年収900万円台 年収調査

川崎汽船の年収は?新卒/転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

川崎汽船の年収は?新卒・転職に役立つ平均年収・給与制度、生涯賃金を徹底分析

 

海運大手3社(日本郵船・商船三井・川崎汽船)の一角で、“K”LINEブランドがあります。

第一次世界大戦後の1919年、川崎造船所(現川崎重工業)によるストックボート(貨物船)11隻の現物出資で設立されました。傘下に東証2部上場の川崎近海汽船を擁するほか、倉庫や陸送も展開しています。コンテナ船は2018年に日本郵船、商船三井と事業統合しました。ばら積み船や自動車船、LNG船など幅広く手がけています。安定収益化に向け洋上風力発電にも注力しています。

今回は海運業の中でも「川崎汽船」の収入という観点に迫ります。

有価証券報告書に記載されている平均年収・平均年齢から、当メディア独自の算出により生涯賃金も割り出しています。
新卒採用の難易度、転職採用の難易度、そして学歴フィルター情報も参考にしてください。

 

1.川崎汽船の平均年収は907万円

 

川崎汽船の平均年収は907万円

 

2021年の川崎汽船の年収の平均は、907万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は陸員565名、海員204名の合計769名、平均年齢38.9歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定800~1,200万円程度と予測されます。

 

 

 (1) 川崎汽船の平均年収 推移(2010年から)

 

 川崎汽船の平均年収 推移(2010年から)

 

平均年収 川崎汽船 業界平均 上場企業平均
2010年 886万円 902万円  
2011年 799万円 862万円 563万円
2012年 912万円 895万円 570万円
2013年 800万円 856万円 571万円
2014年 871万円 865万円 577万円
2015年 878万円 903万円 588万円
2016年 920万円 923万円 594万円
2017年 857万円 912万円 598万円
2018年 772万円 888万円 605万円
2019年 832万円 900万円 612万円
2020年 789万円 910万円 614万円
2021年 907万円 915万円 603万円

 

今回は、海運業の川崎汽船の年収推移をグラフ化しました。
計測は2010年から2021年まで。

川崎汽船では2021年の平均年収は2010年に比べて21万円の上昇(102%)となっています。
海運業の平均年収は12年間で13万円の上昇(101%)、また上場企業の平均年収は11年間で40万円の上昇(107%)となっています。

 

日本は海に囲まれた島国で、輸出入の99%以上(重量ベース)を海運が担っています。海運企業は近年、厳しい業績が続いていましたが、新型コロナの影響で巣ごもり需要により注文が増え、荷物の量は急増しました。また、感染者が増えたことによって港湾の作業員が不足し、港湾が混雑しコンテナ不足、スペース不足に陥りました。その結果海上運賃が高騰し、業界全体としては順調に業績を伸ばしつつあります。

 

 

 (2) 川崎汽船の生涯賃金 推移(2010年から)

 

 川崎汽船の生涯賃金 推移(2010年から)

 

生涯賃金 川崎汽船 上場企業の平均 上場平均との差額
2010年 3億4403万円 -  
2011年 3億1039万円 2億2450万円 8589万円
2012年 3億5422万円 2億2729万円 1億2693万円
2013年 3億1292万円 2億2939万円 8353万円
2014年 3億4067万円 2億3185万円 1億0882万円
2015年 3億4334万円 2億3631万円 1億0703万円
2016年 3億6003万円 2億3897万円 1億2106万円
2017年 3億3536万円 2億4046万円 9490万円
2018年 3億0209万円 2億4320万円 5889万円
2019年 3億2542万円 2億4610万円 7932万円
2020年 3億0619万円 2億4481万円 6138万円
2021年 3億5205万円 2億3421万円 1億1785万円

 

川崎汽船に新卒入社をしてから60歳まで勤務をした場合
3億5,205万円の収入を得る事ができます。

日本の上場企業の生涯賃金との差額は、2021年時点で1臆1,785万円。
おおよそ日本の平均の1.50倍、業界の平均値の0.99倍となっています。

日本では上場企業とひとくくりにされますが、このように入社する企業で人生において1億円以上もの収入差が出てしまうのです。

 

 

 (3) 川崎汽船の平均年収を業界と比較

 

 川崎汽船の平均年収を業界と比較

 

業界プレイヤー 平均年収 生涯賃金
商船三井 1,026万円 3億9837万円
共栄タンカー 993万円 3億8573万円
日本郵船 955万円 3億7080万円
東京汽船 922万円 3億5795万円
川崎汽船 907万円 3億5205万円
飯野海運 901万円 3億4979万円
乾汽船 898万円 3億4847万円
NSユナイテッド海運 872万円 3億3869万円
川崎近海汽船 764万円 2億9665万円
明治海運 681万円 2億6457万円
上場平均 603万円 2億3421万円

 

今回は、海運業10社(商船三井、共栄タンカー、日本郵船、東京汽船、川崎汽船、飯野海運、乾汽船、NSユナイテッド海運、川崎近海汽船、明治海運)の平均と、川崎汽船の年収推移を比較しました。

