年収900万円台 年収調査

日本郵船の年収は?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

日本郵船の年収は?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

 

海運売上で国内首位の海運会社です。

明治18年(1885年)創業。前身は郵便汽船三菱です。現在は海運事業から総合物流事業へと裾野を拡げ、非海運事業からの収益が4割を占めるようになりました。子会社の日本航空貨物で航空機を保有し空運を手掛けるほか、航空貨物フォワーダー(貨物利用運送事業者)大手の郵船ロジスティクスを傘下に保有しています。2018年に商船三井、川崎汽船と統合したコンテナ船事業はコロナ禍による需給逼迫で順調に業績を伸ばしています。LNG船など運賃安定型事業を強化し、安全運航システムや省エネ化などの技術開発にも積極的に取り組んでいます。

今回は海運業の中でも「日本郵船」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

1.日本郵船の平均年収は955万円

 

日本郵船の平均年収は955万円

 

2021年の日本郵船の年収の平均は、955万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は連結で35,057人、単独では1,217人、平均年齢39.9歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定850~1,200万円程度と予測されます。

 

 

 (1) 日本郵船の平均年収 推移(2010年から)

 

 日本郵船の平均年収 推移(2010年から)

 

平均年収 日本郵船 業界平均 上場企業平均
2010年 944万円 902万円  
2011年 836万円 862万円 563万円
2012年 984万円 895万円 570万円
2013年 926万円 856万円 571万円
2014年 975万円 865万円 577万円
2015年 1,021万円 903万円 588万円
2016年 1,037万円 923万円 594万円
2017年 1,036万円 912万円 598万円
2018年 972万円 888万円 605万円
2019年 958万円 900万円 612万円
2020年 935万円 910万円 614万円
2021年 955万円 915万円 603万円

 

今回は、海運業の日本郵船の年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2021年まで。

日本郵船では2021年の平均年収は2010年に比べて11万円の上昇(101%)となっています。
海運業の平均年収は12年間で13万円の上昇(101%)、また上場企業の平均年収は11年間で40万円の上昇(107%)となっています。


日本は海に囲まれた島国で、輸出入の99%以上(重量ベース)を海運が担っています。海運企業は近年、厳しい業績が続いていましたが、新型コロナの影響で巣ごもり需要により注文が増え、荷物の量は急増しました。また、感染者が増えたことによって港湾の作業員が不足し、港湾が混雑しコンテナ不足、スペース不足に陥りました。その結果海上運賃が高騰し、業界全体としては順調に業績を伸ばしつつあります。

 

 

 (2) 日本郵船の生涯賃金 推移(2010年から)

 

 日本郵船の生涯賃金 推移(2010年から)

 

生涯賃金 日本郵船 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 3億6642万円 -  
2011年 3億2445万円 2億2450万円 9995万円
2012年 3億8216万円 2億2729万円 1億5487万円
2013年 3億6244万円 2億2939万円 1億3306万円
2014年 3億8137万円 2億3185万円 1億4951万円
2015年 3億9931万円 2億3631万円 1億6300万円
2016年 4億0566万円 2億3897万円 1億6668万円
2017年 4億0528万円 2億4046万円 1億6482万円
2018年 3億8014万円 2億4320万円 1億3694万円
2019年 3億7485万円 2億4610万円 1億2875万円
2020年 3億6296万円 2億4481万円 1億1815万円
2021年 3億7080万円 2億3421万円 1億3660万円

 

日本郵船に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
3億7,080万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2021年時点で1臆3,660万円。
おおよそ日本の平均の1.58倍、業界の平均値の1.04倍となっています。

日本では上場企業とひとくくりにされますが、このように入社する企業で人生において1億円以上もの収入差が出てしまうのです。

 

 

 (3) 日本郵船の平均年収を業界と比較

 

日本郵船の平均年収を業界と比較

 

