「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」第8話:靴泥棒を見つけ出せ!!盗んだ理由とは…!?

この記事はだいたい5分程度で読めます

[box class=”box26″ title=”ざっくり記事をまとめると”]1.秀作は里子を泰蔵に紹介する為に北沢家に連れて行く
2.ところが帰らないはずだった知晶、博文が帰って来て尾関、手毛綱もやって来る
3.そして里子の靴がなくなり、秀作は犯人探しを始める[/box]

[say name=”採用アシスタント” img=”https://saiyopro.com/wp-content/uploads/2018/01/d02baf5ba39cdb3c41c8b3f74ed6dcb4.png”]今回は最後まで展開が読めませんでした。靴を盗った理由、そして犯人に驚かされます!![/say]

【第7話のあらすじ】

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。
ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。
実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。
一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。

「もみ消して冬」第8話(3月3日放送) 放送内容の振り返り

秀作と里子の恋 新展開

秀作(山田涼介)が里子(恒松祐里)の家に行くと里子は部屋のベッドで寝ていた。これは僕の男らしさを試す最終試験だ!しかし本当に寝ているとしたら準強制わいせつ罪に当たる場合もある…と秀作は思い悩むが、きっと寝ているフリだという結論に達し、電気を消して…

翌朝家に戻った秀作は皆に恋人が出来た事を報告する。泰蔵(中村梅雀)は、今度家に連れて来なさい、と言う。

博文(小澤征悦)は善財(竹森千人)に、おめでとう!副院長落選したんだってな!と嬉しそうに言う。博文も副院長は落選していた。財前は博文にミルキー王国が潰れていた事を話し、博文は驚く。

秀作は父親に紹介したいと里子を家に誘う。里子は、ご挨拶出来る事は嬉しい、と承諾する。

 

秀作は里子を家に連れて行く。博文と知晶(波瑠)は留守だった。今学校でイジメが問題になっている。一番優秀な子がいじめられている、と悩む泰蔵に里子は、自分もいじめられた事があっていじめた上級生達を捕まえボコボコにした、と言い秀作と泰蔵は驚く。そして里子は泰蔵の本の大ファンだ、と言い泰蔵と話が盛り上がる。その一方里子はテーブルの下で足を秀作の足に絡ませ、スリルを楽しみ始め秀作はヒヤヒヤする。里子は出て来たフォアグラに目を輝かす。その時泊まってくるはずだった知晶が帰ってくる。知晶はわかっていながら意地悪な話を里子にして秀作は思わず知晶を追い出す。そして遅くなるはずの博文まで尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を引き連れて帰ってきた。尾関を見た知晶は、その人を私の半径3m以内に近づけないで!と言う。そこで急遽、尾関が有罪か無罪かの公開裁判が開かれる。里子は秀作と2人きりになると秀作にキスを迫るが博文に覗かれ秀作は慌てる。

北沢家で事件発生!里子の靴が盗まれた!!

博文に頼まれ物置に行った秀作は玄関に里子の靴がないのに気付く。これはまさか彼女に対するイジメ!?交際を快く思っていない人物が隠したのか!?と秀作は考える。

 

尾関は有罪となり執事部屋に禁固一時間、面会禁止で監禁される。尾関が知晶にキスした事を知り秀作は驚く。

秀作は尾関に、里子の靴を誰かが意図的に隠したのでは…と相談する。尾関は犯人を捜して自白させるのが早い、物置に行かせた博文が一番怪しい、と言う。

秀作が博文に問いつめると博文は否定し、疑うべきはお前の幸せが憎い知晶だ、と言う。

次に知晶に聞くと、父さんが怪しい、あれだけ家柄や礼儀にうるさい父さんがあんな女をすんなり認めるわけない、と言う。

泰蔵に聞くと、裏表のない里子には好感を抱いている、犯人は1人心当たりがある、娘から誕生日プレゼントに靴をせがまれている小岩井だ、と言う。

小岩井に聞くと、私を疑うなんてあんまりだ!里子が履いて来た靴を可愛いと写真に撮っていたコスプレ好きの楠木が怪しい、と言う。

楠木に聞くと、いつか作る参考にしようと写真を撮った、コスプレの衣装や靴は全てハンドメイドだ、真っ先に靴に反応していた手毛綱が怪しい、それに手毛綱は匂いに興味がある、と言う。

