲しい、と深山は依頼する。

班目は佐田(香川照之)に、大介の事件の件で新たな証拠が見つかった、と話す。

そして明石と舞子は金沢につき、深山に会う。そして水晶の遺留品の写真を美麗(馬場園梓)に送って調べてもらうことにする。

その頃丸川は大介の資料を調べる。

翌日深山達は丸川と会い、水晶の遺留品について聞く。遺留品は美里の鞄の近くに落ちていた。事件後に雨が降って出来た水たまりの中で見つかった為、指紋もDNAも検出されなかった。警察は被害者の持ち物だと決めつけて早くから返していたという。他に裁判に上がっていなかった捜査記録は、被害者はコンビニに立ち寄っていなかったとコンビニの店長が証言したことだという。これは大介には不利な情報だった。

丸川が大介の事件を調べていることを知った上司は、その事件の担当検事だった大友検事正(奥田瑛二)に報告する。

深山は美里がコンビニに入らなかったのは会いたくない人がいたからではないかと考える。そしてコンビニの元経営者について調べ、会いに行く。

美里は留守番をしている妹の為にいつもバイト帰りによってシュークリームを買っていたという。事件の夜は雨が降っていて20時以降は誰も客は来なかったと元経営者は話す。

深山は舞子に、当時美里が会いたくない人間がいたか妹の美由紀(野々すみ花)に聞いてきて、と頼む。

班目法律事務所では舞子の為に!!と落合(馬場徹)が水晶の遺留品について調べていた。

佐田が週末は家族と一緒にゆっくり過ごすと聞いた班目は…

裁判官は麻痺している…!?深山達は事実に辿り着けるのか!?

裁判官は被告人と直接向き合うこともなければ何時間も話を聞くこともない、普通の人は人の一生を決める大事な判決を簡単には下せない、それを公正に判断出来ていると思っているなんて麻痺している、と深山は舞子に言う。この件はもう時効が成立しているのになんでここまでして事件を解決しようとするのか!?と聞く舞子に深山は、僕は事実を知りたいだけだ、という。

休日の朝、家でくつろぐ佐田の所に班目が来る。班目は佐田への特別報酬だ、と言い金沢の高級旅館のチケットを佐田の妻・由起子(映美くらら)に渡す。日付は今日になっていた。佐田は娘が水晶の携帯ストラップをしていることに気付く。

舞子は美由紀に会いに行く。事件の数ヶ月前から姉は誰かから付きまとわれていると言っていた、家には無言電話もあった、警察にも話してある、きっとそれが大介だ、と美由紀は話す。しかし、そのことは裁判記録には何も書かれていなかった。美由紀が話したという警察官の三宅に深山と舞子は話を聞きにいく。

それは事件後マスコミが深山の家に詰めかけた時警護してくれた警察官だった。三宅は美由紀から聞いたことを上司に報告したという。

そして深山が出した水晶の遺留品を見た三宅は表情を変える。

深山は丸川に、当時美里が誰かから付きまとわれていたという資料を探して欲しい、と連絡する。

旅館に戻って合流する3人。三宅が上に上げた情報が裁判に出なかったということは警察の上層部が握りつぶしたか検察が隠したということ?と言う舞子。

そこに大きな荷物を持った佐田がやって来る。

そして水晶の遺留品を見た佐田は、自分の娘が同じものを持っていることに気付く。

水晶の遺留品の販売元が判明!!深山達は調査に向かう!