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
商船三井 1,026万円 3億9837万円
共栄タンカー 993万円 3億8573万円
日本郵船 955万円 3億7080万円
東京汽船 922万円 3億5795万円
川崎汽船 907万円 3億5205万円
飯野海運 901万円 3億4979万円
乾汽船 898万円 3億4847万円
NSユナイテッド海運 872万円 3億3869万円
川崎近海汽船 764万円 2億9665万円
明治海運 681万円 2億6457万円
上場平均 603万円 2億3421万円

 

今回は、海運業10社(商船三井、共栄タンカー、日本郵船、東京汽船、川崎汽船、飯野海運、乾汽船、NSユナイテッド海運、川崎近海汽船、明治海運)の平均と、日本郵船の年収推移を比較しました。

結論、日本郵船は業界平均の1.04倍、上場企業の平均年収と比べると1.58倍の収入を得る事ができています。

 

 

 (4) 日本郵船の年収カースト

 

 日本郵船の年収カースト

 

日本郵船の年収は955万円なので、カーストは上流階級の“脱 中流層”です。

東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収900万円台の企業は42社で全体の2.28%でした。

上場企業の平均年収は603万円で”一人暮らし貴族”のランク。ここが全体で一番多い割合となっています。

 

 

2.日本郵船の給与制度/年収推移

 

日本郵船の給与制度/年収推移

 

2021年の日本郵船の年収の平均は、955万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は連結で35,057人、単独では1,217人、平均年齢39.9歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定850~1,200万円程度と予測されます。

 

 

 (1) 日本郵船の勤務状況の推移

 

日本郵船の勤務状況の推移

 

  平均年齢 平均勤続年数
2010年 37.9歳 14.0年
2011年 38.0歳 14.1年
2012年 38.3歳 14.3年
2013年 38.3歳 14.4年
2014年 39.9歳 14.1年
2015年 40.0歳 14.2年
2016年 39.8歳 13.9年
2017年 38.9歳 13.6年
2018年 39.0歳 13.8年
2019年 39.6歳 14.3年
2020年 39.6歳 14.1年
2021年 39.9歳 14.1年

 

ここ12年間日本郵船の平均年齢は約38~40歳、平均勤続年数は13~14年の間で推移しています。平均年齢、平均勤続年数とも12年間で大きな増減をしておらず、一定といえます。

これは定年退職以外の退職が少ない企業の特徴です。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。

日本郵船もそれに近い数値であり、安定して働ける企業といえます。

 

 

 (2) 日本郵船の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

日本郵船の年齢別の年収推移

 

年齢 日本郵船の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 503万円 406万円
30歳 683万円 509万円
35歳 862万円 572万円
40歳 1,042万円 621万円
45歳 1,132万円 647万円
50歳 1,222万円 739万円
55歳 1,312万円 808万円
60歳 1,184万円 730万円

 

日本郵船の給与制度は、初任給が214,800円となっており、初年度は300~340万円ですが
40代前半に年収1000万円を超え、最大年収を迎える50代の年収は1,200~1,380万円になります。

日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳     +97万円
30歳   +174万円
35歳   +290万円
40歳   +421万円
45歳   +485万円
50歳   +483万円
55歳   +504万円
60歳   +454万円

となり、上場企業の平均よりもかなり高い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

 

 (3) 日本郵船の役職別の年収推移

 

役職

年齢

推定年収

役職なし

23歳〜27歳

300万円~770万円

主任

28歳〜

800万円〜950万円

係長

32歳〜

1,000万円〜1,160万円

課長

37歳〜

1,200万円〜1,450万円

部長

45歳〜

1,400万円〜1,750万円

 

近年実力主義へと人事制度の改定を進めていますが、未だ年功序列の傾向が残っているようです。原則として入社4年目・7年目・11年目のタイミングで昇給があります。管理職になるまでは年功序列の影響を強く受けるため、30代半ばまではほぼ横並びで給与に差がつきにくいようです。

また、年収に占めるボーナスの割合がとても大きいため、年収は会社の業績に影響されやすいようです。

(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 (4) 日本郵船の口コミ情報

 

