年収調査

全日本空輸(ANA)の年収は560万円!?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

全日本空輸(ANA)の年収は1000万円を超える?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

2大航空会社の一つで、国内航空最大手。2015年度に国際線旅客数でJALを抜き、国内線、国際線とも首位にたちました。

1952年に日本ヘリコプター輸送として始動し、1986年に国際定期便に進出。1999年に航空連合スターアライアンスに加盟し、日米路線でユナイテッド航空と、日欧路線でルフトハンザグループと共同運航を始めました。そして2013年4月にホールディングス化をし、2019年には傘下に抱える格安航空会社(LCC)のバニラ・エアとピーチ・アビエーションが事業統合しました。

 

今回はこの「全日本空輸(ANA)」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

 

1.全日本空輸(ANA)の平均年収は564万円

 

全日本空輸(ANA)の平均年収は564万円

 

2021年の全日本空輸(ANA)の年収の平均は564万円(有価証券報告書調べ)となっています。従業員数は15,078人、平均年齢45.2歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定540~780万円程度と予測されます。

 

 (1) 全日本空輸(ANA)の平均年収 推移(2010年から)

 

全日本空輸(ANA)の平均年収 推移(2010年から)

全日本空輸(ANA)の平均年収 推移(2010年から)

 

平均年収 全日本空輸(ANA) 業界の平均 上場企業平均
2010年 728万円 728万円  
2011年 752万円 752万円 563万円
2012年 767万円 628万円 570万円
2013年 739万円 647万円 571万円
2014年 685万円 638万円 577万円
2015年 790万円 703万円 588万円
2016年 854万円 729万円 594万円
2017年 818万円 764万円 598万円
2018年 762万円 743万円 605万円
2019年 777万円 735万円 612万円
2020年 737万円 725万円 614万円
2021年 564万円 581万円 603万円

 

全日本空輸(ANA)では2010年から2021年の12年間での平均年収の上昇額は-165万円(77%)となっています。
2020年まではそこまで大きな増減はありませんでしたが、2021年はコロナの影響で平均年収は前年度より173万円下がりました。
空運業界の同じ12年間の上昇平均は-148万円(80%)、上場企業の平均では11年間で40万円(107%)です。

新型コロナウイルスの世界的な大流行はさまざまな業界に打撃を与えましたが、特に影響が大きかったのが航空業界です。
全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の2大キャリアの国際線は、フライトが2019年と比べて9割以上も減少しました。国内線は「GoToトラベル」でわずかに回復しましたが、その後も緊急事態宣言が続き、更なる需要減に直面しました。
21年3月期の連結決算では、ANAホールディングスが最終損失4046億円、日本航空(JAL)が2866億円といずれも巨額の最終赤字を計上しています。
また、インバウンド(訪日外国人)需要や東京五輪・パラリンピック開催における収益も期待通りには伸びず未曾有の危機に瀕しました。
ただ、両社とも2020年度内に数千億規模の公募増資に踏み切り、財務の大幅な悪化は回避しています。
そして給与やボーナスのカットはしても専門性が高く貴重な人材であるパイロットや客室乗務員、整備員等の人員削減は行わない方針を示し、航空事業で効率化を図るとともに、非航空事業としてプラットフォームビジネスや非稼働の航空機を使った遊覧飛行や機内レストランなどといった新事業にも積極的に取り組んでいます。

 

 (2) 全日本空輸(ANA)の生涯賃金 推移(2010年から)

 

全日本空輸(ANA)の生涯賃金 推移(2010年から)

全日本空輸(ANA)の生涯賃金 推移(2010年から)

 

生涯賃金 全日本空輸(ANA) 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 2億8282万円 -  
2011年 2億9198万円 2億2450万円 6748万円
2012年 2億9788万円 2億2729万円 7059万円
2013年 2億8913万円 2億2939万円 5974万円
2014年 2億6793万円 2億3185万円 3607万円
2015年 3億0893万円 2億3631万円 7262万円
2016年 3億3397万円 2億3897万円 9500万円
2017年 3億2020万円 2億4046万円 7974万円
2018年 2億9798万円 2億4320万円 5477万円
2019年 3億0384万円 2億4610万円 5775万円
2020年 2億8596万円 2億4481万円 4116万円
2021年 2億1887万円 2億3421万円 -1534万円

 

全日本空輸(ANA)に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
2億1,887万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2021年時点でー1,534万円。
おおよそ日本の平均と同じくらいの生活をおくれるといえます。

