年収調査

三洋化成工業の年収は?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

 

精密化学の中堅企業です。

1949年に界面活性剤メーカーとして創業。前身の「多田石鹸」以来、技術志向が強く、各種の高分子薬剤、ウレタン樹脂、特殊化学品などを開発し、技術の領域を拡げてきました。中でも、紙おむつなどに使われる高吸水性樹脂のパイオニアで、同分野では世界3位グループに位置しています。他にも、洗剤・医薬原料、自動車関連、電子分野と様々な分野を手掛けています。

今回は化学業界の中でも「三洋化成工業」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

 

 

1.三洋化成工業の平均年収は762万円

 

三洋化成工業の平均年収は762万円

 

 

2022年の三洋化成工業の年収の平均は、762万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は1,350名、平均年齢40.6歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定670~1,030万円程度と予測されます。

 

 

 

 (1) 三洋化成工業の平均年収 推移(2010年から)

 

 三洋化成工業の平均年収 推移(2010年から)

 

 

平均年収 三洋化成工業 業界平均 上場企業平均
2010年 646万円 701万円  
2011年 691万円 722万円 563万円
2012年 698万円 740万円 570万円
2013年 643万円 725万円 571万円
2014年 670万円 718万円 577万円
2015年 694万円 734万円 588万円
2016年 734万円 745万円 594万円
2017年 733万円 747万円 598万円
2018年 733万円 754万円 605万円
2019年 727万円 771万円 612万円
2020年 736万円 774万円 614万円
2021年 725万円 766万円 603万円
2022年 762万円 778万円 606万円

 

今回は、化学業界の三洋化成工業の年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2022年まで。
三洋化成工業では2010年から2022年の13年間で平均年収が116万円(118%)上昇しています。
化学業界の13年間の上昇平均は76万円(111%)なので、業界全体の賃金が上昇していることがわかります。また上場企業の平均では12年間で43万円(108%)です。


化学業界においても新型コロナウィルスの影響は少なくはありません。エネルギー・原材料などの価格の高止まり、物流の停滞、労働力不足などです。主要な国内化学メーカーの2020年度の業績は軒並み大幅な減益となりました。しかし、化学業界の回復は速く、取扱製品にもよりますが需要が急拡大し、2021年からは過去最高ともいえるくらいの好業績となりました。石油化学製品の価格上昇や半導体製品の需要拡大などが要因の一つとして考えられます。ただ、もともと石油化学製品は好・不況の影響を受けやすい為、昨年度の化学業界の増収増益は石油化学市況の高騰による影響を受けた一時的なものとなるでしょう。

世界中でカーボンニュートラルを目指す現在、化学業界に対する期待は大きいです。温室効果ガスを多く排出する化学業界にとっては今後どのようにしてカーボンニュートラルを実現していくのか、各社の動向に注目が集まるでしょう。

 

 

 

 (2) 三洋化成工業の生涯賃金 推移(2010年から)

 

 三洋化成工業の生涯賃金 推移(2010年から)

 

生涯賃金 三洋化成工業 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 2億5082万円 -  
2011年 2億6830万円 2億2450万円 4380万円
2012年 2億7101万円 2億2729万円 4372万円
2013年 2億4966万円 2億2939万円 2027万円
2014年 2億6014万円 2億3185万円 2829万円
2015年 2億6946万円 2億3631万円 3315万円
2016年 2億8499万円 2億3897万円 4602万円
2017年 2億8460万円 2億4046万円 4414万円
2018年 2億8460万円 2億4320万円 4140万円
2019年 2億8227万円 2億4610万円 3618万円
2020年 2億8577万円 2億4481万円 4096万円
2021年 2億8150万円 2億3421万円 4729万円
2022年 2億9586万円 2億3510万円 6076万円

 

三洋化成工業に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
2億9,586万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2022年時点で6,076万円。
おおよそ日本の平均の1.26倍、化学業界の平均値の0.98倍となっています。

日本では上場企業とひとくくりにされますが、このように入社する企業で人生において6千万円以上の収入差が出てしまうのです。

 

 

 

 (3) 三洋化成工業の平均年収を業界と比較

 

 三洋化成工業の平均年収を業界と比較

 

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
大陽日酸 987万円 3億8303万円
住友化学 884万円 3億4306万円
三菱ガス化学 871万円 3億3825万円
信越化学工業 855万円 3億3178万円
三井化学 839万円 3億2571万円
日産化学 815万円 3億1634万円
東ソー 786万円 3億0518万円
三洋化成工業 762万円 2億9586万円
日本触媒 760万円 2億9501万円
カネカ 755万円 2億9322万円
旭化成 751万円 2億9166万円
日本ゼオン 751万円 2億9149万円
JSR 745万円 2億8911万円
エア・ウォーター 740万円 2億8724万円
ダイセル 739万円 2億8702万円
デンカ 732万円 2億8425万円
トクヤマ 722万円 2億8037万円
昭和電工 721万円 2億8003万円
ADEKA 716万円 2億7790万円
クラレ 705万円 2億7363万円
宇部興産 700万円 2億7188万円
上場平均 606万円 2億3510万円