20代男性

20代男性
20代男性

評価制度: 仕事をしようがしまいが、結果を残そうが残すまいが、評価に差は無い。真面目に仕事をする方が馬鹿を見る感じ。

月給 残業 賞与 年収
30万円 15万円 150万円 700万円

 

30代男性

30代男性
30代男性

給与制度: 人事評価は基本横並びで、差がつかない。

評価制度: ほとんど差がつかない評価システム。

月給 残業 賞与 年収
50万円 15万円 250万円 1,050万円

 

30代男性

30代男性2
30代男性2

給与制度: 従来は30代中盤までは給与面の待遇ではほとんど差がつかない。そもそもボーナス自体が、全社員一律でそれぞれの基本給×〇カ月で、個人の能力による評価はほぼない。ただ、現社長(過去に人事課長経験あり)になってからは人事制度改革が進められており、昇給・ボーナスもこれまでより差がつくと思われる。

月給 残業 賞与 年収
45万円 20万円 220万円 1,000万円

 

20代男性

20代男性2
20代男性2

給与制度: 3年目給与。1-3年目までは基本給が上がらず、その分4年目で大幅jump upする形。早期離職を踏みとどまらせる為の策と思料。

評価制度: 現在新評価制度の施行準備中で、今後は多少給与に差がつくとの事だがそれでも差は少ない。

月給 残業 賞与 年収
22万円 13万円 120万円 580万円

 

20代男性

20代男性
20代男性

給与制度: 1〜3年目は、基本給で400万、残業代含めると500〜550万にいく。4年目から700万前後となり、最短で7年目に課長代理となる。この頃には残業多いと1000万に到達するイメージ。

評価制度: 若手のうちは差がつかない。

月給 残業 賞与 年収
23万円 5万円 120万円 500万円

(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 (5) 日本郵船の福利厚生/待遇

 

 日本郵船の福利厚生/待遇

 


日本郵船の福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際に日本郵船での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

 

2021年 新卒採用の募集要項

手当

交通費全額支給ほか

休日・休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、メーデー、創業記念日、年末年始、夏季冬季休暇(7日)、有給休暇、その他特別休暇・休業制度(産休・育休・看護休暇・介護休暇など)

保険

各種社会保険完備

福利厚生・諸制度

共済年金、財形制度、社員持株制度など
独身寮・社宅、総合運動場(グラウンド・プール・テニスコート)、保養所(箱根・軽井沢・那須)、社員クラブ、郵船チャイルドケア丸の内保育室など

 

 

 

20代男性

20代男性
20代男性

福利厚生: 福利厚生は充実しているが、最近は経由削減のためか、寮や保養所などを手放すことが多かったように思える。

オフィス環境: 典型的な大企業という感じ、会議が好きな人が多いので埋まっていることが多く、会議室の予約が取り辛い。

 

30代男性

30代男性2
30代男性2

オフィス環境: 本社は丸の内にあり立地はよい。本社には社員食堂があり、格安でランチを食べることができる。

 

30代男性

30代男性
30代男性

福利厚生: 社員持株会社、財形貯蓄などあり。 保養所などは充実してる方ではないか。 社宅はあったが、今後の見通しは不透明。

オフィス環境: 本社は丸の内一等地にあるので便利。 オフィス環境も文句なし。社員食堂、カフェテリアも充実。17時以降は酒類も飲めるバーになる。

 

40代男性

40代男性
40代男性

福利厚生: 財形貯蓄、持株会社、寮など、申し分ない。最近は流石に保養所が絞られて来て、ベネフィットワンの導入がされた。

オフィス環境: 会社内に託児所、診療所、カフェ、社食があり、申し分ない。オフィスも綺麗で、いつも清潔。駅から地下で繋がっているので雨に濡れない。立地は良い。

(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

3.日本郵船に新卒/転職で入社するには

 

 

 

 

 

 

4.日本郵船の過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
maneger

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収900万円台, 年収調査
-, ,