企業研究
在宅でできる簡単な副業10選をご紹介!スキマ時間を上手に利用して収入を増やそう!

 

2020年7月に、みずほ総合研究所が公表した資料によると、コロナ禍による所得減少を予想している家計は5割程度という結果となりました。

所得が減少する確率は、所得水準が低い家計で高い傾向があり、格差の拡大が懸念されるところです。*1

 

コロナ禍による影響で毎月の給料が減少するなど、サラリーマンの家庭でも、家計がますます厳しくなる兆しが見えています。

今回は、そんな家計を少しでもプラスにするべく、在宅で簡単にできる副業を10選ご紹介していきます。

 

スキマ時間にでき、通勤の必要もなく、肉体的にも負担が軽い仕事ばかりです。

特にスキルを必要としない初心者向きの案件ばかりですから、副業を初めてする方は、ぜひ、参考にしてください。

 

 

1.副業者の割合と現状

 

まず、最初に副業者の割合と現状から見ていきましょう。

 

 

(1)副業する人は年々増加

 

下図1は、総務省統計局が実施した平成29年就業構造基本調査による「雇用形態別 副業者比率及び追加就業希望者比率の推移」(平成14年~29年)のグラフです。

 

参照すると、平成29年度の副業者比率(本業がありながら副業をしている人の割合)は4.0%となっており、平成24年と比較すると 0.4ポイント上向きになっています。

雇用形態別では、「正規の職員・従業員」は 2.0%で0.2 ポイント上昇し、「非正規の職員・従業員」は 5.9%で、こちらも0.6 ポイントの上昇。

追加就業希望者比率(本業はあるが副業を希望している人の割合)は6.4%となっており、平成24年より0.7ポイントの上昇です。

 

雇用形態別では「正規の職員・従業員」は 5.4%で1.1 ポイント上昇し、「非正規の職員・従業員」は8.5%で0.4 ポイント上昇しています。

したがって「現在、副業をしている人」「これから副業をしたい人」の数は、年々増加している傾向です。

 

雇用形態別副業者比率及び追加就業希望者比率の推移

図1 引用)総務省統計局「平成 29 年就業構造基本調査」P11

 

(2)副業に充てる時間は1~9時間が最も多い

 

下図2は、厚生労働省が調査した「副業・兼業者の週労働時間(図2上)」「副業・兼業先の1週間の平均労働時間(図2下)」のグラフです。

図2上を参照すると、副業・兼業者の週労働時間の全体平均は、就業者の平均と差はありません。

しかし、比較してみると副業・兼業者の方が,、週労働時間が長い人の割合が多い結果となっています。

副業をして働いているため、労働時間が増えてしまうからです。

 

それでは、副業をしている時間はどのくらいかというと、約半数の働き手が週平均1時間~9時間となっています。

1週間、合計9時間で計算してみると、1日約1.3時間ほど副業に時間を充てているということです。

 

副業・兼業者の週労働時間,副業・兼業先の1週間の平均労働時間

図2 引用)厚生労働省「副業・兼業の現状と課題」P9

 

 

2.在宅で簡単にできる副業10選

 

実際に外で副業をするとなると、本業で朝から夕方までずっと働き通しの場合、なかなか体力的にキツイものがあります。

ここでは、在宅でできる初心者向けの、簡単な副業をご紹介していきましょう

 

副業名仕事内容報酬カンタン度おすすめサイト
アンケート回答サービスやショップなどについてのアンケートに回答する33~330円★★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ
データ入力データ作成やデータ入力などの作業をする5000~10,000円★★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ
ポイントサイトカード発行や口座開設などでポイントをためる・カード発行7,500ポイント
・ネット銀行口座開設1,100ポイントなど
(1P=1円)
★★★★★・モッピー
・楽天スーパーポイントスクリーン
話し相手愚痴や悩み、恋愛相談の話し相手になる・話し相手(100~200円/1分)
・恋愛相談(8,000円/60分)
★★★★★・ココナラ
・タイムチケット
テープ起こしインタビューやセミナーの動画、録音の音声を文字に起こす1,000~50,000円★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ
写真販売自分で撮影した写真を販売する500~5,000円(1枚)★★★★・ココナラ
・PIXTA
レビュー・口コミ商品やサービスの評価をレビューする55~990円(1件)★★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ
商品モニター商品を実際に使用して使用感や感想を述べる300円~(1件)★★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ
在宅コールセンターマニュアルに沿って在宅で電話対応業務をする1,300~1,500円★★★★・タウンワーク
・インディード
ライティングクライアントの要望に沿ってブログ記事などを執筆する2,000~20,000円★★★★・クラウドワークス
・ランサーズ