深山達の部屋に佐田の妻由起子と娘を呼び、どこで買ったのかと聞くと、これは有名な縁結びの神社のもので、彼氏からもらった、信州の西塞山山頂にある神社だ、と娘は答える。

丸川は上司が出かけた後、資料を調べ、深山に電話をする。

第一発見者は派出所の三宅と小倉という警察官だった。

犯人が警察官だとしたら現場に指紋やDNAが残ってたとしても証拠から除外される、三宅が犯人の可能性が出てくる、このお守りを見た時一瞬動揺したから…と深山は言う。

そして深山、佐田、舞子、明石は西塞山に登る。そして山頂の神社で水晶のストラップを見つける。すぐに下山して入山受付所の記録をチェックしに行く、と深山は言い、明石は弁護士になれる様にとお守りを買い、佐田は娘が彼氏と別れる様にと祈る。

そして入山受付所で過去の記録に三宅の名前がないか皆で探す。

班目は大友と会い、今深山が金沢に行っている、もし深山が何かを掴んでも邪魔をしない様に!私が彼を全力で守る!と宣言する。

入山受付所の記録には何度調べても三宅の名前はなかった。深山はある名前を見つけ、今までのことが一つに繋がる。美里に付きまとっていたのは…と言うと深山は急に走って外に出る。そして野菜の無人販売所に行き野菜を手にすると、「透明人間とウメーインゲン!」「キュウリ走り出してトマトったでしょ!?」「ナス術無し!?」と親父ギャグを言い笑う深山。それを聞いた佐田も大笑いする。

26年越しの因縁に決着なるかー!? 深山VS大友 遂に直接対決!

深山、佐田、舞子は大友に会いに行く。深山は水晶の遺留品を見せ、これは被害者のものでも父のものでもない、と言う。現場にあった折りたたみ傘には大介と美里と第一発見者の警察官の指紋がついていたと聞いている、美里が誰かからしつこく付きまとわれていたという証言もある、美里は大介にコンビニの前で降ろされた後コンビニに行かなかったのは中に会いたくない人物がいたからだ、客は誰もいなかったが巡回中の警察官はいた、と深山は言う。そして深山は入山記録のコピーを大友に見せる。そこには三宅と同じ派出所に勤めていた小倉の名前があった。美里に付きまとっていたのは小倉だった…。深山は大友に、小倉が縁結びの水晶のお守りを持っていたこと、小倉は傘に1カ所しか触れていないが2カ所から小倉の指紋が検出されたこと、小倉が美里に親しげに声をかけていたことについて確認済みであることを話す。起訴された後三宅は、小倉が怪しいと上司に話したが相手にされなかったという。既に起訴され、レールに乗っていたから…。そして三宅は直接大友にも報告していたが、もし私達が間違っていたとしても最後に裁くのは裁判官だ、と大友は言いこの事実が表に出ることなく裁判が始まり大介に有罪判決が下ったのだった。

 

ー事件の真相—

大介の車を降りた後、コンビニに小倉がいるのを見た美里はコンビニから逃げ去る。小倉は美里の後を追いかけ、水晶のお守りを手に交際を迫った。しかし、美里はそれを拒み傘で必死に抵抗するが、カッとなった小倉は思わず彼女を殺してしまった。現場で遺体を見た際、揉み合った時に傘を触ってしまったことを思い出した小倉は指紋が残る様にわざと傘を素手で掴んだ。でも、逆の手で掴んだとは思わず、三宅から疑われることとなった…。

 

小倉は警察を辞めた後海外に移住していた。それによって時効が成立していない可能性がある。必ず彼のことをつきとめて当時の捜査がいかに杜撰だったかを証明する、と言う佐田に大友は、君達の努力は尊敬に値するが今更掘り起こしてもどうもならない、小倉は既に亡くなっている、チベットの山で3年前に滑落して亡くなった、残念だったな、と言う。残念なことはない、僕はただ事実を知りたかっただけだ、あなたは小倉さんのことを調べていたんですね、どうしてですか?と深山は聞く。黙り込む大友。深山はそのまま帰って行く。検察は最後に裁くのは裁判官だ!と言う…、裁判官は検察が挙げてきた証拠だ!と言って判決を下す…、そして我々弁護士は時に依頼人の利益を優先して打算的になることがある…、裁かれる人の人生には誰も責任を負おうとしない!裁判とは一体誰の為にあるんでしょうね!?と佐田は言い、帰って行く。

