企業研究
就活での基本的な履歴書の書き方を項目別に解説

 

就活で初めて履歴書を書く、という人も多いのではないでしょうか。アルバイトなどで履歴書を書いた経験がある人でも、就活となるとまた特別に思う人もいるでしょう。

 

今回は、就活における基本的な履歴書の書き方を、項目別に一つずつ解説していきます。履歴書を書くときの、参考にしてください。

 

 

1.履歴書の書き方_基本情報欄

 

以下の履歴書をもとに、まずは、基本情報の書き方を一つずつ解説します。

履歴書_基本情報

履歴書_基本情報

 

日付

履歴書に記入する日付は、郵送するか面接時に提出するかによって異なります。

 

・郵送の場合:投函する日

・面接で提出する場合:面接当日の日付

 

元号が記入されている場合は元号で記入します。日付を元号で記入した場合は、履歴書全体を元号で、西暦なら西暦で統一するようにしてください。

 

写真

履歴書に貼付する写真は、一般的には4cm×3cmですが、記載されているサイズのものを選びます。写真ははがれて落ちることがあるため、裏面に氏名・学校名を記載しておくのがマナーです。

 

氏名と印鑑

「ふりがな」となっている場合はひらがなで、「フリガナ」となっていればカタカナで記入します。

 

印鑑は「印」となっている場合は押印します。最近の履歴書は印鑑を押さないものも増えているので、なければ押印は不要です。最後に押印を失敗するとすべてを書き直す必要があるので、押印は最初にすませましょう。かすれや歪みがないよう、ていねいに押印してください。

 

生年月日

元号・西暦は履歴書内で統一したものを使用します。年齢は、日付欄に記入した日の年齢にします。

 

現住所

住所は都道府県から省略せず記入し、「丁目、番、号」やマンション名なども省略しないようにしてください。

 

TEL・携帯番号・FAX・E-mail

企業からコンタクトがあったときに、必ず連絡がつく電話番号やE-mailを記入しましょう。E-mailは、社会人としてはずかしくないものを選ぶようにしてください。自分のあだ名やキャラクター名などを使用したものは避けましょう。

 

連絡先

連絡先は、現住所と異なる場合のみ記入します。現住所と同じなら、「同上」と記入しましょう。

 

 

2.履歴書の書き方_学歴・職歴欄

 

履歴書_学歴職歴

履歴書_学歴職歴

 

学歴・職歴欄は、日付で元号を使用したなら元号、西暦なら西暦で統一します。

学歴は中学校卒業から記入し、「高校」などと省略せず、「高等学校」と正式名称で書きましょう。

 

学生時代のアルバイトは職歴に含まないため、職歴は「なし」と記入します。

 

 

3.履歴書の書き方_免許・資格欄

 

履歴書_免許資格

履歴書_免許資格

 

免許や資格は取得年月日順に、正式名称で記入します。たとえば普免であれば、「普通自動車第一種運転免許」と書きましょう。

 

免許や資格が多い場合には、応募する企業に関連したものを中心に選ぶようにしてください。

 

 

4.履歴書の書き方_志望動機欄

 

履歴書_志望動機

履歴書_志望動機

 

志望動機欄には、他社ではなくその企業でなければならない理由を明確に記載します。ホームページや説明会から得た知識を深掘りし、しっかりと企業研究を行ったことが分かる内容にしましょう。

 

個人的な経験と企業とのつながりが感じられるものにすると、強くアピールできます。

 

 

5.履歴書の書き方_自己PR、趣味・特技欄

 

履歴書_自己PR

履歴書_自己PR

 

自己PR欄には、企業が求める能力やスキルにあわせた自分の強みを書きましょう。最初にどのような取り組みをして、どんな結果が得られたのかを述べ、それを入社後どう活かして貢献できるのかをまとめます。

 

もし趣味・特技欄もあれば、入社後活かせそうなものや面接で話題にできそうなものを選んで記入します。

 

 

6.履歴書の書き方_通勤時間・扶養家族数・配偶者の有無・配偶者の扶養義務

 

履歴書_通勤時間

履歴書_通勤時間

 

通勤時間や配偶者の有無などは、入社後の保険や手当を決めるために必要な情報です。該当するものがあるようなら、正確に記入してください。

 

 

7.履歴書の書き方_本人希望記入欄

 

履歴書_本人希望

履歴書_本人希望

 

本人希望欄には、希望の職種や給与を記入しますが、転職ではなく新卒での就活においては、「貴社の規定に従います」とするのが一般的です。

 

 

8.履歴書の書き方_まとめ

 

一般的によく見られる履歴書の形式に沿って、項目ごとに記入すべき内容を説明してきました。

 

就活では1社ではなく複数の企業に履歴書を出す機会がありますが、一度書いたものを印刷して使い回さず、その都度書き直すことが大切です。また、志望動機と自己PRについても、企業ごとに書き分けて、応募先に効果的なアピールをしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事