 

今回は、化学業界21社(大陽日酸、住友化学、三菱ガス化学、信越化学工業、三井化学、日産化学、東ソー、三洋化成工業、日本触媒、カネカ、旭化成、日本ゼオン、JSR、エア・ウォーター、ダイセル、デンカ、トクヤマ、昭和電工、ADEKA、クラレ、宇部興産)の平均と、三洋化成工業の年収推移を比較しました。

結論、三洋化成工業は業界平均の0.98倍、上場企業の平均年収と比べると1.26倍の収入を得る事ができています。また三洋化成工業内でも、平均年収が2010年と比べ116万円あがっており、企業としての業績/収益が順調に伸びていることがわかります。

 

 

 

 (4) 三洋化成工業の年収カースト

 

三洋化成工業の年収カースト

 

三洋化成工業の年収は762万円なので、カーストは“THE 中流層”です。年収カースト全体から見ると中の中に位置しています。
東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収700万円台の企業は304社で全体の16.51%でした。

上場企業の平均年収は606万円で”一人暮らし貴族”のランク。ここが全体で一番多い割合となっています。

 

 

 

2.三洋化成工業の給与制度/年収推移

 

三洋化成工業の給与制度/年収推移

 

 

2022年の三洋化成工業の年収の平均は、762万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は1,350名、平均年齢40.6歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定670~1,030万円程度と予測されます。

 

 

 

 (1) 三洋化成工業の勤務状況の推移

 

 三洋化成工業の勤務状況の推移

 

  平均年齢 平均勤続年数
2010年 37.7歳 14.9年
2011年 38.4歳 15.4年
2012年 38.6歳 15.6年
2013年 38.8歳 15.7年
2014年 39.2歳 16.0年
2015年 39.1歳 15.9年
2016年 39.2歳 15.9年
2017年 39.3歳 15.9年
2018年 39.3歳 15.8年
2019年 39.4歳 15.6年
2020年 39.7歳 15.8年
2021年 40.0歳 15.9年
2022年 40.6歳 16.5年

 

三洋化成工業の平均年齢は約38歳~約41歳、平均勤続年数は約15年~約17年の間で推移しています。

これは定年退職以外の退職が少ないということです。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。

三洋化成工業の数値もそれに近いものであり、安定して働ける企業といえます。

 

 

 

 (2) 三洋化成工業の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

三洋化成工業の年齢別の年収推移

 

年齢 三洋化成工業の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 401万円 406万円
30歳 545万円 509万円
35歳 688万円 572万円
40歳 832万円 621万円
45歳 903万円 647万円
50歳 975万円 739万円
55歳 1,047万円 808万円
60歳 945万円 730万円

 

三洋化成工業の給与制度は、初任給が 総合職大卒で月給 236,100円、大学院卒で月給 266,300円ですので、初年度は300~380万円ですが
50代半ばで年収1000万円を超え、最大年収を迎える50代の年収は930~1,120万円になります。

年功序列の傾向が強く、入社後数年は能力による差はあまり反映されずにほぼ横並びのようです。


日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳     -5万円
30歳      +36万円
35歳       +116万円
40歳       +211万円
45歳       +256万円
50歳       +236万円
55歳       +239万円
60歳       +215万円

となり、上場企業の平均よりも高い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

 

 

 (3) 三洋化成工業の役職別の年収推移

 

役職

年齢

推定年収

役職なし

23歳〜27歳

300万円~600万円

主任

28歳〜

600万円〜750万円

係長

32歳〜

750万円〜900万円

課長

37歳〜

900万円〜1,100万円

部長

45歳〜

1,100万円〜1,400万円

(編集部独自に取得しているデータと三洋化成工業の平均年収を掛け合わせて算出)

 

 

年功序列の傾向が強い企業です。よほど評価が悪くない限りは同期は横並びで昇給していき、管理職になると差がついてきます。また、部署によって昇格スピードは異なるようです。年収に占めるボーナスの割合が多く、福利厚生も充実しているようです。

(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 

 (4) 三洋化成工業の口コミ情報

 

20代女性

20代女性
20代女性

給与制度: 同年代に比べて高い方だと思う。ボーナスもかなり高い、交代勤務をすると手当がつくので結構な額をもらえる。日勤でも同年代と比べたら高い方だと思う。

評価制度: 年功序列で数年に一度級が上がる。ボーナスの査定もほぼ上がらないが下がりもしない。

月給 残業 賞与 年収
21万円 0万円 92万円 370万円

 

 