手毛綱に聞くと、匂いフェチは衣類専門で靴には興味がない、犯人は尾関だ、と言う。

最後に再び尾関を問いつめると、この家に来てから一度も玄関に行っていない、動機もない、と言われる。困り果てる秀作に尾関は、里子が自分に注目と同情を集める目的で自作自演した可能性がある、と言う。

靴泥棒を見つけ出せ!!

その時楠木に秀作は呼ばれ、今度は里子の公開裁判が始まる事を知らされる。交際を始めるにあたって秀作から何か言葉はあったか?と聞かれる里子。男らしく「付き合おう」と言われた、と答える里子に知晶は、そんなわけない、と反論する。その後も付き合う事になった状況や気持ちを事細かに皆から聞かれ、嬉しそうに答える里子と秀作は皆から祝福される。家族に溶け込む里子を秀作は微笑ましく見つめ、そんな里子が犯人のわけがない!犯人は必ず見つけ出す!と秀作は決意する。

DVDを返したりクリーニングも取りに行きたいからそろそろ帰ろうと思う、と言う里子に秀作は慌てて自分が代わりに行くからまだゆっくりしてて、と言う。そして小岩井に誰も玄関に近づけない様にと言い出かけて行く。そして帰りに神社で絵馬に「彼女の靴が無事に戻ってきます様に みんなに温かく受け入れて貰えますように」と書きお祈りをして帰る。

 

靴はまだ見つかっていなかった。小岩井は知晶の部屋だけは探せていないと秀作に話す。リビングに戻ると里子はソファーで寝ていて、泰蔵、博文、知晶、手毛綱はゆっくり酒を飲んでいた。このまま泊まって行ってもらえば良い、と泰蔵は言う。秀作は知晶に、本当に彼女の靴を知らないか?と言うと知晶は自分の部屋の鍵を差し出す。秀作はその鍵を受け取れなかった。思い悩みながらキッチンに行くと尾関がまだ執事室にいて驚く。尾関は、残念な報告がある、楠木の写真で里子の靴が最後に確認されたのが8時38分、靴がない事に気付いたのが8時45分、その間に犯行が可能なのはただ1人だけリビングにいなかった…と言うと秀作は、姉さんでしょ、と言う。

昔自分を置いて遊びに行かれるのが悔しくて秀作が知晶の靴を隠した事があった。その時靴がなくなって泣いている知晶を見て秀作は玄関にそっと戻した。知晶は秀作に「見つけてくれてありがとう」と言ったという。多分姉さんは俺がやったとわかっていたけど気付いていないフリをしてくれた、優しかった姉さんの唯一の記憶、と秀作は話す。今回は先輩が許してあげる番じゃないか?知晶さんならわかってくれる、と尾関に言われ、もしかしたら玄関に戻っているかもしれないと秀作は玄関に行くがまだ靴はなかった。

 

秀作が知晶の部屋に行くと大きなキャリーバッグを持った知晶が出てきて、これから友達の家に泊まりに行くと言う。ちょっと待って、彼女の靴がまだ見つかっていない、姉さんなんでしょ?と秀作が言うと知晶は、昔私の靴を隠したから仕返しされたと思ってるの?と言う。どうしてあの時見逃してくれたの?と聞く秀作に知晶は、私があの男友達の事を好きだったから必死で探しているのを見られるのが恥ずかしかっただけ、と言う。あの時はゴメン、どこに彼女の靴あるの?今から泊まりに行くなんて噓なんでしょ?どうして彼女の靴を隠したりしたの?と秀作が聞くと、ちょっと借りていただけよ、そろそろ皆準備が整った頃かしらね!と知晶は言う。

靴を隠した犯人&理由が明らかに!!

