年収500万円台 年収調査

スターフライヤーは年収500万円?ロマンかソロバンか新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金レポート

スターフライヤーの年収は1000万円を超える?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

 

 

北九州空港を拠点とする新興エアラインです。

2002年神戸航空株式会社として設立。その後株式会社スターフライヤーとなり、北九州―羽田線を主力に、国内全6路線を就航しています。2007年には全日本空輸(ANA)と北九州-羽田線の共同運航(コードシェア)を開始しました。国際線は2014年3月に一度撤退しましたが、2018年10月の台北線就航で再参入しました。貨物で福山通運と提携もしています。


今回はこの「スターフライヤー」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

1.スターフライヤーの平均年収は500万円

 

スターフライヤーの平均年収は500万円

 

2021年のスターフライヤーの年収の平均は500万円(有価証券報告書調べ)となっています。従業員数は846人、平均年齢37.8歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定620~780万円程度と予測されます。

 

 (1) スターフライヤーの平均年収 推移(2012年から)

 

スターフライヤーの平均年収 推移(2012年から)

スターフライヤーの平均年収 推移(2012年から)

 

平均年収 スターフライヤー 業界の平均 上場企業平均
2010年 - 728万円  
2011年 - 752万円 563万円
2012年 489万円 628万円 570万円
2013年 529万円 647万円 571万円
2014年 540万円 638万円 577万円
2015年 583万円 703万円 588万円
2016年 572万円 729万円 594万円
2017年 613万円 764万円 598万円
2018年 600万円 743万円 605万円
2019年 600万円 735万円 612万円
2020年 600万円 725万円 614万円
2021年 500万円 581万円 603万円

 

今回は、スターフライヤーの年収推移をグラフ化しました。
計測は2012年から2021年まで。

スターフライヤーでは2012年から2021年の10年間での平均年収の上昇額は11万円(102%)となっています。
2020年までは少しづつ伸びていましたが、2021年はコロナの影響で平均年収は前年度より100万円下がりました。
空運業界の同じ10年間の上昇平均は-47万円(92%)、上場企業の平均では11年間で40万円(107%)です。


新型コロナウイルスの世界的な大流行はさまざまな業界に打撃を与えましたが、特に影響が大きかったのが航空業界です。
全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の2大キャリアの国際線は、フライトが2019年と比べて9割以上も減少しました。国内線は「GoToトラベル」でわずかに回復しましたが、その後も緊急事態宣言が続き、更なる需要減に直面しました。
21年3月期の連結決算では、ANAホールディングスが最終損失4046億円、日本航空(JAL)が2866億円といずれも巨額の最終赤字を計上しています。
また、インバウンド(訪日外国人)需要や東京五輪・パラリンピック開催における収益も期待通りには伸びず未曾有の危機に瀕しました。
ただ、両社とも2020年度内に数千億規模の公募増資に踏み切り、財務の大幅な悪化は回避しています。
そして給与やボーナスのカットはしても専門性が高く貴重な人材であるパイロットや客室乗務員、整備員等の人員削減は行わない方針を示し、航空事業で効率化を図るとともに、非航空事業としてプラットフォームビジネスや非稼働の航空機を使った遊覧飛行や機内レストランなどといった新事業にも積極的に取り組んでいます。

 

 (2) スターフライヤーの生涯賃金 推移(2012年から)

 

スターフライヤーの生涯賃金 推移(2012年から)

スターフライヤーの生涯賃金 推移(2012年から)

 

生涯賃金 スターフライヤー 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 - -  
2011年 - 2億2450万円 -
2012年 1億8987万円 2億2729万円 -3743万円
2013年 2億0713万円 2億2939万円 -2226万円
2014年 2億1139万円 2億3185万円 -2046万円
2015年 2億2794万円 2億3631万円 -837万円
2016年 2億2364万円 2億3897万円 -1534万円
2017年 2億3976万円 2億4046万円 -70万円
2018年 2億3475万円 2億4320万円 -845万円
2019年 2億3475万円 2億4610万円 -1135万円
2020年 2億3296万円 2億4481万円 -1184万円
2021年 1億9414万円 2億3421万円 -4007万円

 

スターフライヤーに新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
1億9,414万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2021年時点でー4,007万円。
おおよそ日本の平均より少し低い額となっています。

 

 (3) スターフライヤーの平均年収を業界と比較

 

スターフライヤーの平均年収を業界と比較

スターフライヤーの平均年収を業界と比較

 

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
日本航空(JAL) 678万円 2億6340万円
全日本空輸(ANA) 564万円 2億1887万円
スターフライヤー 500万円 1億9414万円
上場平均 603万円 2億3421万円

 

今回は、上場している空運会社3社(日本航空、全日本空輸、スターフライヤー)の平均と、スターフライヤーの年収推移を比較しました。

結論、スターフライヤーは業界平均の0.86倍、上場企業の平均年収と比べると約0.83倍の収入となっています。

 

 (4) スターフライヤーの年収カースト

 

スターフライヤーの年収カースト

スターフライヤーの年収カースト

 

スターフライヤーの平均年収は500万円なので、カーストは“都市部だと貧困”です。

東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収500万円台の企業は523社で、2番目に多く、上場企業の中では平均より少しだけ低い年収といえます。

 

2.スターフライヤーの給与制度/年収推移

 

スターフライヤーの給与制度・年収推移

 

