年収700万円台 年収調査 転職ノウハウ

セブン銀行の年収は1000万円を超える?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

セブン銀行の年収は1000万円を超える?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析
2001年設立の新規参入銀行です。 提携金融機関から受け取るATM手数料が収益源で、セブン−イレブン店舗を中心に2.5万台を超える民間銀行最多のATMを設置しています。提携金融機関はほぼすべての銀行のほか、信用金庫、信用組合、証券・保険など約600社におよびます。駅や空港・ホテルにも設置を進める他、個人向けローンや海外送金サービス、電子マネーへのチャージや現金受け取りサービスなど、多角的なビジネスを進めています。 今回はメガバンクの中でも「セブン銀行」の収入という観点に迫ります。 有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。 新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

1.セブン銀行の平均年収は713万円

セブン銀行の平均年収は713万円 2021年のセブン銀行の年収の平均は、713万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は470人、平均年齢42.3歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定700~980万円程度と予測されます。

 (1) セブン銀行の平均年収 推移(2010年から)

セブン銀行の平均年収 推移(2010年から)

セブン銀行の平均年収 推移(2010年から)

平均年収 セブン銀行 メガバンクの平均 上場企業平均
2010年 845万円 760万円
2011年 787万円 738万円 563万円
2012年 678万円 732万円 570万円
2013年 676万円 733万円 571万円
2014年 659万円 745万円 577万円
2015年 671万円 751万円 588万円
2016年 658万円 741万円 594万円
2017年 663万円 734万円 598万円
2018年 669万円 734万円 605万円
2019年 679万円 738万円 612万円
2020年 708万円 745万円 614万円
2021年 713万円 749万円 603万円
今回は、メガバンクの一角であるセブン銀行の年収推移をグラフ化しました。 計測は2010年から2021年まで。 セブン銀行の2021年の平均年収を2010年と比べると平均年収は-133万円(84%)となっています。 2010、2011年の平均年収は高かったのですが、2012年に下がって以降はほぼ横ばいとなり、ここ数年は少しずつ上昇しています。 メガバンクの12年間の上昇平均は-11万円(99%)とほぼ横ばいとなっています。また上場企業の平均では11年間で40万円(107%)です。 安定しているイメージの強い銀行業界ですが、新型コロナウィルスによる影響は少なくはありません。大手銀行5グループの2021年3月期の決算では三菱UFJフィナンシャル・グループとみずほフィナンシャル・グループは増益となりましたが三井住友フィナンシャル・グループなど3グループは2桁の減益となりました。というのも、コロナ禍による企業の資金需要は強く貸出金は増加しているのですが、融資の焦げ付きに備えた引当金の増加や海外市場部門の不振が減益の原因となっているためです。 もともと少子高齢化や長引く超低金利の影響で経営が厳しい状態でしたが、ここに新型コロナウィルスが追い打ちをかけることになりました。 そこで、預貸金業務中心の収益システムから新たなビジネスモデルを立ち上げようと各銀行とも取り組みをはじめました。 業務の効率化を図るために、三井住友銀行は900枚の紙幣を一度で扱えるATMを導入し窓口で現金の受け渡しを行わない店舗、みずほ銀行は窓口カウンターがなく顧客がタブレット端末で手続きをする店舗をそれぞれ開設しました。 若い世代向けとしては、IT企業と連携しスマートフォン上で様々な金融サービスが受けられるシステムの開発も各銀行で進められています。 また、SDGsやESGへの意識が高まっているため、これからはSDGsやESG融資も加速していくと思われます。

 (2) セブン銀行の生涯賃金 推移(2010年から)

セブン銀行の生涯賃金 推移(2010年から)

セブン銀行の生涯賃金 推移(2010年から)

生涯賃金 セブン銀行 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 3億2825万円 -
2011年 3億0573万円 2億2450万円 8123万円
2012年 2億6313万円 2億2729万円 3584万円
2013年 2億6445万円 2億2939万円 3506万円
2014年 2億5791万円 2億3185万円 2606万円
2015年 2億6233万円 2億3631万円 2602万円
2016年 2億5748万円 2億3897万円 1851万円
2017年 2億5955万円 2億4046万円 1909万円
2018年 2億6167万円 2億4320万円 1847万円
2019年 2億6558万円 2億4610万円 1948万円
2020年 2億7486万円 2億4481万円 3005万円
2021年 2億7680万円 2億3421万円 4259万円
セブン銀行に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合 2億7,680万円の収入を得る事ができます。 日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2021年時点で4,259万円。 おおよそ日本の平均の1.18倍、メガバンクの平均値の0.95倍となっています。 日本では上場企業とひとくくりにされますが、このように入社する企業で人生においてかなりの収入差が出てしまうのです。