結論、川崎汽船は業界平均の0.99倍、上場企業の平均年収と比べると1.50倍の収入を得る事ができています。

 

 

 (4) 川崎汽船の年収カースト

 

 川崎汽船の年収カースト

 

川崎汽船の年収は907万円なので、カーストは上流階級の“脱 中流層”です。

東京商工リサーチが日本の上場企業1841社を調査した所、平均年収900万円台の企業は42社で全体の2.28%でした。

上場企業の平均年収は603万円で”一人暮らし貴族”のランク。ここが全体で一番多い割合となっています。

 

 

2.川崎汽船の給与制度/年収推移

 

川崎汽船の給与制度/年収推移

 

2021年の川崎汽船の年収の平均は、907万円(有価証券報告書調べ)、従業員数は陸員565名、海員204名の合計769名、平均年齢38.9歳です。ただしこれは一般職を含めた平均年収。当メディアの独自調査結果によりますと、総合職のみの平均年収は推定800~1,200万円程度と予測されます。

 

 

 (1) 川崎汽船の勤務状況の推移

 

川崎汽船の勤務状況の推移

 

  平均年齢 平均勤続年数
2010年 39.1歳 15.7年
2011年 37.7歳 13.7年
2012年 37.5歳 13.3年
2013年 37.7歳 13.5年
2014年 37.9歳 13.6年
2015年 38.0歳 13.5年
2016年 38.0歳 13.5年
2017年 37.9歳 13.5年
2018年 38.0歳 13.6年
2019年 38.2歳 13.6年
2020年 38.6歳 14.1年
2021年 38.9歳 14.4年

 

ここ12年間川崎汽船の平均年齢は約38~39歳、平均勤続年数は13~16年の間で推移しています。平均年齢、平均勤続年数とも12年間で大きな増減をしておらず、一定といえます。

これは定年退職以外の退職が少ない企業の特徴です。

これまでの終身雇用型企業の平均年齢が42歳前後 平均勤続年数は18-19年です。

川崎汽船もそれに近い数値であり、安定して働ける企業といえます。

 

 

 (2) 川崎汽船の年齢別の年収推移

平均年収から年齢別の推定年収を算出しました。

川崎汽船の年齢別の年収推移

 

年齢 川崎汽船の推定年収 上場企業の平均年収
25歳 478万円 406万円
30歳 648万円 509万円
35歳 819万円 572万円
40歳 989万円 621万円
45歳 1,075万円 647万円
50歳 1,160万円 739万円
55歳 1,245万円 808万円
60歳 1,124万円 730万円

 

川崎汽船の給与制度は、初任給が214,300円となっており、初年度は300~350万円ですが
40代半ばに年収1000万円を超え、最大年収を迎える50代の年収は1,100~1,330万円になります。

川崎汽船の推定年収を日本の上場企業の平均年収との比較するとその差は

25歳     +72万円
30歳   +139万円
35歳   +247万円
40歳   +368万円
45歳   +428万円
50歳   +421万円
55歳   +437万円
60歳   +394万円

となり、上場企業の平均よりもかなり高い年収となっています。

※一般的には役職定年が55-58歳になります。
55-58歳になると年収が25%ダウンする企業もありますが部長級以上だと、その限りではありません。
また親会社の場合、子会社への“転籍”を促されますが、転籍の場合は年収が30%ダウンします。

当メディアは順調に昇給・昇格した場合の推定値を算出しております。
次は役職ごとの年収をご覧ください。

 

 

 (3) 川崎汽船の役職別の年収推移

 

役職

年齢

推定年収

役職なし

23歳〜27歳

300万円~700万円

主任

28歳〜

740万円〜870万円

係長

32歳〜

900万円〜1,060万円

課長

37歳〜

1,080万円〜1,350万円

部長

45歳〜

1,280万円〜1,680万円

(openworkのデータを参考に編集部作成)

 

近年実力主義へと人事制度の改定を進めていますが、未だ年功序列の傾向が残っているようです。また、評価システムもきちんと整っていないため部署によって基準が異なるというコメントも多く見られました。給与は管理職になると一気にあがるようです。

(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 (4) 川崎汽船の口コミ情報

 

 

20代男性

20代男性
20代男性

給与制度: 数年ごとに昇給がある。 賞与は業績次第。海運は業績に波があるため年によってまちまちで、良い時は良いが悪い時は悪い。ただし全く賞与が無い、ということは無いと思われる。

月給 残業 賞与 年収
23万円 4万円 150万円 480万円

 

20代男性

20代男性2
20代男性2

給与制度: 3年毎の昇級。完全な横並びなので優秀な人もそうでない人も給与は同じ。 最近こそ評価主義にシフトしようとしているようだが、根本の評価制度が確立していないため、全く前に転がっていない印象。

評価制度: 半期ごとに5つの目標をたてて評価するシステムがあるが、目標の難易度や達成水準が部署によって全くと言っていいほど異なる。加えて、人事としても管理職側に適切な教育ができていないので、会社としてフラットな評価システムは持っていないと言える。

月給 残業 賞与 年収
30万円 10万円 100万円 700万円

 