知晶を追って玄関まで降りて行くとそこには全員が並んで待っていた。尾関と手毛綱はラーメン屋に行くと言って帰って行く。泰蔵は、休暇をかねて楠木の実家の温泉に行く、小岩井と楠木は、里子さんの靴を運ぶ時には手袋を着用しました、と言い驚く秀作を残し泰蔵と一緒に出かけて行く。博文は、今から夜勤に行く、彼女の事大事にしてやれよ!知晶も、友達待たせてあるから!と言い急いで出かけて行く。

秀作がリビングに戻ると里子は起きていて「2人で仲良く見て下さい 北沢家一同」という手紙を手にしていた。置いてあったパソコンを開くと覆面をかぶった泰蔵と博文が「これは全部知晶の提案だ。おまえと里子以外は皆協力者だ。里子の靴が玄関にない事にお前が気付くという不測の事態が起こったが、それ以外は順調だ。」と言う。知晶も「また遊びに来てね。」と言って映像は終わる。

困惑する里子と秀作。その時チャイムが鳴る。来たのは靴屋だった。知晶がサイズ直しを頼んでいたという。参考にお預かりしていた靴だ、と靴屋は言い里子の靴が入った箱を手渡す。驚く秀作に靴屋はサイズを微調整した靴だ、ともう1つ箱を手渡す。その中には知晶が大事にしていた靴が入っていた。20年前姉さんが俺に靴を隠され落ち込んでいた時に母さんから「大きくなったら好きな人と一緒に使いなさい!」と言われてもらった大事なダンスシューズ…姉さんは母さんの形見とも言える大事な靴を君にプレゼントしてくれたんだ、と里子に話し、思わず感極まり涙を流す秀作。知晶に電話をするが知晶は出なかった。その頃知晶は1人でホテルに泊まり、「お一人様レディースプラン」を注文していた…。

里子は秀作に、折角なので踊りましょう!と言い知晶からもらった靴を履いて2人でダンスを踊る。

ーーーこんな幸せな時間は長くは続かなかった…(秀作)

そんな2人の様子を塀の外からじっと見つめる怪しい男がいたー。

《次回に続く》

「もみ消して冬」第9話(3月10日放送) 予告

「取り違えられた!?」(秀作)

明かされる秀作出生の真実

「僕は北沢家の人間じゃなかったのか?」(秀作)

僕の居場所はここじゃなかった…

「僕の居場所は彼に譲って帰ろう…本当の家族の元に」(秀作)

 

[say name=”採用アシスタント” img=”https://saiyopro.com/wp-content/uploads/2018/01/d02baf5ba39cdb3c41c8b3f74ed6dcb4.png”]私は途中まで里子の自作自演かと思って見ていましたが、知晶のサプライズという素敵な結末でしたね。知晶の不器用な優しさと家族や周りの人達の愛にほっこりさせられました。秀作は自分が思っている以上に昔から皆に愛されていたのかもしれません。さて、次週は秀作が他の家の子かもしれないというちょっと驚きのお話のようです。どんな展開が待っているのか楽しみです![/say]  

関連キーワード
  • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第1話:美しい悪魔…地獄の新人研修!!
  • 99.9刑事専門弁護士シーズン2最終話
    「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」最終話:あなたは何の為に法廷に立つのか?事実はたった一つ!!
  • もみ消して冬 最終話
    「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」最終話:父さんの為に… 最後の北沢’sプライド!!
  • BG身辺警護人_vol.10
    「BG〜身辺警護人〜」最終話:敵は国家! 最後に守るのは…
  • 99.9刑事専門弁護士シーズン2第8話
    「99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ」第8話:司法の闇に宣戦布告!!
  • もみ消して冬 第9話
    「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」第9話:秀作出生の真実が明かされる!「僕の居場所はここじゃなかった…」
おすすめの記事