大手企業研究 空運(旅客)業界

全日本空輸

世界中堅、日本でJALと並ぶ航空大手。2015年度の国際線旅客数でJALを抜き、国内・国際とも首位に。1952年に日本ヘリコプター輸送として始動。86年に国際定期便に進出。99年に航空連合スターアライアンスに加盟、日米路線でユナイテッド航空と、日欧路線でルフトハンザグループと共同事業。13年4月持株会社化。傘下にLCCのバニラ・エアとピーチ・アビエーション。豊富に獲得した羽田発着枠をテコに国際線で攻勢。

【横ばい】
北米など海外の中・長距離路線堅調。就航地拡大、ハワイは座席供給増。新運賃制度で羽田発着など国内人気路線の単価向上。ただ来期の首都圏路線拡大で人員増や機体償却費かさむ。営業益踊り場。

【貨 物】
大型貨物機『B777F型機』を導入、日本経由のアジア―北米間で大型機械など取り扱い拡大へ。国際線はファースト・ビジネスクラスを約10年ぶりに刷新。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大手企業研究, 空運(旅客)業界
-, ,