 

 (3) 全日本空輸(ANA)の平均年収を業界と比較

 

全日本空輸(ANA)の平均年収を業界と比較

全日本空輸(ANA)の平均年収を業界と比較

 

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
日本航空(JAL) 678万円 2億6340万円
全日本空輸(ANA) 564万円 2億1887万円
スターフライヤー 500万円 1億9414万円
上場平均 603万円 2億3421万円

 

今回は、上場している空運会社3社(日本航空、全日本空輸、スターフライヤー)の平均と、全日本空輸(ANA)の年収推移を比較しました。

結論、全日本空輸(ANA)は業界平均の0.97倍、上場企業の平均年収と比べると約0.93倍の収入となっています。

 

 (4) 全日本空輸(ANA)の年収カースト

 

全日本空輸(ANA)の年収カースト

全日本空輸(ANA)の年収カースト

 

全日本空輸(ANA)の平均年収は564万円なので、カーストは“都市部だと貧困”です。

東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収500万円台の企業は523社で、2番目に多く、上場企業の中では平均より少しだけ低い年収といえます。

 

 

2.全日本空輸(ANA)の給与制度/年収推移

 

全日本空輸(ANA)の給与制度・年収推移

 

2021年の全日本空輸(ANA)の年収の平均は564万円(有価証券報告書調べ)となっています。従業員数は15,078人、平均年齢45.2歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定540~780万円程度と予測されます。

 

 (1) 全日本空輸(ANA)の勤続状況の推移

 

全日本空輸(ANA)の勤続状況の推移

全日本空輸(ANA)の勤続状況の推移

 

平均年齢 平均勤続年数
2010年 38.3歳 12.7年
2011年 38.6歳 12.7年
2012年 38.3歳 12.5年
2013年 38.0歳 12.2年
2014年 46.1歳 1.0年
2015年 47.1歳 1.6年
2016年 48.4歳 2.0年
2017年 47.2歳 2.6年
2018年 46.2歳 2.7年
2019年 45.5歳 3.4年
2020年 45.8歳 3.6年
2021年 45.2歳 3.9年

 

全日本空輸(ANA)の平均年齢、平均勤続年数は2013年を境に大きく変化しています。
これは2013年4月にホールディングス化したことによります。(有価証券報告書を参考にデータを取得しているため、2014年からはANAホールディングスのデータとなります。)

 

調査をしたところ、2021年の全日本空輸(ANA)の平均年齢は38.0歳、平均勤続年数は13.6年となっています。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。
全日本空輸(ANA)もほぼこれに当てはまります。

ただ、日本型企業の最大の特性でもあった「終身雇用」が揺らぎ始めている現在、今後も「終身雇用」が続けられるのかは各企業の努力によります。

 

 

 (2) 全日本空輸(ANA)の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

全日本空輸(ANA)の年齢別の年収推移

全日本空輸(ANA)の年齢別の年収推移

 

年齢 全日本空輸(ANA)の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 297万円 406万円
30歳 403万円 509万円
35歳 509万円 572万円
40歳 615万円 621万円
45歳 668万円 647万円
50歳 721万円 739万円
55歳 774万円 808万円
60歳 699万円 730万円

 

全日本空輸(ANA)の給与制度は、初任給がグローバルスタッフ職(事務・技術)は大卒で218,557円、客室乗務職は大卒で180,319円、運航乗務職(自社養成パイロット)は大卒で219,444円ですので、初年度は250-360万円ですが、最大年収を迎える50代の年収は700~900万円になります。

 

日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳  -109万円
30歳  ー106万円
35歳    ー63万円
40歳   -6万円
45歳    +21万円
50歳    -18万円
55歳    -34万円
60歳    ー31万円

となり、全日本空輸(ANA)は日本の上場企業の平均より少し低い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

 (3) 全日本空輸(ANA)の役職別の年収推移

役職 年齢 推定年収
役職なし 23歳〜27歳 300万円~600万円
主任 28歳〜 620万円〜750万円
係長 32歳〜 760万円〜900万円
課長 37歳〜 940万円〜1,180万円
部長 45歳〜 1,200万円〜1,300万円

(openworkのデータを参考に編集部作成)

 

等級に応じた給与体制ですが、基本的には年功序列で、入社5年目まではあまり昇給はありません。*
普通にやっていれば順調に職位が上がっていきますが、よっぽど良い成果を上げない限り基本的に横並びの評価になります。*