20代男性

20代男性
20代男性

給与制度: よくも悪くも年功序列で給与は上がっていく。昇給は年齢、役職による。役職はほぼ年功序列で上がっていくため、同年代の仕事評価が高いものともあまり給与が変わらない。賞与は当然だが利益が高い年は多く、低い年は少ない。だが、今まで平均して給与の4~5か月分の幅で支給されていた。各種手当についても扶養家族手当や住宅補助がでる。会社が定めた資格給もある。給与や手当面で不自由は感じたことは特にない。

評価制度: 昇進頻度は割と高いほうだと感じた。ただ、部署毎に昇進、昇格、給与調整をしており、部署人数の分母が小さい所は仕事ができる者が早く昇格し、分母が大きい所はよっぽど目立たないかぎり昇格はしない。昇格はほぼ年功序列なので評価は高いが、先輩がまだ昇格してないため今回は見送りなどのケースがあると感じている。

月給 残業 賞与 年収
31万円 0万円 125万円 500万円

 

 

30代男性

30代男性
30代男性

給与制度: 若いうちは安くて綺麗な独身寮に住むことができるためしっかりと貯金ができる。 交代勤務になると手当もしっかり出るため給料面で不満になる事は基本的に無いと思う。

評価制度: 半月ごとに面談を行いチャレンジする目標を上司と話し合い、チャレンジした目標が達成された場合はしっかりと評価されるためやりがいにもつながる。

月給 残業 賞与 年収
600万円

 

 

20代男性

20代男性2
20代男性2

給与制度: 初任給は業界の中でもかなり高め。 入社後の給与の伸び率は低いと感じる。

評価制度: 典型的な年功序列制度。 30代半ばまでは、ほとんど役職に差がつかない。 40代以降でこれまでの成果が役職に反映される。

月給 残業 賞与 年収
500万円

 

 

20代女性

20代女性2
20代女性2

給与制度: 昇給年1回。賞与年2回。交代勤務手当有り。独身寮有り。通勤手当・住宅手当等各種手当有り。

評価制度: 基本的には年功序列。 年に2回上司との面談にて年間、中長期目標を設定し、達成度に応じて賞与が査定される。 経験年数を重ねれば、よほどのことがない限り他より昇格が遅れることはない。その中で仕事が突出してできる人が昇進が早くなる。

月給 残業 賞与 年収
450万円

(openwork、en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 

 (5) 三洋化成工業の福利厚生/待遇

 

三洋化成工業の福利厚生/待遇

 

三洋化成工業の福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際に三洋化成工業での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

 

2022年 新卒採用の募集要項

手当

通勤手当、時間外手当、配偶者・扶養家族手当、特別食事手当(勤務地による)、交替制勤務手当など

休日・休暇

日勤:
年間休日126日(2020年実績)
完全週休2日制(土曜・日曜)、 祝日、年末年始、夏期、GW、
その他年次有給休暇・慶弔休暇など

交替制勤務:
年間休日142日(2020年実績)
8日間につき3日の休日、 その他年次有給休暇・慶弔休暇など

保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、法定外労災補償など

福利厚生・諸制度

フレックスタイム制度、在宅勤務、時間単位半休制度、短時間勤務、住宅制度(家賃補助制度、持家取得制度、寮制度、社宅制度)、出産・育児支援(産前産後休暇、育児休業、育児軽減勤務、その他費用補助)、健康・余暇(健康診断、インフルエンザ予防接種、健康相談室、旅行費用補助、レクリエーション行事、クラブ活動)など

 

 

20代女性

20代女性
20代女性

福利厚生: 退職金、住宅補助、独身寮、財形貯蓄、社員持株会有。 カフェテリアプラン、スポーツクラブ割引等有り。

オフィス環境: 都内になるオフィスは綺麗だが、画期的とは言えない。至って普通。 各工場はあまりきれいな環境とは言えない。

 

 

30代男性

30代男性
30代男性

福利厚生: 退職金、住宅補助、独身寮、財形貯蓄あり。独身寮は2万ほどで住める。福利厚生は手厚い。

オフィス環境: 生産部門においては部署にもよるが綺麗とはいえない。粉汚れが特にひどい。事務所の会議室等は比較的きれい。

 

 

30代男性

30代男性2
30代男性2

福利厚生: 福利厚生はとても整っている。コナミスポーツクラブなどのジムを利用するのに補助がでる。住宅補助が手厚いと思う。

オフィス環境: オフィス環境は普通だと思う。一人あたりにあたえられるスペースは十分。

 

 

20代女性

20代女性2
20代女性2

福利厚生: 独身寮がありどこの勤務地でも割と新しいが、少し狭い。家賃補助は24歳からでたはず。

オフィス環境: 工場勤務だとどこも古めだと思う。本社や営業所だと結構綺麗だったりすると思う。

(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 

3.三洋化成工業に新卒/転職で入社するには

 

 

 

 

 

 

 

4.三洋化成工業の過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収調査
-, ,