大手企業研究 空運(旅客)業界

春秋航空日本

中国の格安航空会社春秋航空などが出資し、2012年9月7日に設立された。設立時の資本金は15億円で、航空運送事業許可の取得後に、60億円まで増資した。なお、航空法の外資規制があるため、春秋航空による出資は33%までにとどめられている。出資第3位の山佐は航空機リースの他、パチスロの製造・販売でも知られる。

設立母体の春秋航空とは若干サービスを異なるものとして日本にあわせており、2017年にはオリコンが実施する日本顧客満足度調査のLCC国内線部門において価格、快適性、客室乗務員の対応など、全体的に高い評価を獲得し2年連続の首位となっている。

2017年上半期、日本の航空会社では欠航率が最も高くなっている。2017年5月から10月にかけて、安全上の理由から運航乗務員の2割にあたる、10人を乗務停止としていた

2017年12月より、航空機整備の一部業務をJALエンジニアリングに委託することとなった

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大手企業研究, 空運(旅客)業界
-, ,