 (3) セブン銀行の平均年収を業界と比較

セブン銀行の平均年収を業界と比較

セブン銀行の平均年収を業界と比較

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
三井住友銀行 842万円 3億2700万円
あおぞら銀行 809万円 3億1407万円
新生銀行 788万円 3億0611万円
三菱UFJ銀行 773万円 3億0017万円
みずほ銀行 729万円 2億8317万円
セブン銀行 713万円 2億7680万円
ゆうちょ銀行 675万円 2億6193万円
りそな銀行 662万円 2億5708万円
上場平均 603万円 2億3421万円
今回は、メガバンク8社(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行、あおぞら銀行、セブン銀行)の平均と、セブン銀行の年収推移を比較しました。 結論、セブン銀行は業界平均の0.95倍、上場企業の平均年収と比べると1.18倍の収入を得る事ができています。

 (4) セブン銀行の年収カースト

セブン銀行の年収カースト

セブン銀行の年収カースト

セブン銀行の年収は713万円なので、カーストは“THE 中流層”です。 東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収700万円台の企業は304社で全体の16.51%でした。 上場企業の平均年収は603万円で”一人暮らし貴族”のランク。ここが全体で一番多い割合となっています。

2.セブン銀行の給与制度/年収推移

セブン銀行の給与制度・年収推移 2021年のセブン銀行の年収の平均は、713万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は470人、平均年齢42.3歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定700~980万円程度と予測されます。

 (1) セブン銀行の勤務状況の推移

セブン銀行の勤務状況の推移

セブン銀行の勤務状況の推移

勤務状況 平均年齢 平均勤続年数
2010年 42.9歳 3.8年
2011年 42.7歳 4.5年
2012年 44.0歳 4.9年
2013年 43.3歳 5.2年
2014年 43.6歳 5.6年
2015年 44.9歳 6.1年
2016年 43.2歳 6.4年
2017年 43.0歳 6.8年
2018年 43.2歳 7.3年
2019年 42.9歳 7.4年
2020年 42.5歳 7.5年
2021年 42.3歳 7.8年
セブン銀行の平均年齢はあまり変化は見られず、平均勤続年数はここ12年で少しずつ伸びています。 これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。 セブン銀行の平均勤続年数は短いのですが、新卒に比べて中途採用数が多いことが要因の一つとなっていると考えられます。入社後3年以内の離職率を見ても9.1%となっているので、離職率は低いといえます。

 (2) セブン銀行の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。
セブン銀行の年齢別の年収推移

セブン銀行の年齢別の年収推移

年齢 セブン銀行の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 376万円 406万円
30歳 510万円 509万円
35歳 644万円 572万円
40歳 778万円 621万円
45歳 845万円 647万円
50歳 912万円 739万円
55歳 979万円 808万円
60歳 884万円 730万円
セブン銀行の給与制度は、初任給が大卒で217,000円ですので、初年度は300~350万円ですが 最大年収を迎える50代の年収は890~1,080万円になります。 日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は 25歳    -30万円 30歳      +1万円 35歳    +72万円 40歳     +157万円 45歳     +198万円 50歳     +173万円 55歳     +171万円 60歳     +154万円 となり、上場企業の平均よりも高い年収となっています。 ※一般的には役職定年が55-58歳になります。 55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。 また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。 当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。 次は役職ごとの年収をご覧ください。

 (3) セブン銀行の役職別の年収推移

役職 年齢 推定年収
役職なし 23歳〜27歳 350万円~550万円
主任 28歳〜 580万円〜690万円
係長 32歳〜 700万円〜860万円
課長 37歳〜 890万円〜1,130万円
部長 45歳〜 1,050万円〜1,390万円
(openworkのデータを参考に編集部作成) 基本的には年功序列ですが、役職は数年に1度しか上がらず、基準賃金や昇給額のテーブルも明示されていないので不透明なようです。 基本的には親会社のセブン&アイホールディングスの企業文化が根強く、役員もメガバンクとセブン出身者が混在しているようです。 (openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 (4) セブン銀行の口コミ情報