深山は丸川に大友が最後まで認めなかったことを報告する。もし今回協力してもらったことであなたに対してこの先見えない力が働いたとしたら申し訳ない、と深山が言うと丸川は、今回は私の判断で自分の信念に従ってやったことだ、もしそうなったとしても悔いはない、この大きな過ちに対し事件に関わった全ての検察官・裁判官は誰も君に謝らないだろう、同じ立場の人間としてせめてもの償いに…と言い丸川は深山に頭を下げる。

深山は美由紀の所に行き、美里の仏壇に手を合わせる。三宅からの手紙により、大介の誤解は解けていた。そして大介にごめんなさい、と美由紀は謝る。

大介の墓の前で話す深山と班目。無実を証明出来ても父は戻って来ない、だからたった一つの事実が見えただけで十分だ、と深山言う。班目は大友があいつなりにけじめをつけて辞職したことを話す。裁判官が公正に真相を見極められなかったことにも問題がある、我々が戦う相手は闇が深いな…と班目は言う。そして、大介、すまないな…でもやっと終わった、と班目は墓に語りかける。

1人ベンチで、麻痺してるのかな…と呟く舞子。決意した表情で弁護士バッヂをはめて歩き出す。

そして舞子は班目法律事務所に正式に入所する。嫌がる明石と頭を抱える佐田。深山は舞子をからかいながら出かけていく。

 

《次回に続く》

99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」第3話(1月28日放送) 予告

 

超人気ロック歌手が殺人容疑!?

「茅ヶ崎さんが逮捕された!?」(佐田)

「殺してねーのに!」(茅ヶ崎)

襲われた目撃者

「顔を見ました」(目撃者・石川)

佐田に弁護士生命の危機—

「殺人犯を守る為に噓をついた悪徳弁護士…」

弁護士・舞子が挑む初事件!!

「お前に出来ることは何だ?」(舞子)

遂に裁判官との攻防戦が始まる!!

「改めて実験すべきです」(深山)

[say name=”採用アシスタント” img=”https://saiyopro.com/wp-content/uploads/2018/01/d02baf5ba39cdb3c41c8b3f74ed6dcb4.png”]皆最初は嫌々ながらも深山を信頼し協力し、事件と真剣に向き合っていくチームワーク、素晴らしかったですね!検察も裁判官も弁護士も、誰も裁かれる人の人生に責任を負おうとしない、という言葉は重いですね。相手を信じているからと言えば聞こえがいいですが、相手が出してきたものを鵜呑みにするのではなく、きちんと自分で責任をもって見極めるということはビジネスや普段の生活においても大切ですね。次週は佐田が窮地に陥るようです。深山と舞子は佐田を救えるのか!?そして法曹界の闇とどうやって戦っていくのか!?次週も見逃せません!![/say]  

関連キーワード
  • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第1話:美しい悪魔…地獄の新人研修!!
  • 99.9刑事専門弁護士シーズン2最終話
    「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」最終話:あなたは何の為に法廷に立つのか?事実はたった一つ!!
  • もみ消して冬 最終話
    「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」最終話:父さんの為に… 最後の北沢’sプライド!!
  • BG身辺警護人_vol.10
    「BG〜身辺警護人〜」最終話:敵は国家! 最後に守るのは…
  • 99.9刑事専門弁護士シーズン2第8話
    「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」第8話:司法の闇に宣戦布告!!
  • もみ消して冬 第9話
    「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」第9話:秀作出生の真実が明かされる!「僕の居場所はここじゃなかった…」
おすすめの記事
採用PRO|面接官のホンネについて
6.採用PROのあれこれ
 だいたい5分程度で読めます 面接官のホンネを運用している採用PROです。 筆者のこと、このブログのことについて簡単にまとめたいと思います...