空運(旅客)業界

19年世界航空業界利益は10%増 旅客需要が追い風

 国際航空運送協会(IATA)は19年の世界の航空業界の最終利益が18年見込み比10%増の355億ドル(約4兆円)になると予想する。旅客は45億8800万人と6%増える見通しだ。新興国の中間層増や格安航空会社(LCC)の普及が、旅行需要を後押しする。貨物需要も伸び、業界全体の売上高を8%増の8850億ドルと予測する。地域別では全体の半分近くを稼ぐ北米が13%増の166億ドル、アジア太平洋が8%増の104億ドルと好調。

【注目国・地域】

 LCC乱立、アジア航空各社の経営厳しさ増す

 日本航空機開発協会(東京・千代田)の予測によると、世界の航空旅客需要は2018 年の8.26兆旅客キロ から2038 年には19.4兆旅客キロと2.3 倍になり、その間の年平均伸び率は4.4%。その中で、アジア太平洋地域は年平均5.3%の伸びを示し、シェアは18 年の34%から38 年には40%に増加する。

 LCC乱立で、アジアの航空会社の経営は厳しい。LCCの先駆け、エアアジア・グループの2018年12月期の営業利益は前の期比44%減となった。ミャンマーでは地場11社が乱立した結果、5社が運航を停止。インドのジェット・エアウェイズの銀行団は6月、同社の破産を申請した。韓国中堅財閥の錦湖(クムホ)アシアナグループは19年4月、中核企業のアシアナ航空を売却すると発表した

フルサービス航空会社はLCC取り込みで生き残りを探る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,