年収1000万円以上 年収調査

住友商事の年収・給与制度(月給/賞与)、そして生涯賃金と入社難易度を調査してみた

住友商事の年収・給与制度、そして生涯賃金と入社難易度を調査してみた

 

全世界に広がるグローバルネットワークを武器に幅広い産業分野で事業を展開する住友系の総合商社です。CATVなどメディア事業に強みがあります。

三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、丸紅と共に五大商社の一角、昨今では豊田通商、双日を含めた7大商社と呼ぶことも多くなりました。

五大商社、7大商社は、いずれも世界を相手に商売をしている有名な企業です。
今回は総合商社の中でも業界上位に君臨する「住友商事」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

1.住友商事の平均年収は1,437万円

 

住友商事の平均年収は1,437万円

住友商事の年収は、日本でも代表する商社のため、東証一部上企業の中でも年収はトップクラス。

2020年度の住友商事の年収の平均は、1,437万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は 5,390人、平均年齢 43歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定1,200~1,800万円程度と予測されます。

 
 

   (1)住友商事の平均年収 推移(2010年から)

住友商事の平均年収 推移(2010年から)

住友商事の平均年収 推移(2010年から)

 

今回は、総合商社の一角である住友商事の年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2020年まで。
住友商事では平均年収が、2010年から2020年の10年間で116万円(109%)上昇しています。
総合商社業界の上昇平均は10年間で207万円(118%)ですので、業界平均よりは上昇率は低くなっていますが、上場企業の平均では10年間で52万円(109%)ですので まずまずの上昇率といえるでしょう。
総合商社業界では、アベノミクスによる賃金引き上げが、他の業界と比較して順調に伸びたといえます。

 
 

 (2) 住友商事の生涯賃金 推移(2010年から)

住友商事の生涯賃金 推移(2010年から)

住友商事の生涯賃金 推移(2010年から)

 

住友商事に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
5億5,795万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金は、2020年度時点で2億3796万円。おおよそ日本の平均の2.3倍のゆとりある生活が送れることを意味します。総合商社の平均値よりも1.08倍ですので、高所得業界の中でも好待遇を約束される企業といえます。

 
 

 (3) 住友商事の給与制度・年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

住友商事の給与制度・年齢別の年収推移

住友商事の給与制度・年齢別の年収推移

 
年齢 住友商事の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 757万円 406万円
30歳 1,027万円 509万円
35歳 1,298万円 572万円
40歳 1,568万円 621万円
45歳 1,703万円 647万円
50歳 1,839万円 739万円
55歳 1,974万円 808万円
60歳 1,782万円 730万円
 

住友商事の給与制度は、初任給が月給25.5万円ですので、初年度は450-500万円ですが
30歳頃に年収1000万円を超え、最大年収を迎える50代の年収は1,775~1,993万円になります。

ほぼ年功序列で管理職までは一定のペースで昇給しますが、その後は部署により昇進・昇給のスピードは多少異なるようです。*

ただ、現在は年功序列から能力重視の評価による制度へと遷移しつつあります。*

住友商事の年収は賞与の比率が高いため、業績と個人評価によって変動します。

日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は歴然

25歳 +351万円
30歳 +518万円
35歳 +726万円
40歳 +947万円
45歳 +1,056万円
50歳 +1,100万円
55歳 +1,166万円
60歳 +1,052万円

住友商事は、日本の上場企業の中でもトップレベルの年収を得る事が可能です。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

(*はopenworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 (4) 住友商事の役職別の年収推移

 

役職 年齢 推定年収
役職なし(AS) 23歳〜31歳 500万円~1,103万円
マネージャー(P3) 30歳〜 1,124万円〜1,221万円
マネージャー(P2) 35歳〜 1,356万円〜1,507万円
チームリーダー(P1) 40歳〜 1,619万円〜2211万円
部長 50歳〜 2,168万円〜2,296万円

(openworkのデータを参考に編集部が算出)

 

一般の企業でマネージャー、係長級で年収1000万円を超える企業は稀です。また、昇進のスピードによって年齢に多少開きは出ますが部長までいくと年収は2000万円超えとなり、住友商事の年収の高さは明らかです。*

