企業研究
就活前の準備を解説!スタートダッシュに遅れないためには

周りがなんとなく就活モードになってきているけど、何から就活を始めたらいいかわからないという学生もいるのではないでしょうか。

 

就活では、本格的なスタート前の準備が結果を左右すると言っても過言ではありません。いつの間にか周りと差がついてしまった!とならないように、インターンシップ前の今から就活に備えておく必要があります。

 

この記事では、就活の準備を始める時期と就活前にしておきたいことについて解説します。

 

 

1.いつから就活の準備をすればいい?

 

ズバリ、就活の準備は大学2年生の3月から開始するのがおすすめです。

 

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2021年卒の就活スケジュールに影響が出ています。本来であれば、大学3年生になってから準備を始めても遅くはありませんが、不測の場合に備えて、2022年卒以降の学生は早めに準備を始めた方が安心でしょう。

 

なぜ、大学2年生の3月から就活準備をした方がいいのでしょうか?それは、大学3年生の6月頃からインターンシップの申し込みが始まるからです。

 

申し込みが始まってから準備をしても、応募したい企業を決められない、エントリーシートを書けない、面接の質疑応答に答えられないといったケースが考えられます。

 

インターンシップに参加できなくても内定をもらえる道は残されていますが、インターンシップ生限定の選考ルートや採用枠が用意されているのも事実です。コロナ禍で就活にどのような影響が出るかわからない今、少しでも有利に就活を進められるよう早めの対策をおすすめします。

 

 

2.就活が本格化する前にやっておきたいこと

 

就活の準備といっても、何をすればいいのでしょうか。ここからは、就活前にしておきたい3つのことについて解説していきます。

 

①.自己分析

 

就職活動は、「自分を知ること」から始まります。今後何十年と続くキャリア生活を始める前に、自分がどんな仕事をしたいのか、将来の夢は何か、自分の長所・短所はどんなところかといったことを言語化し、就活の軸を形成しておきましょう。

 

自分を知るために有効な手段が自己分析です。自己分析とは、過去の自分の体験や思いを振り返り、自分の価値観を見つめ直すこと。様々な方法があり、正解はありませんが、基本的には「頑張ったこと」「つらかったこと」「感謝していること」といったテーマを1つ決めて過去を振り返り、深堀していきます。

 

例えば、頑張ったことで「サッカー部」を上げる場合、「なぜサッカーを頑張ったのか?」という理由を掘り下げます。

 

「勝敗がはっきりするから。自己成長を毎日感じられるから。大学のサッカー部のレベルが高く、その中で努力したほうがレベルが上がると感じたから。」といった理由が分かれば、自分は「勝ち負けにこだわる」「向上心が高い」「レベルの高い環境に身を置きたい」といった特徴や考えを持っていることが分かります。

 

自己分析では、エントリーシートや面接のために、何か大きなことを成し遂げたエピソードを探さなきゃいけないと考える人がいますが、それは間違いです。「後悔しない就活」にするために、価値観を見つめ直すのが自己分析なのです。

 

②.業界研究・企業研究

 

自己分析で、自分の考えや価値観を把握できたら、次は業界研究や企業研究にうつります。

 

学生は、自分の知っている企業の研究から始めてしまいがちですが、業界研究から始めた方がいいとされています。業界研究を先に行った方が、各社の将来性や関係性を把握でき、企業研究もさらに深く行えるようになるからです。

 

企業研究は必ず行わなければならないものではなく、インターンシップで応募する企業のみ行えば良いでしょう。会社概要や事業内容、社風、将来性といったポイントを確認し、自分に合う企業か見極めることが重要です。

 

③.就活サイトへの登録

 

もう既に行っている人もいるかもしれませんが、就活サイトへの登録は早めにしておきましょう。インターンシップを募集している企業の検索から応募まで、基本的には就活サイトを通して行われます。

 

また、就活サイトは業界研究や企業研究に役立つコンテンツから、適職診断・自己分析ツールといったものまで、就活生が必要とする数多くの情報を無料で公開しています。

 

プロフィールを登録しておくと、インターンシップや選考情報を通知してくれるサービスもありますので、積極的に利用したいサービスです。

 

 

3.就活前に準備しておきたいグッズ

 

最後に、就活生必須の持ち物をご紹介します。就活が始まってから慌てて用意する、なんてことはないように、今のうちに準備しておきましょう。

 

  • リクルートスーツ
  • 革靴もしくはパンプス
  • 就活用バッグ
  • 就活ノート
  • 腕時計
  • 証明写真

 

 

4.まとめ

 

就活成功のカギは「どれだけ事前準備をしっかりするか」です。周りと差をつけるためにも、就活の準備は大学2年生の3月から行うことをおすすめします。

 

就活準備で行いたいのは、自己分析、業界研究・企業研究、就活サイトへの登録です。最も時間がかかる自己分析から始めましょう。

 

また、就活グッズの準備も忘れてはいけません。リクルートスーツや自己分析に欠かせない就活ノートなど、必要最低限のものは大学2年生のうちに揃えておいてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事