pickup
転職は40代~50代で変わる!転職成功に近づける履歴書の書き方

40代~50代での転職は、20代の転職と対策が異なります。履歴書を書くときも40代・50代のアピールの仕方を意識して書かなければ、採用担当者に好印象を残すことはできません。

 

特に40代・50代の転職では経験や実績を巧みにアピールすることが重要です。「自己PR」や「志望動機」から効果的なアピールを行ないましょう。

 

そこで20代と40代・50代の転職の違いから、効果的に自己PRできる志望動機の書き方のコツを紹介します。

 

1.40代・50代の転職は書類選考がカギを握る

 

ミドル層といわれる40代・50代の転職は、書類選考通過が難しいと言われています。そのため40代・50代の転職活動では、履歴書の書き方に力を入れて、自分の魅力を最大限アピールすることが重要です。

 

第二新卒や20代の転職であれば、履歴書や職務経歴書で職歴の熟練度が充分でなくても「将来性を見込んで話を聞いてみよう」と書類選考を通過できることがありますが、ミドル・シニアの転職ではそうはいきません。

 

20代は 会社が育てる人材(育成枠)

30代は 会社の業績を牽引する人材(即戦力)

40代・50代では、これからの会社を成長させる土台構築をする人材が求められています。

 

履歴書から都市相場の職歴・戦力になることが伝わらなければ、条件不適合として書類選考の時点で落とされます。

 

しかし、裏を返せば、書類選考を通過すれば雇用への道が大きく開けるとも言えます。

採用担当者の目に留まり選んでもらえるような履歴書の書き方をすれば転職成功へと一歩近づけます。

 

採用担当者は履歴書から、応募者のスキル/経験と募集している人材がマッチしているかを判断しているため、中でも志望動機から企業が求める能力・スキルを有していることをアピールしましょう。

 

2.年齢に合わせた履歴書の書き方で採用担当者へ好印象を

 

40代・50代の転職は2030代の応募者とは求められているものや選考ポイントが違うため、履歴書の書き方から与える印象やチェックポイントも異なります。魅力的な履歴書にするためには40代・50代向けの書き方を抑えるようにしましょう。

 

①.志望動機は会社に成果をもたらすことを重視

40代・50代の転職で最も大切なのは即戦力になるというアピールが必要です。

志望動機は「会社に与える成果(足元だけでなく今後の環境構築も含め)」を重視した書き方をしましょう。実績をどう活かせるのか具体的に書くことで採用担当者に、入社後の活躍をイメージしてもらえます。

 

反対に、キャリアアップや将来のビジョン、夢に基づいた志望動機は、30代くらいまでは上昇志向があって好印象になりますが、年齢を重ねるごとに「自分の利益しか求めていない人物」というイメージが強くなってしまいます。

 

「経営理念に感銘を受けた」類の志望動機も40代・50代の転職の履歴書としては浅い印象を与えてしまうでしょう。

 

②.年相応の意欲と熱意で40代・50代の魅力をみせる

若年層だと「新しい分野にも挑戦したいです」という意欲は、将来が期待できる人材と見られるかもしれませんが、40代・50代の転職者に求められているのは、その年齢だからこそ持っている安定性や落着き、知見です。

 

年齢をカバーしようと「初心に戻りなんでも行います」という書き方は、逆効果。のびしろや成長という点では、若年層より分が悪いため効果的なアピールとは言えません。

 

40代・50代は、若年層にはない豊富な経験やマネジメント能力を活かすことで、企業を安定的異に成長させる環境整備・土台作りをしていきたいという熱意で勝負しましょう。

 

③.経験は具体的にどう活かすかアピールする

企業が年齢相応の経験や安定性を求めているといっても、「営業で培った20年間の経験を活かして、貴社で活躍したいと考えています」だと「経験」が漠然としていて、アピール力が弱いでしょう。

 

年齢を重ねれば誰でも「経験」は持っています。そこから得たスキル・成果など具体的にあげて、それをどう自分のものにしているのか、という点まで述べることで初めて、経験のアピールが生きるのです。自分の強みをしっかり分析して効果的な自己PRをしましょう。

 

 

3.志望動機にネガティブな転職理由を前面に出さない

 

40代・50代の転職で履歴書を書くときに気を付けたいのが、志望動機に「リストラや倒産でやむを得ず」というニュアンスの書き方をしないことです。これはあくまで転職に至った理由であり、志望動機としてはふさわしくありません。

 

志望動機は「なぜこの会社で働きたいのか」を書く欄です。もちろんこの年齢での転職だと仕方なく、という事情があることも企業側は理解していますが、「やむを得ず」という雰囲気を前面に出してしまうと働きたいという熱意が感じられず印象が悪くなってしまいます。

 

これまでの実績・スキルを活かすために、どうしてこの会社を選んだのかという観点で志望動機を書いて、「ここで働きたい」という積極的な履歴書を作成しましょう。

 

4.まとめ

 

豊富な経験を積んだ40代・50代の転職者は、チェックされるポイントが異なるため若年層の転職と同じ要領で履歴書を書いていると、思わぬところでマイナスイメージを残してしまうかもしれません。

 

履歴書の書き方の基本を抑えつつ、年齢に合わせた書き方のポイントを取り入れて40代・50代に合った転職活動を行いましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事