2021年のスターフライヤーの年収の平均は500万円(有価証券報告書調べ)となっています。従業員数は846人、平均年齢37.8歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定620~780万円程度と予測されます。

 

 (1) スターフライヤーの勤続状況の推移

 

スターフライヤーの勤続状況の推移

スターフライヤーの勤続状況の推移

 

平均年齢 平均勤続年数
2010年 - -
2011年 - -
2012年 37.0歳 3.5年
2013年 36.7歳 3.6年
2014年 35.8歳 4.0年
2015年 37.0歳 4.1年
2016年 37.6歳 4.4年
2017年 37.4歳 4.5年
2018年 37.6歳 5.0年
2019年 37.7歳 5.3年
2020年 38.1歳 5.7年
2021年 37.8歳 6.2年

 

スターフライヤーの平均年齢、平均勤続年数はここ数年大きな増減をしておらず、一定といえます。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。

スターフライヤーは平均勤続年数が低い値となっています。離職率が公表されていないので正確にはわかりませんが、離職者が多いのではないかと予想されます。また、中途採用が多いことも要因の一つだと考えられます。

 

 (2) スターフライヤーの年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

スターフライヤーの年齢別の年収推移

スターフライヤーの年齢別の年収推移

 

年齢 スターフライヤーの推定年収 上場企業の平均年収
25歳 263万円 406万円
30歳 357万円 509万円
35歳 452万円 572万円
40歳 546万円 621万円
45歳 593万円 647万円
50歳 640万円 739万円
55歳 687万円 808万円
60歳 620万円 730万円

 

スターフライヤーは2022年度の新卒の募集をしていないので正確にはわかりませんが、初任給は大卒でおよそ21~23万円程度と推測されます。そうすると初年度は250-370万円ですが、最大年収を迎える50代の年収は600~700万円になります。

 

日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳   -143万円
30歳   ー152万円
35歳   ー120万円
40歳    -75万円
45歳    -54万円
50歳    -99万円
55歳    -121万円
60歳    ー110万円

となり、スターフライヤーは日本の上場企業の平均より少し低い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

 (3) スターフライヤーの役職別の年収推移

 

役職 年齢 推定年収
役職なし 23歳〜27歳 250万円~500万円
主任 28歳〜 520万円〜590万円
係長 32歳〜 600万円〜760万円
課長 37歳〜 780万円〜890万円
部長 45歳〜 900万円〜1,150万円

(openworkのデータを参考に編集部作成)

 

昇給は毎年あり、年齢によるものと評価によるものの二層構造です。*
基本的には年功序列で昇進していきますが、経験者採用の人はステップアップも早いようです。*

(*はopenworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 (4) スターフライヤーの平均年収の口コミ情報

 

20代女性
客室乗務員
フライト手当はびっくりするほど低い。基本給があるからかもしれないが、低い。しかもフライト手当が低いことを会社も自覚しているからか、入社後しばらく経ってもなかなか手当について言及されることがなく、初めて知ったときは低すぎて驚愕した。

月給 残業 賞与 年収
18万円 - - 300万円
20代男性
総合職
給与制度: ボーナスもなくきついです。
評価制度: 妥当だと思います。

月給 残業 賞与 年収
23万円 - - 320万円
20代女性
客室乗務員
給与は低く、ボーナスはなし。CPの資格を取れば少しは給与アップが見込めるが期待するほどでは無い。ただEFは自社便はもちろん、数は限られてはいるがANAの便にも乗れる。しかし国際線には乗れない為満足度には掛ける。

月給 残業 賞与 年収
- - - 250万円
30代男性
総合職
給与制度: 年功序列。九州の地場企業であるため、至って普通以下の給料。ANAがいる限り、給料は上がらない。
評価制度: あって無いようなもの。期待してはいけない。変えるにしてもANAからの出向が決めるのだが、数年で皆さん帰任するので、結局やらない。

月給 残業 賞与 年収
40万円 - 20万円 500万円
(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 (5) スターフライヤーの福利厚生/待遇

 

スターフライヤーの福利厚生・待遇

 

スターフライヤーの福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際にスターフライヤーでの勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

 

総合職の募集要項

手当 通勤交通費補助
休日・休暇
週休2日制
年間休日数121日(月間10日程度)
年次有給休暇
慶弔休暇
保険 各種社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
福利厚生・諸制度 定期健康診断
確定拠出年金制度
従業員持株会制度
従業員優待搭乗制度
慶弔見舞金制度
資格取得支援制度
通信教育受講補助制度(受講料の50%を奨励金として会社より負担)
団体長期障害所得補償保険(GLTD)
育児・介護休業

 

上記のほかにもワークライフバランス支援として「人事・賃金制度の変更」、「教育訓練の充実」、「働き方改革の実施」など、働きやすい環境整備に取り組んでいるようです。

 

20代女性
福利厚生: 寮、住宅手当はありません。 自社航空券は無料で二親等まで利用することができます。
40代男性
福利厚生: 住宅関連の補助制度は非常に少ないです。寮もありません。転勤者には若干の補助が支給されます。
オフィス環境: 執務スペースはリフォームされたためとてもきれいです。会議室も充実していますが会議が多いため空いていないこともしばしばあります。
(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

3.スターフライヤーに新卒/転職で入社するには

 

 

 

 

 

4.スターフライヤーの過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収500万円台, 年収調査
-,