30代女性

30代女性
30代女性

給与制度: 昇給は3年毎が基準。固定残業代40時間分が若手〜中堅くらいまでの社員に適用。賞与はどんなに業績が悪くても3ヶ月はキープされる。ボラティリティの高い業界なので、賞与水準は良いときは良いし悪いときは悪い。

評価制度: 目標管理と行動水準に沿って半期ごと評価される。絶対評価のように見せかけているが、結局は相対評価で部門毎の凸凹のないように調整される。この評点が賞与支給時に上乗せされることになるが、職位が上がらないとそこまで大きな上乗せにはならない。

月給 残業 賞与 年収
41万円 150万円 650万円

 

30代男性

30代男性
30代男性

給与制度: 25歳450-500万円。30歳600-700万ほど。 年功序列のため、マネージャーになるころまでは差がつきにくい。しかし若手の給料はそこまで高くない。良い意味で横ならびの人事であるが、実際には足の引っ張り合いなどもある。 昇給は毎年の昇給があり、管理職になると一気にあがる。最近は業績の不振によりボーナスが低迷しているが、回復すれば元に戻ると思われる。60歳までの雇用は確約されているため、安心して働ける環境であることは間違いない。

月給 残業 賞与 年収
35万円 10万円 160万円 700万円

 

40代男性

40代男性
40代男性

給与制度: 目標管理と評価に基づく給与体系であり、評価次第で昇給のペースに差が出る。賞与は業績に連動するタリフに基づき毎年変動。

評価制度: 評価次第で給与に差はつくが、バリバリの成果主義というよりは業務遂行の過程も考慮し個々の成長を促すことに重きを置いた評価制度。自身が設定した目標の達成度を自己評価し、上司の評価をフィードバックするプロセス。

月給 残業 賞与 年収
1,000万円

(openworkに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

 (5) 川崎汽船の福利厚生/待遇

 

川崎汽船の福利厚生/待遇

 

川崎汽船の福利厚生についてご紹介します。
就職・転職する時に求人票の情報だけでは、意思決定する時に情報が不足します。
実際に川崎汽船での勤務経験のある社員や元社員の方の福利厚生に関する口コミ情報も併せて紹介します。

 

2022年 新卒採用の募集要項

手当

通勤交通費、時間外手当、住宅関連補助など
(海上職には乗船手当、航海日当、その他各種手当あり)

休日・休暇

完全週休2日制(土・日曜日)、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)、メーデー(5月1日)、創立記念日(4月8日)
年次有給休暇(初年度14日、最高20日)、季節休暇(年間7日。通年で取得可能)、その他特別休暇
(海上職は乗船期間:6~8ヶ月 休暇:3~4ヶ月 ※状況により変動)

保険

各種社会保険完備

福利厚生・諸制度

独身寮、社宅制度、保養所(川奈)、ベネフィット・ステーション、クラブ活動、住宅財形制度、貸付金、社員持株会など

 

 

20代男性

20代男性
20代男性

福利厚生: 独身寮、借り上げ社宅制度 ・ベネフィットステーション ・社員持ち株会 ・財形貯蓄 ・退職金 基本的なものはすべてそろっている印象。

オフィス環境: ビルは駅から直結なので通勤は非常に楽。 カフェはあるが火を使った調理はできないらしく、軽食が中心。 飲み物はカフェからスムージーまでかなりのラインナップがそろっている。

 

20代男性

20代男性2
20代男性2

福利厚生: 基本的な福利厚生はすべて揃っている。また若手向けに男子寮や女子寮も用意されており、かなりの安さで住むことが可能。 社員持ち株制度はあるが、株の出し入れが面倒なのであまりやっている人は多くない印象。

オフィス環境: カフェがおしゃれ。

 

30代男性

30代男性
30代男性

福利厚生: 持株会、住宅補助、独身寮がある。とくに独身寮はかなり安いため人気がある。

 

30代男性

30代男性2
30代男性2

福利厚生: 退職金あり。住宅補助は賃貸でも持ち家でもある、結婚して扶養家族がいると補助が大きくなる。寮あり。財形貯蓄あり。社員持ち株会あり、買い付け額の上乗せあり。カフェテリアプランあり。

オフィス環境: 本社は自社ビルではないが、入っているビルは新しく非常にキレイ。地下鉄駅直結。複数駅が最寄り駅となり利便性高い。社内にカフェあり、カフェで打ち合わせをしている人も多い。会議室も各階に多い。

(en Lighthouseに寄せられた社員口コミを参考に編集部作成)

 

 

3.川崎汽船に新卒/転職で入社するには

 

 

 

 

 

 

4.川崎汽船の過去10年間の業績推移、中期経営計画書を見るには

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
maneger

面接官のホンネ 管理人

アラフォーの管理職。12歳と10歳の娘がいます。 新卒・中途採用に10年以上携わり、安定を手にするために私自身も財閥系企業に転職しました。次世代に知識と経験の継承を目的として「リアルな現場の声」をテーマに、“面接官のホンネ”を立ち上げました。わかりやすく、人事/採用の担当としての本音をお届けします。

-年収900万円台, 年収調査
-, ,