(*はopenworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 (4) 全日本空輸(ANA)の平均年収の口コミ情報

20代客室乗務員

20代女性2
20代女性2
給与制度: 基本給がとにかく少ない。

評価制度: 決められたペースで遅れることなく習熟することが基本。育成プログラム通りに進んでいくので、基本的にみな同じ評価をされる。

月給 残業 賞与 年収
17万円 3万円 12万円 287万円

20代総合職

20代男性2
20代男性2
給与制度: ボーナスは年3回。 そのうち2回は2ヶ月分ずつ。 1回は前年度の業績に応じて貰える。業績目標を達成すると2ヶ月分。そこからプラスになることもマイナスになることもある。 月給は少なくボーナスが大きい給与体系であるが、コロナの影響でボーナスがカットされ非常に苦しい。 安定はしているが膨大な人件費がかかっているため、大企業の割にそこまで高給ではない。

評価制度: 評価方法は細かく定められていて、きちんと見てくれる。しかし同期の中で差がつくのは入社10〜20年程経った後であり、かつ大きな差は付かないため、モチベーションの向上には繋がらない。典型的な年功序列なので、入社数年の若手から見ても明らかに仕事ができない、しておらずとも年収1000万円以上貰っている年寄りもいる。

月給 残業 賞与 年収
28万円 - 64万円 400万円

30代総合職

30代男性
30代男性
給与制度: 年功序列の色合いが強い。業績が景気や世界情勢に左右される業界であるため、社員の頑張りとは無関係に業績が落込み、賞与はゼロになることもある。

評価制度: 表向きは成果主義による絶対評価を掲げているが、評価は不透明で必ずしも優秀な人が評価されるとは限らない。評価に対するフィードバックがないことも多い。また、組合活動に従事した人の評価を高くする傾向があり極めて不平等といえる。

月給 残業 賞与 年収
30万円   40万円 400万円

30代客室乗務員

30代女性
30代女性
給与制度: 年齢に応じた基本給と、等級に応じた基本給により構成される。よって毎年年齢が上がるごとに基本が5000円ほど上がり、また後者は入社年数や社内資格を取得するごとに上がる。不規則な勤務時間に対する手当も一定額発生している。あとは個人が乗務した時間、深夜フライトであれば深夜乗務手当、レイオーバーによるステイ費などがあり、それに合わせて手当が支給される。全体的に手当部分の比重が高く、コロナ禍でフライトが激減した現状、手取りはかなり下がっている。またボーナスがカットされ、都内で一人暮らしをしていくには大変厳しい。

評価制度: よっぽどなことがない限り、毎年7月に前年度のFB面談がありそれによって昇給する。3000円ほど。同期の間で順位がつくようなことはなく、みなが同じペースでの習熟、昇進が求められる。

月給 残業 賞与 年収
30万円 - 100万円 460万円

30代技術職

30代男性2
30代男性2
給与制度: 基本給が低い代わりに手当が厚いのが特徴だと思われる。そのため、扶養や持家等の影響で同期内でもかなり差が生まれる。

評価制度: 1年に1度人事評価が行われる。この評価が実力より年功序列的な要素が強く、どれだけ成果を上げて周囲に認められても、その成果が給与面に正しく反映されない。社員の中でも、実力がなくても年齢が高いだけで給与が高い人が多く存在しており、バリバリ働ける若手社員からすると不平等感が大きく感じられる。

月給 残業 賞与 年収
29万円 3万円 174万円 650万円

40代総合職

40代男性2
40代男性2
給与制度: 家族手当や賞与などあるが、どこの会社にでもある程度だと思う。やっている仕事と比較すると、多くもなく少なくもなく、という感じ。昇給は年一回。

評価制度: 年間の目標に対する達成度の評価が行われる。

月給 残業 賞与 年収
50万円 - 100万円 750万円

50代パイロット・機長

50代男性2
50代男性2
給与制度: ボ-ナスの基準額は乗務に関する手当類が全く含まれず、平均月収x月数でなく一般職でいうところの本給の基礎額部分x月数でしか計算がされない。 そもそも大卒や院卒であろうが総合職よりもこの基礎額自体の算定が低い設定になっていた。出来高制で支払われる乗務時間に連動する各種手当が高額なのが特徴で、特に長時間や深夜の割増しが変動給に占める割合が高い。自分が配属される機種とスケジュ-ルアップされる路線により収入は大きく変動する。コロナで所得額が約2-3割下がっているが、累進課税で約55%もの所得が税金で消えるため、手取り額ベースでの実感は実減収額の半分弱。 60歳で定年となるが、その後は契約社員扱いで最長で65歳まで乗務が可能。