日本で管理職(課長職級)になるのは40歳で70%と言われています。
そのため産休や休職、一般職への転換などがない限りは、40代で1500万円に到達します。

また、業績により変動はしますが、取締役等の役員報酬も非常に高いことが知られています。

(*はopenworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 
 

 (5)住友商事の平均年収の口コミ情報

20代男性

20代男性
20代男性
年功序列で毎年基本給は3万円ずつあがる。 賞与についても毎年上がるように設計されており、早くて4年目以降1000万円の大台にのる。

月給 残業 賞与 年収
36万円 18万円 280万円 930万円

20代女性

20代女性
20代女性
給与制度: 年功序列で、年次で上がっていく仕組みとなっている。そのため、若手のうちは差がつきにくく、モチベーションが上がらない事が多いが、同年代と比べるとかなり高い給与のため、転職まで踏み切れないという事例も多い。
評価制度: 年功序列による評価。また、相対評価のため、納得感は低い。差がついてくるのは、入社10年目を過ぎ中間管理職になってからのため、そこまで続けないと優秀な人材は評価されない。

月給 残業 賞与 年収
36万円 15万円 260万円 890万円

30代男性

30代男性
30代男性
給与制度: 昇給は入社年次でほぼ横並び。管理職以上なら、ポジションによって給与がかわる。今後は、実力に応じた給与制度に変更するらしい。
評価制度: 直属上司が評価。ポジションごとの相対評価であるため、好業績の部に所属していると高評価を得やすい。一方で優秀な人間が多い部に所属していると、評価が下がりやすい。

月給 残業 賞与 年収
50万円 10万円 400万円 1200万円

30代男性

30代男性2
30代男性2
給与制度: 年収の大半が賞与で, うち業績連動が大半を占める。個人評価部分は極めて小さく, 会社が儲かっていれば賞与も厚いが, 足元で業績悪化しており賞与への影響は大きい。
評価制度: 従来は上長が部下を評価するのみだったが2021年4月の人事制度改訂で360度評価を形式上は導入。ただし社員の多くが同制度の有効性に疑問。評価する人間は変わらないので運用に落とし込まないとの見方が大半。

月給 残業 賞与 年収
75万円 - 600万円 1500万円

40代男性

40代男性2
40代男性2
給与制度: 年齢と共に着実に上がっていくベースがある。 生活設計は行いやすい。
評価制度: 縦のラインのみで、やや硬直的。 また実績評価の面が多く、個人の持つポテンシャルや将来のビジネス像などが反映されにくい。

月給 残業 賞与 年収
80万円 - 600万円 1500万円

50代男性

50代男性
50代男性
給与制度: どんなに仕事ができなくても、管理職になれば1500万円はもらえる意味では、恵まれている。海外駐在になると福利厚生が抜群なので相当待遇が良い。残業もDealで忙しい時を除けばほぼないので時給は相当高い。
評価制度: ほとんど給料に差がつかない。同期で一線で昇格しいて行くかが全てであるがペイで報われるには50代なので、それまで待たないといけないのが欠点。もっとも、トップ人材は面白い仕事が当然回ってくるし、駐在にも出して経験を積ませてもらえるので、“仕事の報酬は仕事”で満足できるかどうか。

月給 残業 賞与 年収
95万円 - 800万円 2000万円
(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 

 (6) 住友商事の平均年収を業界と比較

住友商事の平均年収を業界と比較

住友商事の平均年収を業界と比較

競合他社状況 平均年収 生涯賃金
三菱商事 1631万8794円 6億3361万4333円
伊藤忠商事 1565万7603円 6億0794万2087円
丸紅 1452万7760円 5億6407万3360円
住友商事 1437万0137円 5億5795万3288円
三井物産 1393万4000円 5億4101万9276円
双日 1154万6390円 4億4831万4882円
豊田通商 1100万4749円 4億2728万4437円
兼松 903万9107円 3億5096万3910円
上場企業の平均値 630万5000円 2億3796万3310円
 

今回は、総合商社8社(三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅、豊田通商、双日、兼松)の平均と、住友商事の年収推移を比較しました。

結論、住友商事は業界平均と比べても1.08倍、上場企業の平均年収と比べると約2.3倍の収入を得る事ができています。また住友商事内でも2017年より平均年収が182万円あがっており、企業としての業績/収益が順調に伸びていることがわかります。

 

 