20代女性
20代女性
給与制度: 年1回の改定。賞与を貰ってからの退職が相次いでいたことからか、賞与は最近少なくなり、月額に上乗せされる形になった。
月給 残業 賞与 年収
30万円 15万円 - 550万円
20代男性
20代男性
給与制度: そこそこもらえるので満足です。 制度は入ったばかりでまだよく分かりません。 評価制度: 特に普通だと思います。
月給 残業 賞与 年収
- - - 550万円
30代女性
30代女性
給与制度: 金融として給与は低いほう。 普通評価の場合、昇給が3000円程度とあり得ない額。役職があがると多少上がる。 ただ、役職は数年に1度しか上がらないことを考えると平均的な昇給幅は6000円程度かと思う。 また、賞与の割合が高すぎる。年収の3割程度が賞与となっているが、1番削りやすい賞与の割合がこれだけ高いのは異常。さらに退職金などの計算などを考えるとよくないと思っている。 評価制度: 評価制度については改善すべき点が多い。職位(給与)と職制(役職)が一致しておらず、かつ社員にみえづらい。よって給与が高いのに、責任ある役職をしていない人が存在する制度になった。 人にやさしい会社でもあるが、やる気がある人がやる気をなくしていく会社でもあると思う。
月給 残業 賞与 年収
- - - 750万円
30代男性
30代男性
給与制度: 年功序列。業績奨励金が出る年もある。 その他手当は特にない。 評価制度: 形式だけの評価。個人の評価というより、全社的なバランスを考慮する傾向にあり、結局年功序列になっている。
月給 残業 賞与 年収
35万円 10万円 200万円 755万円
40代女性
40代女性
給与制度: 特徴なし。 評価制度: まず上がらない。周りに聞いてもどういう社員が評価されているのか分からない。
月給 残業 賞与 年収
- - - 700万円
(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 (5) セブン銀行の福利厚生/待遇

セブン銀行の福利厚生・待遇 セブン銀行の福利厚生についてご紹介します。 就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。 実際にセブン銀行での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。 2021年 新卒採用の募集要項
手当 時間外手当、通勤手当 など
休日・休暇 完全週休二日制(土日)、祝日、年末年始 年次有給休暇、出産休暇、結婚休暇、忌引休暇、子の看護休暇、育児活動休暇、介護休暇、ボランティア休暇 など 年1回1週間以上の連続休暇、上期・下期1回4日間の連続休暇 など
保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険 など各種社会保険完備
福利厚生・諸制度 スライド勤務、社員持株制度、リ・チャレンジプラン(出産、育児、介護のための休職、短時間勤務、在宅勤務制度、再雇用制度) 企業年金(退職金)制度、確定拠出年金プラン、ハイライフプラン(個人年金、生命保険、損害保険)、共済会(社員による相互扶助制度)などセブン&アイグループのスケールメリットを活かした制度 福利厚生代行サービス(ベネフィットワン) 自己啓発支援制度
30代男性
福利厚生: 退職金は充実していると感じる。 社員持ち株会もあるので、利用している人は多いと感じる。 オフィス環境: オフィスは普通である。 最寄り駅から地上に出ずに会社に入れるので、雨の日が楽である。 カフェなどの共有スペースがあり、昼食をそこで食べている人も多い。
40代男性
オフィス環境: 座席は部ごとにエリアのみ決まっているがフリースペースのため、出社時に自由に座席を選ぶことができる。PCは自分専用のものを自分専用のロッカーに収納できる。隣席の者が日々変更するため分け隔てなく色々な人と会話が可能で、コミュニケーションの充実を図ることができる。
40代男性
福利厚生: グループの割引を受けられることがメリット。他に大きな福利厚生はない。住宅補助は若手に限定して適用される。その他持株会制度あり。 オフィス環境: 働きやすさを考えて、色々と工夫をしている。OA化は大分追いついた。オフィスレイアウトも新しくしたが、天井が低いのであまり広々としない。
(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

3.セブン銀行に新卒/転職で入社するには

4.セブン銀行の過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
maneger

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収700万円台, 年収調査, 転職ノウハウ
-, ,