pickup
新型コロナの影響を把握!変わる新卒採用の動向をとらえよう
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で大規模な就活イベントは中止となり、各企業の説明会も延期となっている企業もあります(対応の早い企業はオンライン説明会が始まってますね)。

前例もなく、初めての経験の中で不安な気持ちの新大学3・4年生は多いのではないでしょうか。

そこで今回、各企業の採用動向と新卒採用の会社説明会・面接のオンライン化や中止/延期など、採用への影響をまとめました。

 

面接官
リーマンショックの時も新卒の採用数に大きく影響がでたのは、その翌年…なので21年春入社は早めに選考していた分はギリギリ大丈夫かな(汗)

 

1.大企業の採用動向を見てみましょう

東芝

国内グループ全体で21年4月入社見込みの新卒者1170人(20年度実績比12.5%増)を採用する予定。
これまで内部の問題が生じていましたが不良債権となっていた人材をカットし、新たに企業への変革に貢献する人材の採用を積極的に進めるという意向です。

 

富士フイルムホールディングス

20年度実績より54人増を予定し、システムエンジニア(SE)を中心に採用を増やす予定。
20年度は大企業で黒字リストラの嵐が起きました。業務の自動化(RPA)の導入が進んだ背景があります。SEの需要は、さらに踏み込んだ自動化つまりAIの開発を見越しているのでしょう。

 

クボタ

20年度比21人増の計335人を計画しています。今後の事業や生産量の拡大を見込んだ措置です。新型コロナウイルスの影響についても「現時点で変更予定はない」と発表されています。

 

積水化学工業

単体では20年度比19人減の106人ですが、グループ全体では同18人増の856人を予定しています。
住宅の営業戦略を強化する意向。本体は縮小だがグループで強化ということは新築ビジネスではなくストック型、法人案件を強化する意向ですね。

東レ

「景気変動によって採用計画人数を調整することはしていない」と発表されています。

 

オリックス

自社を含めたグループ10社で20年度比20人増の274人を計画。新型コロナウイルスの影響は勘案していないと発表されています。

 

2.採用への影響トピックス

2020年5月のトピックス

www.jiji.com
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000101.000029053&g=prt
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000101.000029053&g=prt
www.kobe-np.co.jp
神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/covid19/202005/0013318202.shtmlL
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事