2.住友商事の入社難易度

住友商事の入社難易度

22年卒の就活し出した頃の“就活人気ランキング”では38位の住友商事。
21年卒前半のランキングでは68位 後半は23位で、後半に人気が上がる傾向があるので22年卒の人気は前年度より上がっていることが予想されます。

業界全体を見ても住友商事を見ても業績も好調で年収も高く安定性のある企業です。

当メディアでも年収・生涯賃金を調査していますが、一般上場企業の平均と比較しても2.3倍もの収入を得る事ができます。本項目では、住友商事へ入社する事の入社難易度を解説します。

 (1) 住友商事の新卒採用 内定数 推移

住友商事の新卒採用 内定数 推移

住友商事の新卒採用 内定数 推移

住友商事の新卒採用の内定数は、2021年度で109人。
男性75人 女性34人 で男性の方が入りやすいと言えます。

気になるのは2019年をピークに内定数が下がっているところです。
内定数が減少している=厳選採用 を強化しているという意味でもあります。

就活人気企業ランキングの上位100以内の企業はエントリー数が2万を超えます。
エントリーから内定までの割合は、0.5%以下という非常に狭き門です。

(エントリー → 書類選考 → WEBテスト →一次面接…) 
大半が書類選考で落とされるという意味でもあります。

 (2)住友商事の新卒採用 男女別推移

住友商事の新卒採用 男女別推移

住友商事の新卒採用 男女別推移

 

住友商事の2021年の女性の採用割合は31%となっており、三菱商事は28% 伊藤忠商事は31%なので業界内での平均的な割合ではないかと思われます。

部署により偏りはありますが女性の管理職も増えてきており、また育児休暇・時短勤務も取りやすいので女性が働きやすい職場といえます。*

また、ダイバーシティを積極的に薦めていて、女性も制度や環境としては問題なく働いて平等に扱われているようです。*

(*はopenworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 (3)住友商事の必要学歴・学歴フィルター

最新の採用実績大学

文系 大学院 京都大学
大学 慶応義塾大学、早稲田大学、東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、上智大学、横浜国立大学、関西学院大学、熊本大学、広島大学、国際基督教大学、筑波大学、中央大学、東北大学、同志社大学、北海道大学、立教大学
理系 大学院 東京大学、京都大学、早稲田大学、北海道大学、九州大学、名古屋大学、東北大学、東京工業大学、大阪大学、東京理科大学、広島大学
大学 東京大学、慶応義塾大学、京都大学、早稲田大学、北海道大学、神戸大学

 

 

学歴フィルター状況

住友商事の必要学歴・学歴フィルター

住友商事の必要学歴・学歴フィルター

 

大学のランクは「Cランク」 以上

私立だと東京理科大以上 国立だと中堅国立総合大学が 最低ラインです。

総合商社は英語力を重視している事もあり、外国語大学や海外大学の採用は積極的にされています。また大学院卒からの採用も一定数あります。

Dランク以下である 成成明学、四工大、日東駒専、産近甲龍から入社しようとすると、海外有名大学への留学経験が複数年ないと厳しいです。
※書類審査でフィルターがかかっている可能性もありますが。

 

 

 (4) 住友商事の中途採用数 推移

住友商事の中途採用数 推移

住友商事の中途採用数 推移

 

この10年間で住友商事に転職できた人は、平均14人/年です。ただここ3年間は中途採用が平均31人/年まで増えてきています。

ただし、人気企業なので非常に狭き門であることには変わりありません。

またこの人数であれば採用は転職サイトで募集することはなく
住友商事のHPとリクルートやdodaなどの紹介会社を通じて募集をかけます。
よほどの縁が必要という事です。

 (5) 住友商事の3年以内の離職率

住友商事では、3年以内の離職率は5.1%となっています。
離職率は10~20%台の企業が多いので離職率はとても低いといえます。

また、社員の平均年齢が男性43.6歳 女性39.1歳、平均勤続年数が男性18.7年、女性15.6年であることを考えると、女性にとっても長く働ける環境が整った企業です。

残業時間は業務や部署次第でかなり変わりますが、3~4年前から全社的に有給消化の推奨や残業時間の削減などワークライフバランス向上のための取り組みがされているので、そのような企業としての姿勢が社員の離職率の低さにつながっているのでしょう。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
maneger

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収1000万円以上, 年収調査
-, ,