企業研究
未経験の業界への転職面接ではどんな質問をされる?質問例と回答例

これまでとは全く違う業界や職種に転職したいと考えたとき、面接ではどのような質問をされるのか気になる方が多いのではないでしょうか。経験不足を面接でどのようにカバーし、自分をアピールできるのか知りたい方もいるでしょう。

 

この記事では、未経験の業界や職種への転職を希望するときの面接ではどのような点がチェックされるのか、またよく聞かれる質問とその回答例を紹介します。

 

 

1.未経験の業界に転職するときの面接でチェックされること

 

新しいキャリアを築きたいと、いま携わっている仕事とは異なる業界・職種に転職を考える人も多いでしょう。募集要項などに「未経験者歓迎」と書かれている募集も多くあるため、経験がなくても簡単に転職できると考える方は、実際少なくないものです。

 

しかし、いくら「未経験者歓迎」と書いていても、企業はどんな人物でも受け入れるわけではありません。未経験職でも「やる気」や「熱意」があれば採用してもらえると思いがちですが、人を雇用するにはコストが発生するため、それだけで採用されることはないのが現実です。

 

企業が中途採用を検討するときは、基本的に即戦力となる人物を求めています。たとえ未経験者を歓迎するとしていても、入社後会社に貢献できないと思われる人物を採用することはないでしょう。

 

応募職種の経験が全くなかったとしても、その職種に就くにあたって必要な勉強をしているなど、具体的に行動していれば高く評価されると考えられます。

 

また、オフィスソフトのスキルや新人指導の経験などは、職種にかかわらず役に立ちます。これまでのビジネス経験と、チャレンジする職種に少しでも関係することをピックアップし、採用されれば貢献できることをアピールするようにしてください。

 

2.未経験の業界に転職するときによく聞かれる質問3選!

 

未経験の業界に転職するときに、よく聞かれる質問と回答例を3つ紹介します。

 

①.この業界を選んだ理由はなんですか?

 

「この業界を選んだ理由は?」と聞かれたときは、正直な考えをポジティブに伝えると良いでしょう。

 

未経験の業界に転職を希望する場合、やる気や熱意「だけ」で採用されることはないとお伝えしましたが、やる気も熱意も感じられなければその時点で検討対象から外されます。

 

応募する業界に対する前向きな意欲は、最低限備えていなければなりません。この質問をされたときには、未経験の職に挑む本気の決意を真剣に伝えるようにしましょう。

 

<回答例・ファッション業界から観光業界への転職の場合>

これまでファッション業界で働いていましたが、学生のころから興味があった観光業界への夢がどうしてもあきらめられずに、今回応募しました。前職ではデパートにて接客業をしておりましたので、お客様への接客には問題がありません。多くのお客様をお迎えし、楽しい旅のご提案をしたいと思っています。

 

②.○○職をやりたいと思った理由はなんですか?

 

業界だけでなく職種も変える場合、新しい職種を希望するに至った経緯は高確率で聞かれると思っておきましょう。この質問に対しては、応募職種の仕事内容をきちんと理解していること、その職種に就いて実現したいことを説明できることが必要です。

 

<回答例・販売職から営業職への転職の場合>

これまで販売職をしてきましたが、お客様に接客し自分がおすすめする商品をお買い上げ頂くことに強く喜びを感じていました。そしてこれからはお客様をお迎えするのではなく、自らお客様のもとに足を運び、商品のよさを伝えていく仕事がしたいと考え、今回営業職に応募させて頂きました。

 

③.未経験の仕事ですが、大丈夫ですか?

 

未経験者を採用することは、企業側も不安に感じるものです。採用したものの、やっぱり無理ですと早期退職されることは、企業側には痛手になります。そのため、「未経験の仕事ですが、大丈夫ですか?」と聞かれた場合は、未経験の仕事は容易ではないことを理解したうえで、しっかりと覚悟を持っていることを伝えるようにしましょう。

 

<回答例・営業職から人事職への転職の場合>

人事はまったくの未経験ですが、前職の営業職でも経験のない新人指導を任され、試行錯誤しながら成果を上げてきました。新しいことに挑戦することは困難もありますが、目標を達成する喜びもあると感じています。前職では部署の採用活動にも携わっておりましたので、その経験も活かし、御社に貢献していきたいと思っています。

 

3. まとめ 

 

未経験の業界や職種への転職を希望するときには、やる気や熱意を伝えるだけでは不十分です。採用する企業側も不安を感じていることを理解し、採用してもらえたらどのように貢献していけるのかを伝えることを重視するようにしましょう。

 

今回ご紹介した質問は、聞かれる確率が高いものであるためあらかじめ回答を考えておき、面接では企業側の不安を払拭できるよう、しっかり自分をアピールするようにしてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事