評価制度: 形だけの評価制度があるが、地上職一般に適用されるような評価制度の導入は難しい。 長期病欠で欠勤が発生したり、審査不合格やインシデント等で長期飛行停止になった場合には人事考課で減給となる。

月給 残業 賞与 年収
225万円 - - 2700万円
(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 

 (5) 全日本空輸(ANA)の福利厚生/待遇

 

全日本空輸(ANA)の福利厚生・待遇

 

全日本空輸(ANA))の福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際に全日本空輸(ANA)での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

 

2021年 新卒採用の募集要項

手当 ■運航乗務職(自社養成パイロット) 家族手当、住宅手当など
 ■客室乗務職 家族手当、住宅手当、深夜労働手当、土日出勤手当、乗務手当、職務手当など
■グローバルスタッフ職(事務・技術) 家族手当、住宅手当など
休日・休暇 ■運航乗務職(自社養成パイロット) 月間10日間程度。年次有給休暇・特別休暇など
 ■客室乗務職 月間10日程度(年間126日)。年次有給休暇、リフレッシュ休暇、懐妊・育児休職など、各種休暇・休職制度あり
 ■グローバルスタッフ職(事務・技術) 土・日・祝日・年末年始(年間121日)、年次有給休暇・夏季特別休暇など
保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生・諸制度 共済会、社員持株会、財形貯蓄制度、団体保険、 育児・介護休業制度、短時間勤務制度、 寮・社宅、定期健康診断、搭乗優待制度、ファミリーツアー、ニッポンレンタカー割引制度、各種見舞金制度、資格取得支援制度、各種研修制度、カフェテリアプラン、保養所

上記のほかにもワークライフバランス支援制度として育児・介護・働き方・活躍支援について様々な制度を設け、働きやすい環境整備に取り組んでいるようです。

 

20代女性

20代女性
20代女性
福利厚生: 財界貯蓄や住宅補助は住まいに関わらず、一律一万円。 またベネフィットステーションのカフェテリアプランがあり、プライベートを充実させたい方には魅力的かと思う。 コロナ禍前には年度ごとに53000ポイント(=53000円)付与されていたが、コロナ禍には半分になっている。

20代男性

20代男性
20代男性
福利厚生: 優待航空券等の福利厚生は手厚いが、一方で住宅手当は9200円程度であって補助が殆ど無い。住宅補助が殆ど無い背景は客室乗務員が多いせいであると言われており、総合職の中では不満を覚える人も多い。
オフィス環境: オフィス環境は比較的整っているが、オフィス環境を整えるのであれば給与を上げて欲しい。

30代女性

30代女性
30代女性
福利厚生: 退職金は、若い世代にはほぼなく確定拠出年金制度により、会社が負担してくれる分(+ 個人の追加分)で自分で運用。(30代で毎月3000円ほど支給イメージ) 寮は、廃止となり、一般客室乗務員が入れる寮はない。住宅補助は、30代で9000円程度。財形貯蓄、持株会制度あり。 割引優待航空券が利用できる。 オフィス環境: 客室乗務員は、基本的に空港、訓練施設へ出社。

30代男性

30代男性
30代男性
福利厚生: 航空券の優待やカフェテリアポイントなどがあるため充実している。 ただし寮費が高く、家賃補助も少ないので、航空機をあまり使用しない人や福利厚生をしっかりと使っている人以外には物足りなく感じる。 特にコロナ禍により自宅にいることが推奨される今の時代においては、福利厚生はあまり享受できない。

40代男性

40代男性
40代男性
福利厚生: 福利厚生は良くないと言える。唯一自慢できるサービスとしめ、航空券が安く使えることであるが、家賃補助などの方がはるかに良い福利厚生であると言える。
オフィス環境: 環境は良いと考える。空港での勤務が多くなるが、普段の仕事において、コーヒーを飲んだり、トイレも行けたり、あとは外国人もたくさんいる。
(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)
 

3.全日本空輸(ANA)に新卒/転職で入社するには

 

 

 

 

 

4.全日本空輸(ANA)の過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収調査
-, ,