 

 

3.コロナ禍による収入減少と家計への影響

 

新型コロナによる感染拡大の影響は、世界中の経済に大きな打撃を与えました。

 

日本でも、企業の事業活動が停止され、経済生産は大きく縮小しています。

 

そのため、労働者の収入減少が増加していき、家計にもマイナスの影響が出ている状況です。

 

 

(1)女性、非正規雇用、低所得層は大幅な月収減少

 

下図4は、労働政策研究・研修機構がまとめた「コロナ下での月収減少」のグラフです。

参照すると、コロナ下で月収が減少した人は、男性では39.8%、女性では41.9%となっておあり、男女とも約4割の人が月収減少の憂き目に遭っていることが読み取れます。

また、女性の方が男性より、減少した人の割合が多くなりました。

 

就業形態では、「パート、アルバイト」「派遣労働者」の減収傾向が多い見られ、双方とも「3割以上減少を経験」した人は全体の約3割といえます。

 

「1~2割減少を経験」した人も含めると、双方とも約52%程度となっており、毎月の収入が減った人は過半数を超えているのです。

年収別では、年収300万円未満の層が約46%減少し、他の年収層と比較すると、最も多く月収が減少しています。

 

つまり、「女性」「非正規雇用」「低所得層」ほど、コロナ下の中、月収が減少した人が多いといえます。

 

コロナ下での月収減少のグラフ

図4 引用)厚生労働省「コロナ禍による仕事・生活への影響」P12

 

 

(2)月収が減少した層ほど、世帯全体の家計が赤字に

 

下図5は、コロナ下での月収減少程度別に分けた「家計収支の状況」のグラフです。

参照すると、3割以上減少を経験した層は「やや赤字」が24.3%、「かなり赤字」が22.0%となっており、合わせると46.3%の人が「赤字」となりました。

他の層と比較すると、赤字の割合が最も多く、月収の減少を経験した層ほど、世帯全体の家計収支が「赤字」という結果です。

 

3割以上減少を経験した層では「かなり赤字」が22.0%であり、「減少なし(6.5%)」「1~2割減少を経験(9.6%)」と比較すると、かなり高い割合となっています。

これらのことから「コロナ前から低所得層」であるほど、コロナ下で月収減少のあおりを受け、家計が苦しい状況であることがうかがえます。

 

コロナ下での月収減少程度別に分けた「家計収支の状況」のグラフ

図5 引用)厚生労働省「コロナ禍による仕事・生活への影響」P13

 

 

4.まとめ

 

今回は、「在宅で簡単にできる副業」について、詳しく解説をしていきました。

 

コロナ禍により収入が減少するなど、家計の状況はこれからも厳しくなる予兆があります。

その様な中、休みの日など空いた時間を利用して、在宅で副業収入を得る人が増えつつあるのです。

自宅にいながらできるので、通勤時間も必要ありません。

 

今回、おすすめの副業としてご紹介した仕事は、パソコンやスマホなどのツールを使い、特にスキルを必要としませんから、副業初心者の方も気軽に挑戦できます。

肉体労働を必要としないので、本業で長時間働いている方でも、身体に負担がかからないのがメリット。

内容が簡単なため、大きく稼げるというわけではありませんが、月に1~3万円などでも、積み重ねれば年間でそれなりの金額にはなります。

 

本業とは違う職種で、リフレッシュも兼ねて、簡単にできる副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

参考資料/参考データ
*1 参考)みずほ総合研究所「コロナ禍で誰の所得が減少するか」P1

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事